日ごろから疲れている社会人のために質のいい睡眠とは何か考えてみる

更新日 2017年04月20日

やたたん さん

1 PV

質のいい睡眠のために比較的ポピュラーなものとしては

・(軽い)運動をする
・ストレスをためない
・早めに布団に入る
・いい布団、枕で寝る
・アルコールを摂りすぎない
・寝る数時間前からカフェインを控える
・辛いものを食べない
・寝る1時間前までお風呂に入る
・寝る前にPCやスマートフォンを見ない
・軽いストレッチ

などがあります。それぞれについて解説していきたいと思います。

寝る前に辛いものを食べてしまうと興奮して眠れません。

辛いですよね。他にもラーメンや中華料理も辛いものが多いです。

やはり枕は低反発のものがおすすめ

しっかりと沈んで、すっぽりと眠れる枕です。

カフェインは睡眠の天敵です。

コーヒー以外にも炭酸飲料や紅茶などにも入っていますのでなるべく飲まないようにしましょう。

日々よく眠れるような対策を、自分でしなくてはなりません。よく眠れるとされるバナナや、レタスの芯を食べたり、カモミール、レモンバームなどのハーブも植えてお茶にしていました。

今年は、青汁を飲むようになったことで、寝つきがだいぶ良くなりました。たまに寝付かれない時もあるものの、寝る少し前に青汁を飲んでおくと、布団に入ってから30分くらいで眠くなってきます。

特に、ケールの青汁は睡眠ホルモンのメラトニンが豊富なので眠りも深くなり、寝覚めがとても快適になります。

寝つきが悪い場合は青汁も良いという話もあります。

人生の1/3は布団の中と誰かが言っていましたね。できる限り品質の良い布団で眠りたいものです。

疲労回復の手助けにサプリを飲むのもおすすめです。
疲労を回復させてリラックスした状態で布団に入ることで質の良い睡眠の効果が得られます。

しじみはとても小さな貝ですが栄養成分がギュッと濃縮されています。中でも注目なのはアミノ酸です。必須アミノ酸を含むアミノ酸が豊富に含まれているので、たくさんの健康効果が期待できます。今回は疲労回復効果についてお話ししていきます。アミノ酸には疲労を回復する効果があるんです。

特に注目したいのは「オルニチン」というアミノ酸です。こちらは必須アミノ酸ではないのですが、体内で合成する量だけでは一日に必要な量が十分まかなえないため、食品からも補うことで体が正常に働くようになります。

オルニチンには、肝臓の働きをサポートする働きがあります。肝臓のエネルギー生産が促進させられることで、疲れが取れやすくなるんです。また、お酒を飲んだ時のアルコール分解もスムーズになるので、毎日お酒を飲むという人にもおすすめです。

しじみのサプリは疲労回復の効果だけではなく、アルコール分解の効果が期待できることもよく言われています。

ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

お風呂には布団に入る1時間以上前に入りましょう。
もちろんシャワーだけでなく、しっかりと湯船につかることにより、リラックス効果、血流が良くなることによる疲労回復の効果も見込めます。

加齢やストレス、日々の疲労から、すぐベッドに入ってぐっすり眠ったはずなのに、時間になってもスッキリ目が覚めない、まだ疲れていてベッドから出られない…等の方は、熟睡できていない可能性があります。

熟睡するためにも体力が必要となるのですが、年齢とともに眠りは浅くなり、夜中に何度も目が醒めたりして質の良い睡眠が取れず、いくら寝ても眠い、という状態に陥ってしまいます。

加齢とともにその傾向は強くなり、高齢者と呼ばれる年齢となると、まだ夜も明けない時間から目が醒めてしまうことが日常となってしまいます。

体力の低下に加え、ストレスや心配事が重なると余計に寝付きも寝起きも悪くなっていきます。

そのため、8時間ベッドの中にいても、ずっと浅い眠りのままで昼間も眠く、だるさが残る、頭がボーッとしてよく働かない、という状態に悩む方はとても多いのですね。

すっぽんサプリは、夜に服用しておくと身体の疲れをすみやかに取り去ります。ビタミンEが血液中の疲労物質、活性酸素を追い払い、DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸は血液をサラサラにするとともに、脳の疲れも取り去ります。

すっぽんのサプリも疲労回復効果は言われています。

ここでは主に寝つきに関しての話でしたが寝起きもいいに越したことはありません。

いかがでしょうか。
眠れない原因としての精神的な不安感てありますよね。
本来は眠れない原因がはっきりしているのなら、それを取り除くのが根本的な解決策であることは間違いありません。

しかしそうできないことも多々ありますよね。

そんな時に少しでも質のいい睡眠のためにこのまとめが役立てば幸いです。

  • 1