業務用食材のメリット・デメリット

業務用食材は、飲食店にはなくてはならない存在でしょう。大量に食材を買うのに役立ち、食品の在庫がないということを防げます。ただし、販売店により価格も鮮度も様々であり、業務用食材の仕入れ先はよく選ぶ必要があります。

FC2USER392529UOK さん

7 PV

業務用食材のメリット

個数や量を多くして売っているのが、業務用食材です。
近くのお店から大量に仕入れる他に、通販でも業務用食材は購入できます。

■手間とコストを削減

業務用食品の多くは、半調理だったり冷凍されていたりするため、調理時間を短縮することが可能です。そのため、料理の提供スピードをより早めることが可能で、お客様の満足度を高めることにつながります。また、喫茶店などで即席の料理を提供する時にも業務用食品が役に立ちます。

■豊富な品揃えの中から選べる

登録制のプロ専用スーパーは個人飲食店の強い味方です。
プロの要求に応えられる豊富な品ぞろえ・低価格を実現しています

品ぞろえが豊富なうえ、直接商品を見て選べる。小売店よりも量や価格競争力に優れている場合が多い。

業務用食材でおすすめの会社

おすすめの業務用食材の販売会社をご紹介します。

全国各地に物流センターを置き、独自の物流ネットワークを構築している久世。品種・産地・収穫法などにもこだわった良質な厳選食材を、国内だけでなく海外からも調達しているグローバルな会社です。

メトロの12,500におよぶ品ぞろえは、食品はもちろん洗剤、調理器具、のぼりにいたるまで、お店が必要とする幅広い品物をカバーしています。ひろい店内をぐるっとひと周りすれば、一般の小売店にはないプロ用の品物の仕入れが完了します。

■業食ドットコム

和食、洋食、中華はもちろん、食器や調理器具といった、飲食業界の皆様に便利な業務用食材を取り揃えております。
また食品に大切な、春夏秋冬といった季節感を感じることができる、業務用食品も豊富に取り揃えております。
レストランはもちろん、ホテルや旅館、ペンション等、全国の厨房の皆様のお手伝いをさせていただいております。

■ミクリード

創業から22年間、飲食店経営未経験の方や老舗まで様々な業態でご利用いただいております。 美味しい厳選された食材で、「選び易く、安心」、スマホで「発注し易い」ので手間も削減出来て便利です。

■プレコフーズ

わたしたちプレコフーズは総合食品卸として、毎日新鮮で安全な、品質に優れた業務用食品・食材をお届けしています。
鶏・豚・牛などの食肉をはじめ、野菜や鮮魚、冷凍食品など、その数は7,000種類以上。
ご注文1,000円より毎日無料で、貴店まで商品をお届けします。

業務用食材のデメリット

コストを削減し、豊富な品の中から選んで買うことのできる業務用食材ですが、デメリットも存在します。

■近くにお店がないこともある

一般のスーパーのように都合良くどの町にも必ずあるとは限りません。
また、この業態では「キャッシュアンドキャリー」、つまり「現金払い・商品持ち帰り」が一般的です。
毎日のように車を運転して遠方まで買い出しに赴くのは負担のかかる作業です。

■お客様の期待を裏切ることもある

  • 1
  • 2