薄毛女子必見!女性の薄毛に良い成分とその効果

薄毛の女性にとって良い成分を紹介します!

FC2USER481072YCC さん

15 PV

女性は男性以上に薄毛になやんでいる

女性は、年齢があがるほど薄毛に悩む人が増え、40代以降は、男性より女性の方が気にしているという結果に!

薄毛のイメージは男性の方がありますが、女性も悩める人はたくさんいます。
40代女性になると、男性以上に悩む方が多いとリクルートの調査で発表されています。

髪の毛に嬉しい成分

ここでは簡単に髪の毛に優しい成分を紹介します。
髪の毛で悩んでいる方は是非ご参考くださいませ~♪

髪の主成分である「ケラチン」というタンパク質を生成するのに必要。9種類の必須アミノ酸を採ることでケラチンが生成されます。

アミノ酸は髪の毛をつくる成分。
身体の中でアミノ酸が足りていないと、
そもそも髪の毛をつくることが難しいですよね。

アミノ酸はタンパク質から作られるので、
牛肉や豚肉を摂取すると良いです。

ビタミンCが髪の成長に効くと言われているのは、ビタミンCの持つ働きが、髪の健やかな成長に必要な働きを高めたり、髪の成長を阻害するものを除去したりするためだとされています。

ビタミンCが直接髪の毛を生やすわけではないですが、
ビタミンCがないと髪の毛をすくすくと成長させることは難しいのです。

言わずもがなですが、ビタミンCはレモンやかんきつ類に多く含まれています。

肌や髪、爪などの細胞の再生をサポートします。“発育のビタミン”とも呼ばれ、成長期の子供には欠かせない栄養素であり、不足すると発達障害を招く恐れがあるといわれるほど大切な栄養素です。

ビタミンB群は、髪の毛や皮膚の細胞を再生し、
肌のターンオーバーを促してくれるようです。

ビタミンBといっても
B2
B6
B7(ビチオン)
B9(葉酸)

とさまざまですが、どれも髪の毛にとって良いので摂取するようにしましょう。

ビタミンAの中でもレチノイン酸は、遺伝子の発現や調節に関与し、細胞の増殖や分化の制御に重要な役割を果たします。私は美容医療でレチノイン酸を長く取り扱ってきました。皮膚に塗るだけでも効果がありますし、最近は服用薬としても用いています。レチノイン酸は、皮膚や粘膜の代謝を正常化し、皮脂分泌を調えることが分かっています。

ビタミンAは皮脂分泌を整えてくれます。
また、足りていないと疲れにも繋がるので、
積極的にとっておきたい成分です。

ビタミンAは人参に多く含まれています。

髪の毛を含む体の構成成分であり、生理作用の調節も行うミネラルは、基本的に体内で合成ができないため、食べ物からの摂取が鉄則です。

ミネラルを含む食べ物を、意識して食事に取り入れる必要があります。

ミネラルは髪の毛を構成するので、積極的に摂取したい成分です。

ビタミンEには、血管を広げる作用があります。血管を広げることでより多く血液を頭皮に送り、髪の成長に必要な栄養素を届けるサポートを行います

栄養は血液に乗ってやってきます。
血流が悪くなると、栄養が行き届かず髪の毛が育たないので、
血流を良くする成分はとても重要ですね。

ビタミンEはナッツに多く含まれてますね。
かぼちゃやアボカドにも多いです。

ヨウ素は人の代謝に必要な甲状腺ホルモンを作るもとになります。

甲状腺ホルモンは体内のタンパク質合成やエネルギーの代謝を活性化させる命令を伝えるホルモンです。

つまり甲状腺ホルモンが無いと新しい細胞が作られず、健康な髪の毛が育成されることもなくなるのです。

ヨウ素は海藻や魚介類に多く含まれています。
わかめや昆布にも多く含まれているので気になる人は摂取しておきましょう。

おすすめメニュー

海藻サラダはミネラルとヨウ素がたっぷり!
髪の毛に元気がないと感じたら、海藻サラダを食べましょう。

女性にとっての髪の毛は命

  • 1
  • 2