【睡眠】寝すぎNG!「理想の睡眠時間」が遂に解明される!

睡眠時間は長くてもだめ。短くても病気になりやすい。最終的に寿命が伸びる睡眠時間を徹底的に解明します。

更新日 2013年09月19日

mbnking さん

216 PV

睡眠時間は長すぎてもダメだった!

1980年代にアメリカで100万人以上を対象に行われた、睡眠時間と寿命の関係の調査結果によると…。

7.5~8.5時間以上の睡眠時間をとっている人は、6.5~7.5時間睡眠の人よりも死亡率が20%もアップしました。

日本でも、同じような結果が出ています。睡眠時間が7時間より短い人も長い人とも、死亡率が高くなる傾向が示されました。

睡眠時間が短すぎるのもよくない!

イギリスとイタリアの研究者の発表によると、“睡眠不足”と“早死に”に明確な関連性があることを発見したという。

毎日の睡眠時間が6時間未満の人は6~8時間の睡眠をとっている人に比べて12%もの人が若くして亡くなっていることが判明したとのこと。

結局何時間睡眠が一番理想なのか!?

死亡率が最も低かったのは、男女とも睡眠時間が7時間の人たちでした。睡眠時間が7時間より短い人も長い人とも、死亡率が高くなる傾向が示されました。

おすすめまとめ

  • 1