北朝鮮拉致にも加担、精神科で洗脳教育も...日本共産党系の病院がヤバ過ぎる...

北朝鮮拉致にも関与している共産党系の病院が全国にあるらしい、、、現在の委員長である志位和夫氏も入院済みとのこと...

FC2USER459588FVW さん

3409 PV

日本共産党とは?

日本共産党(にほんきょうさんとう、英語: Japanese Communist Party、略称:●●P[25])は、日本の政党[3]。日本政治において最も長く同じ党名を使い、また現存する日本の政党としては最古の歴史を持つ政党である[12]。

出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A

科学的社会主義 (マルクス主義)を党是とする。当面は対米従属と大企業の支配に対する民主主義革命を、将来的には社会主義的変革を目指すとする[16]。

2019年9月現在約28万人の党員を抱え西側諸国で、最大規模の共産党となっている。国会議員数は、衆議院議員12名、参議院議員13名でそれぞれ野党第3党である。また、約2800人の地方議員を抱え、日本共産党が与党の自治体は2018年12月現在62ある[26][27]。

党員になった場合どうなるのか?

先日収録した「日本共産党とは何か?」という討論がアップされています。この討論、馬淵睦夫先生と私以外は全員元共産党員というすごいメンバーでした。

最初は自分自身の公務員時代の経験や見聞したことをお話ししたのですが、後半は一般人代表として色々質問させていただきました。そして、長年の疑問が次々と明らかになりました。

・市役所で係長になった時、赤旗新聞日曜版をとることを共産党議員から強要される。昇進するとこれに赤旗新聞日刊や聖教新聞も加わる。断ると職場が嫌がらせを受ける→これについては、篠原氏から「私、勧誘や集金をやってた側ですから。全部事実です。」とのコメントをくださいました。

・自治労と自治労連が分裂するときに血で血を洗う暴力抗争があった→これも篠原氏、筆坂氏が「事実だ」と肯定。

・「新日本婦人の会」「全国学童保育連絡協議会」などはどう見ても共産党の枝組織だと思うが、それを指摘すると共産党は全力で否定するのはなぜ?→共産党は一つで完結した組織。枝組織があることは死んでも認めない。のだそうです。

・戦後の混乱期に起こった在日朝鮮人による暴力犯罪、所謂「朝鮮進駐軍」と共産党との関係。地元神戸でも「生田警察署襲撃事件」や「長田区役所襲撃事件」がありました→暴力事件を起こした在日朝鮮人のバックには日本共産党がいた。手引きしたのは共産党。戦争などの有事に乗じて暴力で社会秩序を変えるのが党是。篠原氏が明言されました。徳田球一が刑務所から出た時に迎えに行ったのは朝鮮人なのだそうです。

・リンチ殺人は事実→宮本顕治のスパイリンチ殺人は事実。殺したという証拠が日本共産党内に存在する。この目で見たと篠原氏が発言。

本当に勉強になりました。こういうのをぜひ地上波でやってほしいです。と言っても無理でしょうから、皆さん、拡散お願いいたします。

ざっくりいうとほぼ中国と同じやり方、エグイ、とにかく党員にエグイ

日本共産党は、自民党や立憲民主党などと違った、異質な政党です。



日本共産党に入党することは、日本共産党と自分の人生を重ね合わせることを意味します。



毎週、支部会議があり、日本共産党中央委員会の方針や声明を長い時間を掛けて読み合わせをし、「学習」することから会議は始まります。この学習と決意表明、具体的な行動化に会議の多くの時間が割かれます。

党の役員になると、毎月、丸一日の会議があったりします。早朝は、共産党の日刊紙「しんぶん赤旗」を各家に配達、昼休みは宣伝活動、夜は集会、週末はビラ配布や会議で、自分の大半の時間が日本共産党に奪われることになります。



日本共産党に注ぎ込むお金も高額で、党費は実収入の1%ですから、それに党員が購読することを義務付けられている「しんぶん赤旗」の代金、日本民主青年同盟への●●金などを加えると、毎月1万円近くになります(自民党の党費年間5千円と比較すると大きな違いです)。



さらに忘れてならないのは、いったん日本共産党に入党したものの、朝、昼、晩と、のべつくまなく共産党から電話が掛かってきて、党員を増やすようにガンガン指示され、精神を病み、自ら命を絶った人がたくさんいるということです。

出典 https://www.japan-guardians.org/method/

あるいは、共産党に入党したものの、疑問を感じて共産党を辞めようとしたが、行く先々に共産党員が押し掛けて来て、「辞めるな」と脅され、精神を病み、自殺した人がたくさんいるのです。このような人たちの総数は、統計がないのでハッキリとは分かりませんが、1万人近くいるのではと考えられます。この数字は決して誇張ではありません。



例えば、元日本共産党愛知県委員会で働いていた宮地健一さんの研究によると、

「愛知県委員会の約半分のスタッフを抱える名古屋中北地区委員会は、専従の党員が53名いた。そのうち、22名が病気になり、さらにそのうちの12名がノイローゼになった」といいます。

共産党を批判すると洗脳病院行き

精神科を悪用した人権侵害

また、私(安東)を含めて、日本共産党を批判したために共産党により代々木病院の精神科に連れて行かれるなどして精神医療を悪用した人権弾圧を受けた3人の事例も明記される必要があります(3人とは、私と兵本達吉さんと宮地健一さん)。



健康で全く病気でない人間を「共産主義を批判する」などという理由で精神病院に強制収容するのです。

しかも、「政治的偏執狂」などという民主主義国家では到底考えられない病名をでっち上げたのです。



元共産党の国会議員の秘書だった兵本達吉さんは、1990年、信頼のおける友人3人への年賀状に「宮本独裁30年」と書いたそうです。すると、密告により、共産党本部の書記局から呼び出しがあり、「兵本氏は一連の東欧の社会主義の崩壊を目撃して非常にショックを受けたために、年賀状を書いた時は精神が動揺して精神的にも不安定だった」とされ、共産党系病院の総本山である代々木病院の精神科での診察、精神鑑定を強要されたといいます。

私は東京の日本共産党の中野地区委員会の専従だった時に、共産党を批判するなどしたところ、日本共産党の中央委員会の指示により代々木病院の精神科に連れて行かれました。1989年1月31日のことです。



その後、共産党の犯罪を告発しようとする私に対して、共産党は私を自殺や不倫の常習者、変質者にでっち上げ(もちろん私に自殺未遂はなく、不倫とは無縁で、変質者などではありません)、精神科に連行されて当然の人間にでっち上げたのです。



そして、私の出入りする先々、例えば、東京・青山の国連大学や霞ヶ関の国会図書館に共産党系医療団体である全日本民主医療機関連合会の職員と共に押し掛けたのです。

あるいは、東京・新宿にある東京医大病院で私が歯の治療で手術をしている時に、病院内の共産党員らが私をそのまま精神科に入院させろと押し掛けて来たこともあります(詳しくは私の著書『日本共産党に強制収容所』をご覧ください)。



共産党系の病院は、宮本顕治や不破哲三など共産党の指導者にたてついた共産党幹部の収容先となっており、志位和夫委員長も2005年に「風邪の静養」という名のもとに長期間入院させられたといいます。その他にも多くの共産党の幹部が代々木病院に収容されたのです。

この代々木病院もだが日本にはかなりの数の共産党系病院がある

特に北朝鮮拉致事件に関与したとされる病院はやばい...

  • 1