【愛蔵版】○○するだけ!慢性胃炎対策!?

○○するだけ!慢性胃炎を改善!?一度お試しを。

oaliceo さん

6 PV

起き抜けに、コップ一杯分の白湯!

毎日、朝の起き抜けに白湯を飲むことで、

①血行が促進され、基礎代謝、免疫力がUP
②消化力もUPするため、体に毒素が溜まり難くなる
③胃腸管からの吸収率もよくなる

砂糖や辛いものは控える!

精製された砂糖や辛いものは、胃の粘膜を刺激してしまう為に、
①痛みを感じたり、
②胃酸を返って分泌してしまうため、胃酸過多となってしまう

【食べるのを控えた方が良い砂糖】
・精製された砂糖
①白砂糖
②三温糖

【食べても大丈夫な砂糖】
・天然由来の砂糖
①てんさい
②黒砂糖(サトウキビ由来等)

【食べても平気な辛いもの】
・辛くないカレー(理由は、この後下記に記載)

辛くないカレーは、“胃腸も喜ぶ万能の漢方薬”!

何故 ”辛くないカレー” なのか?
その疑問の答えは、

①ターメリックやクローブ等のカレーに使われている”スパイス”には、
 漢方で胃の薬として処方されている物が多い。
②つまり胃腸に良く、”辛くないカレー”なので、胃腸に負担をかけない
③漢方には胃腸を整えれば、体全体の調子が整うという考えがある
 引き始めの風邪程度なら、カレーを摂取し続けることで、撃退出来てしまうかも?

シナモンを摂取すべし!

シナモンには血行促進効果、毛細血管を修復する作用があるといわれているが、
それらが体に働きかけることで、期待できる効果は、

①胃腸の動きがよくなり、消化を促す
②胃の粘膜を保護(シン ナミックアルデヒドという含有成分の働き)

摂取すべき食材!

①シナモン
②ココア
③カルダモン
④生姜
⑤梅干
⑥大根
⑦蜂蜜
※ただし、純粋蜂蜜(蜂蜜100%)でないと、加糖されている為、
 胃の粘膜を刺激し、胃痛を起こす可能性あり。

*代表的なスパイスの効能
http://www.ayurvedalife.jp/spice_of_ayurveda.aspx

万能薬は、辛くないカレーだけじゃない! 貴方が飲むべき飲み物とは!?

ここまで呼んで、お気づきの事だろう。
”スパイス”に纏わる単語が、よく出てきていたことに。

貴方がこれから飲むべき飲み物。
それは”チャイ”である。

【チャイとは?】
・チャイは、インド式に甘く煮出した、スパイス入り紅茶である。
 チャイには、シナモン、カルダモン、生姜、クローブ等含めたスパイスが入っている。
 チャイを飲むことで、ポジティブな影響が胃腸に起こる。

【メリットと期待できる作用】
①胃腸の働きを促進、消化を促す(シナモン、カルダモン、生姜、クローブ)
②胃の粘膜を保護する(シナモン)
③嘔吐、下痢、しゃっくり、吐き気を抑える(クローブ)

新:救世主○○を食べるだけ! その恐るべき効果とは!?

食べるだけで手軽に胃炎対策になる!?
その食品とは、マヌカハニーである。

近年、胃炎や胃潰瘍の原因菌とされているヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)の除菌が、
抗生剤・抗生物質の投与により可能となったが、大部分の大腸菌を殺菌してしまう為、
安易に薬に頼るのは気が引ける・・・。

しかし、天然品であるマヌカハニーならば、副作用もなく安全にピロリ菌対策できる。

イギリスの医療雑誌“Journal of the Royal Society of Medicine”の
1994年の1月号Vol.87では、マヌカハニーのピロリ菌に対する繁殖の抑止や
殺菌に効果的だという研究結果が掲載され、ディスク拡散法を用いた結果、
5%の濃度のマヌカハニーではピロリ菌を殺菌し、2.5%の濃度でも局部的な殺菌を行ったという研究結果が報告されたのだ。

その他、現在日本の医療現場でも、積極的にマヌカハニーを治療に活用している機関がある。
国立病院機関 仙台医療センターや、兵庫県神戸市 中野クリニックである。


【メリットと期待できる作用】
①含有されるメチルグリオキサールの殺菌効果でピロリ菌の対策ができる
②抗酸化作用による胃の粘膜保護
③傷の治りを早め、傷跡を残りにくくさせる
④ストレスを和らげる

【用法】
・空腹時に、1日ティースプーン3~4の摂取が望ましい

○○で胃炎の元と毒素を撃退!

このページをお読みの皆さんは、繰り返す胃炎に辟易している事と思います。
慢性的な胃炎の原因は・・・?

不規則な生活習慣か?消化吸収の不良か?はたまた、ストレス?
ーもしかしたら、本当の原因は、体内で常在菌がバランスを崩し、
悪玉菌が優位に立つことが問題だったのかも・・・?!

しかし悪玉菌優位を解消出来るかもしれない方法が・・・
それは、【乳酸菌】を摂取すること。

【乳酸菌を摂取すべき理由】
①腸内の善玉菌を増やすことで、体内の悪玉菌に対抗
②善玉菌が毒素を体外へ排出するのを助ける
③近年、乳酸菌の胃のヘリコバクター・ピロリ菌に対抗する作用が期待されている



【選ぶときの目安】
・砂糖(白砂糖)が混入していないか、混入していても なるべく少ないもの
・余分な添加物があまり入っていないもの

【砂糖なし、少量の乳酸菌剤】
・新ビオフェルミンS 細粒
・ミヤリサン
・アレルケア(サプリメント)
・カゴメ 植物性乳酸菌ラブレ カプセル

*【医師監修】整腸作用だけじゃない!乳酸菌飲料の効果
http://www.skincare-univ.com/article/007487/

*医者が患者に教えない 病気の真実 (著者:江田 証氏)
https://www.amazon.co.jp/dp/434402429X?tag=amalank8-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=434402429X&adid=11P2KD6V1EDZ20V734Q7&

医師も薦める、○○のオイルを食べるだけ!

胃炎を持つ皆さんが取るべき油、
それは麻の実油である!

現代人は食生活で、多量のオメガ6を摂取している。
オメガ6のアラキドン酸は、ロイコトリエンという炎症反応を引き起こす局所ホルモンを作り、「かゆみ」等の炎症を起こす。
麻の実油に含まれるオメガ3には、抗炎症作用と細胞の修復作用が期待できるという!?

 【亜麻仁油のメリット】
①必須脂肪酸オメガ3が摂れる
②豊富な食物繊維で善玉菌を増殖させ、腸内環境を改善する
③オメガ3の細胞に働きかける効果で、傷ついた胃の粘膜に修復作用を及ぼす
④免疫機能を整える
⑤自律神経を整える
⑦アレルギー反応や、生体調整機能に働きかける

【デメリット】
・熱に弱いため、加熱処理に向かない

【選ぶ上での目安】
・有機麻の実油が好ましい

【用法】
・加熱せず、直前に飲食するのがお勧めお気に入り詳細を見る 修正|削除
胃炎でアレルギー体質ならば、○○も

胃炎でアレルギー体質ならば、○○も!

アレルギー体質で胃炎を持つ皆さんが取るべき油、
それは亜麻仁油である!

現代人は食生活で、多量のオメガ6を摂取している。
オメガ6のアラキドン酸は、ロイコトリエンという炎症反応を引き起こす局所ホルモンを作り、「かゆみ」等の炎症を起こす。
亜麻仁油に含まれるオメガ3には、抗炎症作用と細胞の修復作用が期待でき、
アレルギー体質の胃炎者の救世主となるかもしれない!?

 【亜麻仁油のメリット】
①必須脂肪酸オメガ3が摂れる
②豊富な食物繊維で善玉菌を増殖させ、腸内環境を改善する
③オメガ3の細胞に働きかける効果で、傷ついた胃の粘膜に修復作用を及ぼす
④免疫機能を整える
⑤自律神経を整える
⑦アレルギー反応や、生体調整機能に働きかける

【デメリット】
・熱に弱いため、加熱処理に向かない

【選ぶ上での目安】
・有機亜麻仁油が好ましい

【用法】
・お好みでパンやサラダにかけて加熱せず飲食するのがお勧め

  • 1
  • 2