労働管理システムを導入して労働環境の改善の足掛かりに

労働管理システムとは、社員の出勤・退勤や残業時間などの勤怠状況をシステム上で管理できるサービスのことです。

1日の労働時間や休日の主置く状況を把握することで、労働環境を改善していく故尾賀でいます。
今回は、労働環境システムを選ぶポイントやシステムを提供するおすすめの会社を紹介します。

FC2USER252908CHJ さん

2 PV

コスト重視なら無料ソフト

労働管理システムが必要になってきた理由

労働管理システムが必要になった理由は次の通り。

労働基準法に対応するため

労務管理システムは、だんだんと厳しくなっていく労働基準法などに対応していくためにも重要なツールになります。

従業員の職場環境の改善

「ブラック企業」という言葉が一般化しているとおり、従業員への抑圧が強かったり、割増賃金を支払わなかったりする企業が存在しているのはご存じのとおりです。人事労務管理を適切に行うことで、給与計算も正確になります。

人員配置の調整も戦略的に行えます。何よりそういった試みをしていることが、コンプライアンス上の高評価へもつながります。求職者にも、従業員へもアピールポイントとなるのです。

過重労働の防止

労働時間管理の重要性が年々高まっています。
その背景には、多くの労働者が職業生活において強いストレスを感じていることや、過重労働による精神障害の労災認定件数が増加していることなどがあり、厚生労働省は長時間労働防止措置の強化に乗り出しています。

優秀な人材の確保

企業にとって、企業の成長に貢献する人材を確保することはとても重要です。
労務管理がしっかりと行われている企業は優秀な人材を呼び込みやすく、また優秀な人材が他社に行ってしまうのを避けることができます。

こうした背景から労働管理システムの需要が高まっています。

労働管理システムを選ぶときに抑えたいポイント

最適な労働管理システムを導入する上で押さえておきたいポイントはこちら。

システムの使いやすさ

システムの利用に慣れた人事担当者から見て利用可能なサービスであっても、現場の従業員にとっては使いにくいサービスである可能性もあります。勤務スケジュールの自動作成や帳票の出力に関しても、「機能として有しているか」と、「現場の管理担当者が利用しやすい機能であるか」は別問題です。システム選定の際には、実際に利用する人の声を聞くなどして、誰もが使いやすいサービスであるかどうかも確かめるようにしましょう。

システムの利用料金

システムの利用料金についても検討が必要です。ユーザーあたりの月額費用や、初期導入費などが発生します。 システムの導入により期待できるコスト削減効果も踏まえた上で、予算を検討しましょう。

外部デバイスとの連携

外部デバイス、たとえばスマートフォンとの連動機能があるかどうかも検討項目です。営業職など社外での勤務時間が長い職種の場合、勤怠管理が社内のイントラ経由でしかできないというのは手間がかかります。そのため外出先からスマホで申請ができれば便利ですし、上長もタイムリーに部下の動きを把握できます。

通知機能の有無

ここからはやや枝葉の項目になりますが、通知機能(メール配信)があるかどうかも検討項目です。申請承認フローのリマインドメールや、チーム内での勤務状況共有、全社従業員の勤務状態の定期報告などの通知機能があるとより安心して業務に当たることができるかもしれません。

有料・無料ソフトの違い

  • 1
  • 2