【推奨】健康・美容に効果的なフルーツまとめ

さまざまなフルーツを紹介し、健康や美容効果をまとめています。

FC2USER059567NLL さん

3 PV

コレステロールを下げる
腸の調子を整える
筋肉の引きつりを軽減する
エネルギーの吸収が速いため、子供やスポーツ選手、または疲れ、慢性疲労、繊維筋痛症といった症状に効果的
神経系の調子を整え、不安症やイライラといった症状に効果的
貧血を改善する
高血圧を改善する
心臓発作の確立を下げる
アルカリ性の成分を含むため、自然の抗酸化物質として働く
気分が悪い、朝吐き気がするといった症状に効果的
吹き出物に効く
月経痛を和らげる

手軽に食べられて、腹持ちが良いバナナ。朝食やおやつとしておすすめです。

リンゴを食べることで得られる効果と言えば以下のものが挙げられます。

・中性脂肪を減らす
・抗酸化作用が強い(アンチエイジング)
・便秘解消

1日1個りんごを食べる医者いらずという言葉があるぐらい、さまざまなメリットがあります。

柑橘類の中でトップクラスにビタミンCが豊富。抗酸化作用にも優れ、老化の原因となる活性酵素の除去や、シミの原因となるメラニン色素の沈着を防ぐといった効果があります。

そのまま食べるのは酸っぱいので、工夫して食べるようにしましょう。

強力な抗酸化作用:オレンジにはビタミンC、フラボノイド、ベータカロチンが豊富に含まれており、それらの成分が強力な抗酸化成分として働くことで、デトックス効果や、循環器疾患・変性疾患・がんなどを予防する効果があります。
ビタミンCの供給源:ビタミンCは、コラーゲン・骨・歯・赤血球などの形成を助ける重要な役割を果たしています。また、鉄分の吸収を良くする効果や、感染症から体を守る効果もあります。
ストレスや不安を和らげる:オレンジに含まれるクエン酸や豊富なビタミンは、ストレスや不安に対処するのに役立ちます。
デトックス効果:オレンジには、さまざまな器官に溜まった毒素や老廃物を除去する効果があります。またオレンジには殺菌作用もあり、健康改善に役立ちます。

オレンジを果肉を肌につけるとシワ予防にもなるようです。

マンゴーは、東南アジア原産のウルシ科マンゴー属の常緑高木の果実で、
チェリモヤやマンゴスチンと一緒に世界三大美果といわれる果物です。

マンゴーに豊富に含まれているビタミンC(一個で一日の所要量の半分近くが摂取できる)は、
水や加熱にも強く、
壊血病や傷口の癒合などに強い効果があり、
ガン誘発物質の亜硝酸アミンの形成を抑制し、胃ガンや食道ガンの発病率を下げる効き目があります。

また、ビタミンCは遊離基(ガンを引き起こすもとになる人体内の弊害物質)を排除し、免疫力を高めます。

「マンゴーって高級品なのでなかなか頻繁に食べるのは難しい」と感じる人は多いのでは?
そんな人にはドライマンゴーがおすすめです。

コンビニにも売っています!

いちごの栄養ってきくと、まず思い浮かべるのはビタミンCという方も多いですよね。ご存知の方も多いと思いますが、いちごには多くのビタミンCが含まれています。

いちごに含まれるビタミンCは、100g中50㎎~100㎎と、あのビタミンCを多く含まれているといわれているレモンよりも多くのビタミンCがふくまれているんですよ。

ビタミンCは、メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを予防してくれるのに役立ちます。また、コラーゲンの生成を促してくれるので、美肌効果が期待できます

美肌効果だけでなく、風邪予防にも効果的です!

以下で個人的に好みのいちごを使ったレシピをご紹介。

グレープフルーツ

グレープフルーツに含まれるビタミンCは、グレープフルーツを丸ごと1個食べるだけで1日の必要摂取量の約8割を満たすと言われるほど豊富に含まれています。ビタミンCはコラーゲンの生成やシミやソバカスを予防し、美白へと導く作用があります。

毎日食べれば1日に必要なビタミンCのほとんどを摂取できます。

出典 YouTube

女性におすすめ!カワイイグレープフルーツの切り方をご紹介します。
※オレンジにも活かせます。

 スイカには、もう一つ、他の野菜や果物にはほとんど含まれない、奇跡の美容成分「シトルリン」が含まれています。「シトルリン」とは、血管を若返らせ、血流を改善する効果があるスーパーアミノ酸。冷え性やむくみの改善に役立ちます。

 また、抗酸化作用や、コラーゲンの分解を抑える効果があるため、肌を保湿したり、紫外線から肌を守る効果も。

 つまり、「シトルリン」は、血色の良い、むくみのないスッキリ美肌へ導いてくれるのです。

夏の風物詩「スイカ」。他のフルーツからはほとんど含まれていない「シトルリン」がたくさん含まれています。

スイカは皮も食べるべし!

  • 1
  • 2