バーベキューにおすすめな材料と調理方法

バーベキューの主役はお肉だけではありません!
バーベキューに使う材料を基本的なものから意外なものまで、そして事前に下ごしらえをしておくことで現地ですぐにバーベキューが楽しめるので下
ごしらえの方法まで紹介していきます。

更新日 2015年12月15日

まとめライター さん

43 PV

とうもろこし

焼きとうもろこし

BBQで焼きとうもろこしを作る時は、蒸して下ごしらえすることが基本です。
電子レンジでチンでもOKです!
茹でるととうもろこしの芯が水を吸ってしまい焼いている時に芯から水分が染み出して来て水っぽくなってしまいます。
蒸したり、電子レンジで下ごしらえをしておくと
焼きムラが出る心配はありません。

焼きなす

1.なすに2~3箇所包丁の先端をぷすぷすと刺して、破裂しないようにする。
2.充分に熱くなった焼き網にのせる。転がって落ちないように注意。皮が多少焦げても良いのでじっくりと焼きながらときどき転がす。
3.箸でそっと押してみて、柔らかければできあがり。

石づき(傘の下の柄の部分)を切り落とす。
傘を下にして焼く。
石づきは串に刺して焼き、タレなどをつけて食べると美味です。
※しいたけなどのきのこ類は基本洗いません。

1ピーマンを洗って、切らずにそのまま網の上に乗せる。
2油(オリーブオイルがおススメ)を刷毛などでピーマンに塗りながら焼く(油を塗ることで、パサパサと乾燥させずに、美味しく焼きあがります。)
3ピーマンが焼けて膨れた後、しぼんでシナっとなったら食べごろ!
※ピーマンが黒くなっても食べるのはもうちょっと待ってください。しぼんでから食べてください。

アスパラガス

アスパラガスの丸焼き

1下半分の部分を ピーラーを使って 表面の皮を剥きます。
2ポリ袋などに塩コショウ オリーブ油と一緒に入れて なじませます。
3 表面にこんがり焼き入りが付けば完成です。

ホイル焼き

ホイルでケースを作り、その中にゴマ油を入れる。
皮をむいたにんにくをそのまま投入!
塩をかけて揚げ焼きすること5分くらい。
ホクホクのにんにくの出来上がりです。

かぼちゃのおしり側を上にして、まな板の上に置きます。
(おしり側のが果肉が柔らかいため)
安定しない場合は、上面を平らにしましょう。
包丁の先を、おしり側の真ん中に入れ、入るところまで、包丁を降ろし、引き抜きます。
切れ目に沿って半分に切ります。
半分に分かれたらくし形に切ります。

焼きそばの材料やホイルにバターと一緒に包んでホイル焼きなどに。
お肉との相性も抜群です!

ししとうがらし

ししとうはそのまま丸焼きにすると破裂する恐れがあるので、串に通して焼けば破裂する心配はありません。

一口大に切ってお肉と一緒に串に刺して焼いたり、半分に切ったパプリカにマヨネーズやチーズなどを入れて焼いてもおいしいですよ

  • 1
  • 2