話題の酵素ドリンクは自宅でも簡単に作れて健康的!

現在大流行している健康ドリンクとしてあるのが「酵素」ドリンクですが、その酵素ドリンクは自宅でも簡単に作ることが出来るのです。自宅で簡単に作れる酵素飲料の作り方をご紹介します。

FC2USER085013EZY さん

146 PV

▼大流行の酵素ドリンク

様々なメーカーより、酵素飲料が発売されています。

酵素たっぷりの果物や野菜と、砂糖を手で混ぜて漬けた酵素シロップが、美容や健康にいいと話題を呼んでいる

最近、酵素ドリンクや酵素スムージーがよく話題になり、ブームになっている

最近、酵素ダイエットというダイエット法が人気を博している

▼酵素ってそもそも何?

酵素について簡単に説明します。

“酵素”とは、生物、植物などに含まれるタンパク質であり、様々な働きを持つものがあります。すなわち、“酵素”とは1つの物質をさすものではなく、たくさんあるものの総称と思ってください。

人間にとっても酵素はとっても大切。食べたものを消化して排泄する過程や、お肌の新陳代謝も酵素が働いているおかげでスムーズに行われているんです

酵素は食べ物の消化を始め、皮膚の新陳代謝、血液の循環など体のあらゆる働きに関わっています。酵素が不足すると、すぐに体調に現れます。やる気が起きない、消化不良、肌の不調なども酵素不足が原因の可能性があります。

▼その素晴らしい酵素を自宅で作ることが出来る

・・・用意するもの・・・

まずは材料を選びましょう。市販の酵素ドリンクは数十種類の材料を使っていることも珍しくはありませんが、手作り酵素ジュースは慣れるまでは単一の素材を利用しましょう。

材料はリンゴなどの果実や、旬の野菜で、無農薬のもの使いましょう。

酵素ジュース作りには精製された白砂糖(上白糖)を使用します。白砂糖の浸透圧で食物中の酵素などが抽出され、発酵の過程で酵素は白砂糖をエサにして増え、ブドウ糖に変えてくれます。

酵素ジュースを作るときは外から発酵状態が分かるように透明な容器を使用します。ガラス、プラスチックどちらでも構いませんが直射日光には当たらないようにしましょう。

・・・作り方・・・

①材料を洗う

汚れを落とす程度に洗います。なるべく浄水器の水で洗いましょう。穀類、豆類を入れる場合は1晩水に浸します。農薬除去の対策として、ステンレスボウルの重層水の中にフルーツを1分ぐらい浸しておきます。(あまり長いとビタミンが溶け出します)時間がたったらよくこすり流しましょう。

②材料を切断する・皮などを剥く(柑橘系のみ)

フルーツは皮のまま使用してください。(柑橘類は苦みがあるので皮をむいてください)
面倒ですが細かく切りましょう。

③砂糖を加えて容器に入れる

使う食材の重さを量ります。その重さの1.11倍の砂糖を用意してください。

材料:砂糖=1:1.1

容器の底に砂糖を敷き、材料を入れて、砂糖→材料→砂糖→材料と交互に入れていきます。

最後は砂糖で蓋をします。

酵素は生きているので、完全に密封しないようにしましょう!

保管場所は、日光が当たらない場所を選び、冷蔵庫には入れないようにしましょう。36度くらいが発酵が進む目安ですので、冬はタオルを巻いたり、暖房のあるあたたかい部屋で保管しましょう。

半日たつと材料から水分が出てきます上下を返し空気に触れるように素手で全体を混ぜます。その際は手をよく洗ってきれいなタオルで拭いてください。

1日2回手で混ぜます。底にたまっている砂糖は2,3日で溶けてきます。夏場は遅くても1週間、冬場で2週間ぐらいですがお好みで調節してください。自分はお酒になるギリギリまで、夏でも2週間近く発酵させる時もあります。

発酵が進むと、材料が浮いて泡が目立ってきます。泡が表面にぶくぶくと見え始め、かき混ぜたときにシュワーっと全体に泡が出るようになると完成です。

材料によって発酵に差があります。1~2週間を目安に様子を見ましょう。

ザルやガーゼ、キッチンペーパーを利用してしっかりと濾します。このときは材料を絞らないようにして、時間をかけて濾すようにしましょう。目が粗いザルなどはカスが入ってしまいますので、気になる方はガーゼなどの目が細かい物を利用しましょう。

  • 1
  • 2