本物の死体を展示していた人体の不思議展 その死体の仕入れ先は中国の....

本物の死体を展示していた人体の不思議展。その仕入れ先は中国共産党に楯突いたあの人たちでした。エグすぎる中国の闇と共産主義の恐怖をご覧ください。

FC2USER459588FVW さん

53461 PV

まずはこちらをご覧ください

ここで問題となった人体の不思議展とは?

このような展示会はグンター・フォン・ハーゲンスが開発し数カ国で特許を取得しているプラスティネーションという技術によって可能になった。従来は死体の実物の標本といえば、ホルマリン液漬けになっているものや剥製のようなものであった。それがプラスティネーション技術をもちいて組織液を合成樹脂に置き換えることにより、臓器を腐らない状態でしかも生々しい外見で長期間展示できるようになったのである。
ハーゲンスはプラスティネーション協会Institute for Plastination(IfP)なる団体を設立、そして1995年より「Body worlds」という名称のプラスティネーションによって加工した死体を見せる展示会を世界各地で行うようになった。ハーゲンスは中国大連市でVon Hagens Dalian Plastination Ltdを設立・所有。同地で死体加工工場を経営し大量の死体標本を制作している。

この展示会は一時期は画期的とみなされ、当初から一部の批判はあったものの概して高く評価する声が多かったが、次第に深刻な人権侵害を引き起こしていると指摘され問題視されるようになり、日本では日本医師会や高久史麿日本医学会会長から死体解剖保存法違反との指摘がされるようになる[1]。フランスでは2009年、裁判所が展示会の中止を命ずる判決を下した。
2012年3月、人体の不思議展公式サイト上で、閉幕と事務局の解散を宣言した[2]。

中国大連で製造 南京大学が関与

日本では1996年から1998年ころまで各地で「人体の不思議展」が開催され、人間の死体を輪切りにスライスにした標本や、他の臓器は取り除き血管網だけを選択的に残した標本、胎児を子宮に入れた状態の妊婦の死体の実物の標本、皮膚を剥がされて筋肉や内臓だけになった死体の実物標本がスポーツをしているポーズをとっているもの、あるいは動物の死体のプラスティネーション標本等々等々、従来一般には見られなかったような死体標本が数々展示され、人々の関心を集め、マスメディアでもさかんに宣伝され、多くの人々が来場した。1996年から1998年の日本の「人体の不思議展」は、ハーゲンスのプラスティネーション協会と日本の主催者とが提携して行われたものであった。
1998年から1999年ころに日本側の主催者とグンター・フォン・ハーゲンスとの間で契約内容で揉めて、プラスティネーション協会と共同での開催はとり止めとなり、展示に使われていた多数の標本もプラスティネーション協会に返却され、人体の不思議展は一旦は終了した。

その後、主催団体の構成が変わり、ハーゲンスのプラスティネーション協会とは別のハーゲンスの団体の手法を模倣した中国人による団体によって中国の地で新たに加工された死体標本を用いて、2002年から「新・人体の不思議展」と銘打って再び開催されるようになり、後に「新」という文字は後に取り除かれ、再び「人体の不思議展」という名称になった。
主催者である「人体の不思議展実行委員会」は「死体の提供は同意を得ている」などと表示するなどしているが、それに関する証拠は提示されていない。また、疑念を抱いた人々やグループから死体標本の献体証明書の開示を求められても拒否するばかりで開示していない。
「人体の不思議展」の人体標本は当初、協力施設として南京大学が表示されており、報道でも南京大学の研究施設から貸与などと報じられていたが、南京大学はこれを否定して抗議を行っている[3]。

死体は中国共産党が弾圧している法輪功の教徒やウイグルなどの占領地区の住民

2018年10月、スイスのローザンヌ市当局は同市で開催されている展覧会で『中国で拷問され処刑された受刑者らの遺体が含まれている可能性がある』として展覧会の中止を発表した。拷問に反対するキリスト教徒行動によると、拷問死した法輪功のメンバーである可能性が高いとされる[11]。

ACATは「同展で出展されている人体標本は、中国国内で非合法化されている気功集団、法輪功(Falun Gong)のメンバーで拷問死した人々のものである可能性が高い」と発表した。


 ベルン当局は展覧会の主催者側に、標本として展示されていた遺体の由来に関する証明書と、標本となった本人または遺族からの同意書を提出するよう要請していた。それらの書類がないまま、当局は今月19日から21日にかけてローザンヌのコンベンションセンターで予定されていた同展の開催を禁止した。

 この展覧会は、人体の組織や臓器の保存を可能にする技術「プラスティネーション」を用いた人体標本を使用している。(c)AFP

法輪功迫害情報を伝える明慧ネットによると、大連市は法輪功弾圧が厳しく、連行された学習者が多い市の一つに挙げている。2012年、情報筋が大紀元にリークした内容によると、当時の大連市には死体加工工場が2つ存在した。当時の市長・薄熙来(政治犯で死刑確定)と妻の谷開来(殺人罪で服役中)は公安、裁判所、刑務所と連携して、収監中の法輪功学習者の人体を死体加工工場に大量に売っていたという。

16日の記者会見には在豪ウィグル人協会、臓器の強制摘出に反対する医師団(DAFOH)オーストラリア支部、中国での臓器移植乱用停止国際ネットワーク(ETAC)、人体標本展示会に反対する豪州人権団体などの関係者が出席した。


国連人種差別撤廃委員会は8月末、中国当局が新疆ウイグル自治地区のウイグル人住民約100万人を、「再教育」として強制収容所に拘束していると指摘した。出席した在豪ウイグル人協会のMamtimin Ala会長は、収容所内で一部のウィグル人が当局から迫害を受け死亡したとの情報があると述べた。「親族らの話では、遺体に臓器を抜き取られた痕があった」という。


Ala会長は、人体標本にはウイグル人がいるのではと推測し、調査するとの豪州警察の動きを支持した。

日本で最初に関わったのはこいつら

プラスティネーション標本が初めて一般公開された国は日本である。1995年創立100周年を迎えた日本解剖学会が、その記念行事として、ハーゲンス作製の標本を借り受けて展示を行った。東京上野の国立科学博物館で「人体の世界」展という名称で開催された。これが、このあと世界に広がったプラ標本の商業展示の先鞭である。

1995年に国立科学博物館において「人体の世界」と題して開催された展示は、日本解剖学会、国立科学博物館、読売新聞社の共催であり、文部省、厚生省、ドイツ大使館、日本学術会議、日本医師会、日本医学会、日本歯科医学会、東京、神奈川、埼玉、千葉の各都県の教育委員会が後援、協賛はエーザイ株式会社、協力はハイデルベルク大学である。

読売新聞が主催に名を連ねているということはCIAもプラスティネーションの技術を広めるのに関与していた可能性が高い。なぜならCIAは読売新聞に資金提供し世論を操作していたからである。

日本側の主催者は?

『死体は見世物か』の著者の末永恵子によれば、「人体の世界」展の成功にともない、その展示がビジネスになると考えるものが少なくとも3人いたという。北村勝美と安宅克洋と山道良生であるという。彼らが主導で「人体の不思議展」の巡回展示は開催されることになった。

北村勝美は、かつてテレビ朝日の契約社員としてバラエディ番組の製作に関わった後独立、プロモーションビデオやテレビ番組の制作会社インプットビジョンを設立。2001年9月に株式会社日本アナトミー研究所を設立。これは、ドイツ製標本から中国製標本へ使用する標本を変更した際に、「人体の不思議展」の運営主体として設立した会社である。「アナトミー研究所」と称しているが、解剖学の研究機関ではない。同社は、2007年3月に閉鎖し、商号を株式会社エム・ディー・ソフトハウスに変更している。

安宅克洋は養老孟司の遠縁にあたる。彼は「人体の世界」展終了後、ハーゲンスのもとを訪れるためドイツへ行き、日本で標本の巡回展示を行う契約を結んだ。「人体の不思議展」主催側の主要メンバーとして渉外・広報を担当し、医学会との重鎮との交渉にも当たった。2008年に死去。


山道良生は、ゴルフ場開発や展覧会の企画運営を手がける株式会社マクローズの代表取締役である。彼は「脳、肺、筋肉など、部位をさらに網羅すれば、必ず人は来ると考えた」と述べている。

くっそ金になる死体ビジネス

旧「人体の不思議展」の動員数は3年6ヶ月間で、約261万8000人だった。この展覧会では養老孟司をはじめ知名度や肩書きのある共催者・後援者を多数募り、その「信用」から公共施設を会場として借用する際に、絶大な効果を発揮した。

後援には、「人体の世界」展の後援団体の日本医師会、日本医学会など一部が継続して参加し、さらに日本赤十字社や日本看護協会や地方の医師会、歯科医師会、自治体、教育委員会、大学も名を連ねた。

ところが、1998年ハーゲンスが安宅克洋を訴えるトラブルが発生する。その原因は、興行収入からハーゲンスに配分される金額をめぐるものだった。これが原因で1999年2月、「人体の不思議展」大阪展終了と同時に標本はすべてハーゲンスの下に返却されている。

ハーゲンスとのトラブルで標本が去っても、起業家たちは「人体の不思議展」が金になるので開催をあきらめなかった。そのため、彼らがハーゲンスの標本の代わりにしたのが中国製の標本である。

ブログもやっているのでよければこちらもチェックしてください。よろしくお願いします

  • 1