【巧の技】ジャカルタ地下鉄にJAPANパワー!『安倍総理』橋渡し外交の成果

世界有数ともいわれる慢性的な交通渋滞に苦しむ【インドネシア:ジャカルタ】の救世主となる地下鉄が3月に開通した。この鉄道が日本の官民の力を集結した産物であることをご存じだろうか。中国が受注したインドネシア高速鉄道事業は稚拙な建設計画により頓挫しかけているが、ジャカルタ地下鉄は、安倍総理の橋渡しが成功し、日本政府、日本企業『JAPANパワー』の助太刀で見事に開業を迎えた。

もんろううぉーく さん

12 PV

『ジャカルタ』は慢性的な交通渋滞に悩まされている

隙間なくびっしりと並ぶ、車、車、車、車・・・

~祝!インドネシア【初】地下鉄がジャカルタに開業~

基本設計、建設工事、車両や信号、改札などのシステムに至るまで、全面的に日本の技術が導入されている。

中央ジャカルタと南ジャカルタを結ぶ全長15.7キロの一部区間は地下鉄になっている。

営業運転に先駆けて行われた無料乗車では、1週間で約33万人が乗車し、多くの人がインドネシア初の地下鉄を楽しむ姿が見受けられた。

日本の援助で完成した初の地下鉄。インドネシアの皆さんが喜んでいるのを見ると、やっぱりうれしい

ジャカルタ都市高速鉄道公社のシルビア・ハリム氏によれば、トンネルや高架橋はマグニチュード8または同程度の災害に耐えることができる設計になっており、日本の技術が生かされている。

さらにジャカルタと周辺都市を結ぶ5路線300キロのMRTを、2030年までに建設することを目指しているという。

2015年3月に【ジョコ大統領】と【安倍総理】の会談で話し合われ決まった
ジャカルタ・都市鉄道路線ネットワークにおける『日本の支援』が
こうして実を結んだという嬉しい出来事だ。

伸長の計画もあることから、引き続き、ジャカルタ市民は、
更にJAPANパワーで便利になることを楽しみにしているに違いない。

一方、高速鉄道の計画は中国に任せたことが裏目に・・・

好い結果を期待してやったことが、逆に不都合な結果になる。「強攻策が―◦出る」「妥協したことが―◦出る」

2008年より、日本はインドネシアに対し新幹線の輸出を働きかけていた。2009年には、ジャカルタ - スラバヤ間730kmを時速300kmで結ぶ高速鉄道計画のフィジビリティスタディが行われた。

ジャカルタの地下鉄だけでなく、そもそも日本からの働きかけで、高速鉄道の導入がほぼ確定していたものの、インドネシアの政権が交代したことや、中国の『無節操』で『無計画』なディスカウントが要因で、中国が受注することになった。

ところが・・・

1年たった2017年1月末現在も、
土地価格の高騰や民間工業団地の移転補償問題、不法占拠に対する立ち退き交渉の難航などで土地収用は85%にとどまり、中国側の融資の条件である高速鉄道用地の全区間確保が出来ていないため本格着工が行われず、地元業者による自己資金による整地工事のみが行われている状態とされる

高速鉄道の工事中だろうか。

地盤がゆるい土地が多いため、工事現場でクレーンが横転し、4人が死亡する事故も発生している。

この計画、大丈夫なのか?

土地収用が7~8割、工事の進捗率じたいは1割に満たない。日本の地下鉄同様に大統領選挙前の開業を狙って中国に発注したジョコ氏のもくろみは、大きく外れている。

2019年3月すでに開業にこぎつけた
JAPANパワーの地下鉄に対して
Chinaパワーの高速鉄道は完成が2024年以降になると言われている。

図らずも、日本の技術力の高さや、ODA利用、予算も含めた
計画性の高さが立証される結果となった。

ジョコ大統領も中国には、さぞ失望していることだろう。

インドネシア:ジョコ大統領⇒安倍総理の協力に『感謝』そして今後も頼りにしている

 11月15日(木曜日)午後4時35分(現地時間)から約25分間,安倍晋三内閣総理大臣は,シンガポールにおいて,ASEAN関連首脳会議に出席するため同国を訪問中のジョコ・ウィドド・インドネシア大統領(H.E. Mr. Joko Widodo, President of the Republic of Indonesia)と首脳会談を行った

冒頭,ジョコ大統領より,
『安倍総理に再会できうれしい』

ジャカルタ都市高速鉄道建設に向けたこれまでの協力に感謝する,将来の協力にも期待表明がありました。

安倍総理から,再びお会いできてうれしい,
本年は,両国の国交樹立60周年の重要な年であり,両国関係の強化について有意義な意見交換を行いたい

安倍総理より,パティンバン新港整備及びジャワ島北幹線鉄道高速化の迅速な実施に向けても協力していきたい旨述べたのに対し,
ジョコ大統領より,インフラ整備面での日本との協力について期待の表明がありました。

  • 1
  • 2