【飲んだことある?】色々なコーヒーまとめ

FC2USER059567NLL さん

12 PV

世界で最も高価なコーヒーとして、最近世界的に人気で、最大の産地インドネシアで生産ブームが起きています。

「コピ・ルアク」は、インドネシアの島々に生息するジャコウネコから未消化のまま排泄された珈琲豆を集め、高温焙煎して作られた独特の深い香りが特徴の珈琲です。

世界一高級と言われているコピルアク。

テレビでも取り上げられることが多いので存在を知っているという方はおおいのではないでしょうか。

一杯辺り数千円という価格に、手に伸びることはなさそうなコーヒーですね。

インドネシアには、「ほぼ富裕層しか飲まない」と言われるユニークなコーヒーがある。コピ・ルアク(インドネシア語で Kopi Luwak)と呼ばれるそれは、なんとジャコウネコの糞から採取される未消化のコーヒー豆のことだ。

ジャコウネコの体内で12時間自然発酵され、さまざまな酵素と独特の香りがしみ込んだ豆からは、言葉では表しがたいまろやかさと深いコクが生まれる。発酵、酵素、コーヒーと聞けば、「なにやら美容にも健康にもよさそう」と日本女性が飛びつきそうである。筆者もジャカルタの喫茶店で普通のコーヒーと飲み比べをしてみたが、味の違いは歴然だった。

ブラックアイボリー

◆象の糞コーヒーができるまで
1:コーヒーチェリーを採取
2:象にコーヒー豆を与える
3:消化
4:選別
5:洗浄
6:乾燥

高級感あふれる包装に包まれたブラックアイボリー。

その飲み口は、象の糞から取れたコーヒーとは思えないほどマイルド。

一度は口にしてみたいコーヒーですね。

たんぽぽコーヒー

たんぽぽコーヒーは、焙煎したたんぽぽの根から作られるもので、別名「たんぽぽ茶」ともいわれます。

一説では、ポーランド発祥の飲み物といわれています。

当時、ポーランドでは、コーヒーは大変高価で貴重なものだったため、一部の人しか飲むことができなかったそうです。

そこで、代用品としてたんぽぽの根をコーヒー豆の代わりに焙煎して作られたのが、このたんぽぽコーヒーといわれています。

その後ヨーロッパ全体に広がり、多くの人に飲まれるようになりました。

焙煎により、コーヒーに似た風味があるために「コーヒー」という名称はついていますが、もちろん原料でコーヒー豆は使われていません。

そのため、コーヒーが苦手、カフェイン摂取を控えたいという方にも愛用されています。

それが、たんぽぽコーヒー。コーヒーと言っても、コーヒー豆からつくられているわけではありません。原料は名前の通り、たんぽぽ。そのためカフェインも含まれていません

豆から作られているわけではありませんが、

一時期話題となっていたタンポポコーヒーもご紹介します。

味はスッキリとしていて、コーヒー特有の苦みが少ないのが特徴的。

カフェインが押さえられているので、夜に眠る前に飲んでも眠りに影響が少ないかもしれませんね。

ジャクーコーヒー

そんな超自然派の農園なので、鳥もやってきます。農園の方々は、ただ気まぐれに飛んできてはコーヒーの実をおいしそうに食べるジャクーバードをこっそり見張っていて、フンをしたら急いで収穫するのが、ジャクーコーヒーなんです。とってもスッキリしていて嫌な酸味がなく、でもフルーティな味でした。

ジャクーコーヒーを発案したのはカモシム・オーガニック農園なのですが“糞からコーヒー豆を採取する”という手法にはヒントがありました。それは「コピ・ルアク」です。コピ・ルアクとは主にインドネシアに生息するジャコウネコの糞から採取したコーヒー豆です。独特の香りとコクのある味わいで人気がありますが、産出量が少なく高値で取引されています。ジャクーコーヒーはこのコピ・ルアクをヒントに作られたものです。

ジャコウネコの糞から取れるコピルアクと同じように

ジャクーと呼ばれる鳥の糞から取れるジャクーコーヒー。

飲み口はフルーティで飲みやすいようです。

 単に希少種というだけではない。ゲイシャ種は味が強く、個性的な香りで、多くのコーヒーマニアを引きつけている。その香りはジャスミンなどの花やパッションフルーツなどの果物にもたとえられる。ゲイシャ種は中米・コスタリカのコーヒー研究所に持ち込まれ、その後パナマやエルサルバドルなど中南米の国に徐々に広まっていった。

ゲイシャの特徴は、花のような香りがとても強く、きれいでエレガントで、その一部は世界で最も高価なコーヒーの1つにもなっていることでしょう。実際、スターバックスでは「パナマ アウロマール ゲイシャ」が250gのコーヒー豆で10,000円で売られるなどしています。

高級なコーヒー豆をピックアップすると

必ずと言っていいほど名の上がるゲイシャ。

味の評価もさることながら、その高値の理由は希少性。

豆自体が病気に弱い種類のため、生産するのが難しく、

採取できる豆の量に限りがあるため、ここまでの高値が付くようになったようです。

今回35gで3杯分のコーヒーを淹れてみました。
液の色も普通のコーヒーと比べて大分薄かったです。

でも、飲んでみると味はしっかり。
コーヒーの苦味は本当にマイルド。
香りからも感じる甘やかな風味が、飲んでもはっきり感じられます。

  • 1
  • 2