まだ間に合う!脇の⿊ずみをとって美肌を手に入れる⽅法まとめ

脇の黒ずみ、もうとれないと思って諦めていませんか?
実は、その黒ずみは取り除くことができるんです!
脇の黒ずみを綺麗に取り除いて、見られても恥ずかしくない美肌を手に入れる方法をご紹介します。

FC2USER061535ZVF さん

78 PV

ビタミンCを取り入れる

美肌・美白といえば効果的な食べ物はビタミンC。
脇の黒ずみも同様です。
ビタミンCには脇の黒ずみの原因である色素沈着の元の炎症を抑える効果があるので積極的に取り入れていきましょう。
ビタミンCの注意点としては、体の中で切らさないことがとても大切ですから、朝・昼・晩と摂取することが非常に重要です。
食事で摂取するのが難しい場合はサプリメンなどで取り入れるようにするのが手軽でオススメです。

ビタミンCが多く含まれている食材

・赤・黄ピーマン、
・ゆず
・パセリ
・ブロッコリー
・キュウイフルーツ
・レモン
・いちごなど

コラーゲンを取り入れる

黒ずみができてしまっているお肌は保湿が足りていない場合がほとんどです。
そんな時にはコラーゲンが大活躍。
コラーゲンを摂取することにより、お肌にハリを与えることができます。

コラーゲンが多く含まれている食材

・手羽先
・鳥軟骨
・牛すじ
・豚白モツ
・フカヒレ
・鮭
・真アジ
・うなぎ
・イカなど

コラーゲンは魚の皮に多く含まれているので、皮も一緒に食べるようにしてみてくださいね。

お肌のゴールデンタイムに睡眠時間をとる

夜10時~深夜2時はお肌のゴールデンタイムと言われています。
古くなって汚くなった角質や皮膚が、このお肌のゴールデンタイムで新しく生まれ変わるのです。

この時間にきちんと睡眠をとらないとターンオーバーがどんどんと遅くなり、黒ずみが蓄積されるだけではく、お肌全体の生まれ変わりを防いでしまうことになってしまいます。
時間に気をつけて睡眠をとることを心がけましょう。

わきの黒ずみの大きな原因は炎症です。
脱毛をすると自己処理の回数が減ることで、今まで傷つけていたお肌への負担を減らすことができます。
すでにできてしまっている黒ずみを消すことはできませんが、脱毛をすることで炎症によるこれからの黒ずみを防ぐことができます。
脱毛と言ってもセルフ脱毛はお肌を傷つけてしまう可能性がありますから、きちんと施術を受けることが大切です。

皮膚科・美容外科で塗り薬を処方してもらう

脇の黒ずみで皮膚科や美容外科を受診するとハイドロキノンとトレチノインという塗り薬を処方してくれる場合がほとんどです。
この2つはそれぞれ美白と角質ケアの効果があります。
処方される薬が同じでも基本的には皮膚科より美容外科の方が値段が高い場合が多いので、下調べしてから受診されることをオススメします。

レーザー治療を受ける

美容外科ではレーザートーニングというレーザー治療を行ってくれます。
1番手っ取り早く確実ですがリスクもあります。
1度では黒ずみを除去できず数回通う場合がほとんどですので、1回契約よりもまとめて契約した方がお得な可能性があります。
リスクをよく理解した上で契約してくださいね。

脇の黒ずみをとってくれる商品を使う

セルフで脇の黒ずみを綺麗にしたい方は、黒ずみ専用のジェルがオススメ。
わきの黒ずみに悩んでいる方はデリケートゾーンや乳首の黒ずみも悩んでいる方が多いので、セルフケアなら全て同時にケアすることが可能です。
黒ずみを綺麗にするには「保湿」がとても大切なので高保湿なものを選びましょう。

脇の黒ずみケアはまだ間に合う!

  • 1
  • 2