サラシア茶って何?ダイエットに有効な新世代のスーパーティー

サラシア茶って何?新しい健康茶として新世代に話題沸騰のサラシア茶の成分やダイエットを始めとする効果効能の理由、良い口コミ、悪い口コミなどをご紹介しちゃいます。

FC2USER221909XYU さん

63 PV

サラシア茶とは?

サラシア茶はインドやスリランカで生育するニシキギ科のツル性のサラシアオブロンガなどの根や幹が主に使われたお茶です。学名はサラシア・レティキュラータといわれ、特にスリランカに生息しているものを神の恵みとういみでコタラヒムブツとよびます。

地上には約120種類以上のサラシアがあるといわれ、天然薬効成分のあるものとして注目されているものには、サラシアレティキュラータやサラシアオブロンガなどがあります。

サラシア茶は、美容効果と健康効果が高いお茶といわれ、インドではアーユルヴェーダ療法で古来から取り入れられてきたお茶です。サラシア茶には肥満改善効果があるといわれ、飲むだけで血糖値を下げる効果があるためダイエット効果が期待されています。アーユルヴェーダの健康茶として5000年も昔から取り入れられてきたサラシア茶にはエピカテキンガレートも含有され、世界保健機構(WHO)にも効能が認定されているお茶なのです。サラシア茶のエピカテキンガレートは強い抗酸化作用をもちアンチエイジング効果もあります。

このお茶を使用したダイエット方法はサラシア茶ダイエットと呼ばれ、今注目を浴びているダイエット方法で、生活習慣病やメタボリックシンドロームなどの予防効果もあるお茶として日本でも注目されてきています。

そのため、サラシア茶にはダイエット効果やアンチエイジング効果、血管のコンディションをよくする効果や、心疾患や脳梗塞などの疾患を予防する効果もあるといわれているお茶です。

サラシア茶の種類(レティキュラータとオブロンガの違い)

サラシアレティキュラータは、インドやスリランカのような亜熱帯地方のジャングルなどに自生するニシキギ科のツル性植物で、つるのような感じで、二股の枝が木にからみついて伸びていきます。そのサラシアの葉は卵形で、4-5月くらいに花が咲きます。樹皮は、若干白っぽい黄色で、成木になるまで7年かかるといわれています。成木になると、根と葉を除いた幹の部分をお茶などの原料として利用できるようになります。


サラシアレティキュラータにはサラシノールとコタラノールという成分が含まれ、これらの成分は体内で糖質を分解するα‐グルコシタールという酵素を阻害する作用があります。これらの成分が作用すると、摂取された糖分が腸の中で多糖類やオリゴ糖からブドウ糖に分解されて血液中に吸収される働きが抑制され、余分な糖分の吸収を防ぐ効果があります。そのため、炭水化物が腸内で吸収されず排出され、血糖値の上昇を抑制することができるのです。この作用は食べたばかりのもののみならず、過去に飲食し、体内に蓄積された脂肪にも作用できるということでダイエット効果があるものとして注目されています。


一方、サラシアオブロンガは、インド原産のニシキギ科のツル性植物で、現地のタミル語で、ポンコランチといわれます。サラシアレティキュラータと異なり、木の幹ではなく木の根が使われることが特徴ですアーユルヴェーダ療法では、サラシアオブロンガも長く用いられてきた歴史があります。広大な土地で広くとれるサラシアオブロンガは土壌の状態によって品質が様々で、生産量が多く、安価で取り引きされているのが特徴です。


サラシアオブロンガは、糖尿病の合併症として知られる三大合併症である神経障害や網膜症、腎症、そして、動脈硬化による心臓病や脳卒中の発症を防ぐ働きもあります。そして、サラシノールの効果により、脂肪吸収の抑制作用によって、体内に蓄積された余分な脂肪の分解促進作用があり、糖尿病抑制やダイエットなどの目的でも使用されています。

サラシア茶の成分

サラシア茶には、サラシノールという糖分解酵素の作用阻害成分が含まれています。また、コタラノールやエピカテキンガレートという成分も含有されています。

サラシノールには必要以上の糖を脂肪として溜めるのを防ぐダイエット効果があります。また、既に体内に蓄えられた脂肪を分解する効果もあります。

さらに、サラシア茶にはコタラノールが含まれています。この成分も糖質分解酵素の働きを阻害する効果があるといわれています。そのため、炭水化物に含まれている糖が小腸で吸収されずに体の外に排出され、糖がたくさん吸収されるのを防げるのです。

そして、サラシア茶の中には抗酸化作用のあるエピカテキンガレートも含まれています。活性酸素という細胞を錆びつかせる物質を、エピカテキンガレートは還元し、いつまでも若々しい状態を維持することができるといわれます。

サラシア茶のメリット

サラシア茶には、余剰エネルギーを体外に放出させる効果があります。このようなサラシア茶の成分のもつ血糖値上昇予防効果は2002年にWHOに認定されました。これは、余分なエネルギーが脂肪として体に蓄えられるのを予防するという効果なのです。特に、日本人は炭水化物を毎日摂取しており、サラシア茶の糖質ブロック効果は日本人にとっても嬉しい効果です。


日本の糖尿病患者は700万人といわれ、糖尿病の予備軍は2000万人ともいわれています。早めの予防対策という意味で、サラシアの糖質ブロック効果による体脂肪消費や脂肪分解作用は、糖分の吸収抑制つながります。そして、蓄積している体脂肪を活動エネルギーとして使います。そのため、サラシア茶には血糖値の上昇をとても穏やかにする効果があるのです。


また、サラシア茶には腸内の善玉菌を増やす働きも期待されています。腸内に善玉菌が増えて整腸効果が生じ、便秘解消につながります。その結果、不要な物質が体の外に出されるというデトックス効果も生まれるのです。


加えて、サラシア茶は、このようなダイエット効果だけでなく、茶に含まれている成分によって美肌効果やアンチエイジング効果などもあるお茶なのです。サラシア茶の中には、活性酸素を除去成分が含まれています。活性酸素は体内の老化現象に関係しているといわれている物質で、代謝時に発生した活性酸素を水素結合によって還元させて水に変え、体外に排出させるという抗酸化作用があります。その結果、抗酸化作用による細胞や血管の損傷が抑えられアンチエイジング効果が期待できるのです。


更に、サラシア茶の中に含まれている成分で若々しい肌を維持する効果も大きく期待されています。


このように、サラシア茶にはダイエット効果だけでなくアンチエイジング効果も期待でき、血管のコンディションをよくするというはたらきがあって、心疾患や脳梗塞などの疾患予防効果もあるといわれています。

サラシア茶の口コミ

コーヒーがばがば飲んでる。これじゃサラシア茶買った意味ないじゃんか。ちなみにサラシア茶はそれなりに効果があった。出る量が明らかに増えたよ。

出典 Twitter

⭐️ダイエット話⭐️ 7〜8年前に流行ったサラシア茶。試した時はすごい効果で、一カ月で4キロくらい落ちた でも高くて続かずまた余裕ができた時に買って試したら効かなくなってた笑

出典 Twitter

サラシア茶はインドやスリランカで生育するニシキギ科のツル性の植物の根や幹が主に使われたお茶です。5000年という古い歴史をもつサラシア茶にはダイエット効果があります。またそれだけでなく、アンチエイジング効果、血管系疾患の予防効果もあるといわれているお茶です。

少しまずいと評判ではありますが、興味がある人はぜひ一度試してみてください!

  • 1