福島瑞穂の新たな財布?!寄生難民ビジネスがエグすぎる

難民ビジネスって知ってますか?社民党の新たな財布

FC2USER459588FVW さん

22 PV

今まで慰安婦ビジネスなど社会的弱者を作り出して政府から金を引き摺り出してきた社民党

そんな福島瑞穂の新たな財布が『寄生難民ビジネス』

しかし、帰国期限が迫った頃や不法滞在化して逮捕されてから難民を偽装して申請し、働きながら滞在してお金を貯めようという偽装難民や、帰国を回避し難民として定着しようという寄生難民がふえることから、入管は現在、上陸後6ヶ月以内の申請者にのみ、「特定活動」の資格を与えています。


ところがこの資格、無制限に申請・異議申し立て・再申請が繰り返し可能な申請制度と連動しているので、申請中であれば滞在資格は何度でも更新可能、半永久的に滞在が認められています。


但し、入国後6ヶ月を超えた申請者にはこの資格が与えられず、入国時の資格のままでの結果待ちとなります。

また資格が切れた不法滞在や、密入国などからの申請は「非正規」申請者として身柄を保護収容しています。

当然これは不法就労防止という側面もありますが、国際化した日本に正規の身分がないまま外界で暮らせば、未認定「難民」に対し危害を加える、敵国や敵勢力側の外国人も多数存在しますし、じっさいそこら辺を歩いていますし、スパイ防止法もない日本などは、ターゲットの暗殺まで目的とする工作員でさえ野放しですから、危ないでしょ?

入管法改正に反対したいしお仲間の指宿弁護士とともに国から金を搾り取りたい福島瑞穂

福島瑞穂とその仲間達は不法滞在者で帰国の意思があったウィシュマさんを担ぎ上げ偽装難民に洗脳。結果彼女は衰弱死

実際寄生難民で仮釈放目的でハンスト(絶食ストライキ)をするのが常態化している

不法滞在などで国外退去処分となった外国人を収容する入国管理施設で、長期収容に抗議して食事を拒むハンガーストライキ(ハンスト)が相次いでいる。一時的に身柄拘束が解かれる「仮放免」狙いとみられているが、死者も出て弁護士会などは人権侵害だと批判する。一方で、6カ月以上の長期収容者約700人のうち約4割が薬物や窃盗事件などで摘発された元刑事被告人であることも関係者への取材で判明。治安上の観点から入管当局は仮放免の運用拡大などには慎重にならざるを得ない面があり、対応に苦慮している。

出入国在留管理庁は出入国管理法に基づき、就労や留学など正当な在留資格を持たず日本国内に不法滞在する外国人の身柄を拘束。国外退去まで一時的に国内17カ所の施設に収容している。

 国外退去となる外国人は年に1万人以上で、その大半は退去に応じるが、本人が拒否し、本国も強制送還に応じない場合は収容が長期化することになる。

難民認定申請中は強制送還できないため、認定の見込みがないのに申請を繰り返すケースもあり、収容者の約半数が申請しているという。日本に家族がいる場合などは、人権上の配慮から「在留特別許可」を出すが、長期収容者が認められるケースは少ない。病気などやむを得ない事情がある場合は、行動範囲の制限などの条件付きで仮放免が認められる。

収容施設では、仮放免狙いとみられるハンストが相次いでいる。平成29年5月に東京入国管理局(東京)で最大47人、30年4月には東日本入国管理センター(茨城県牛久市)で最大128人がハンストを実施。今年も7月に同センターで最大約70人が行い、今も複数施設で数十人規模で行われている。

 大村入国管理センター(長崎県大村市)では6月、ハンストをしていた40代のナイジェリア人男性が死亡。日本弁護士連合会の菊地裕太郎会長は、第三者機関による調査と再発防止策を講じるよう求める声明を発表したが、ハンストをして仮放免された外国人が約2週間で再収容されているとして「再収容の必要性・相当性を厳格に判断し、認められない限り再収容をしないよう強く求める」とも訴えた。

寄生難民のハンスト増加の裏に社民党と福島瑞穂の影が?!

儲かってますなぁ、仮釈放の着手金で15万貰えるんだ。。。弁護士費用ってこんなするんですね。

  • 1