日本各地で台風被害!河川の氾濫はこわい

大雨や強風・暴風雨、台風に竜巻と現在天災による被害が相次いでいます。地震も起きている またまた被害が拡大しています。今後どうしたらよいのか、自分を守ることも考えていく必要があるのでは・・・

FC2USER980796PAH さん

16 PV

2019.10 台風19号

鉄道・空の便など多くの交通網も事前にストップされた。
外出などの制限や各地に避難指示を早く行った。
しかし、人的被害はやはり真逃れることができない部分もあった。

川の氾濫
これはとても恐ろしいことです。
10月14日現在、まだまだ各地で川の氾濫のため水没しているところがたくさんあります。

日本を横断した台風19号
上陸する前から日本各地に被害が及んだ。

台風被害がすごい

日本の気候は夏から秋にかけて台風が通りやすい場所になっている。
台風を警戒するのは毎年同じことですが、年々被害が拡大している。最近は暴風雨に水没、山崩れなど注意することが多くなっている。

九州で被害 2019年8月~9月

8月29日 北九州では大雨により大きな被害を受けた

ボードなどで非難する人たちも多くいた。

8月28日、九州北部を襲った記録的な豪雨。

“数十年に1度の災害”の恐れがあるとして、福岡・佐賀・長崎の3県に大雨特別警報が発令され、気象庁の梶原靖司予報課長は、「直ちに命を守るために最善を尽くす必要のある、警戒レベル5に相当します」と呼びかけた。

計約36万5千世帯計約87万人に避難指示が出た
28日午後0時10分(共同通信社ヘリから)

患者や職員約200人は取り残されたまま。近くの鉄工所から流出した油を含んだ水も流入し、周囲には異臭が漂っていた。

大雨による道路冠水で8月30日まで孤立状態が続いた杵島郡大町町の順天堂病院では2日、調理室が復旧し、約5日ぶりに患者たちに病院食が提供された。現在、消毒作業のため職員以外は施設に立ち入りができない状態だが、病院は患者の家族に面会再開の見通しを連絡している。9日からは外来の診療を受け付ける予定。

病院と、隣接の老人保健施設では、感染予防のため浸水した1階の消毒作業を行っている。関係者は「面会もしばらく遠慮してもらっている。なるべく早く再開したい」と話した。

■断水が続き水が欲しいとの訴えがあった様子。

 避難生活の改善には様々な課題があるが、中でも災害発生直後の避難所設営時に適切な配慮ができるかどうかは、その後の環境の質を大きく左右する。

 地元の医療保健福祉関係者は被災者でもある。それは、避難所の健康を自らの問題として捉えられる専門職が、災害直後から現地にいるということである。BHELPは、この利点を最大限に発揮するための研修だ。DMAT研修をする日本災害医学会が開発した。

 災害時、混乱する被災地が支援をスムーズに受け入れるのは、かなり難しい。BHELPによって、地元がDMATなど外部チームとの共通理解を得ていれば「受援力」も高まる。それは、被災者の命と健康を守り、地域の復旧復興を早めることにつながるだろう。

 昨夏、真備地区で様々な支援活動をしたNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)」が今回の研修会を主催した。コーディネーターを務めた稲葉基高医師(40)は、浸水で孤立した、まび記念病院に最初に救援に入り、患者らの避難に尽力した。真備町での研修開催の思いを聞いた

■工場の油で住民の不安。今後の生活は変わってしまう。

佐賀鉄工所大町工場から約5万リットルとみられる工業用の油が流出し、約1キロ離れた順天堂病院で孤立した患者らの救援活動にも影響した。

重油などガソリンより比重が重たいもの。
何らかの原因で発火していれば、一帯が惨事になった可能性も否定はできない。現在でも、油が付着した家財などが災害ごみの仮置き場に山積みされており、発火の危険性が懸念される。厳重な警戒が必要だ。

晴れて日には地面が虹色に光ることもある。
油が地面に吸い込まれている可能性もある。自衛隊により油の被害を食い止めることもできているが早い打ち切りだったように思われる。

また、住宅への油流入はどのように責任を取ってもらえるのか?
悪臭なども当面のあいだ消えることがないであろう。

自衛隊などが8月30日から除去作業を本格化させるが、難航が予想され、復旧の見通しは立っていない。

約83万平方メートルに広がった。自衛隊や地元消防などは3日までに10万枚近くの吸着マットを使って陸地の油をほぼ回収したが、住宅敷地のほか、田畑にまで入り込み「完全除去は極めて困難」(県幹部)な状態だ。

一帯には水稲が約26ヘクタール、大豆が約15ヘクタールで栽培され収穫は絶望的。県と農協は対策会議を設け、土壌診断や栽培指導に乗り出す。

農作物の被害も徐々に明らかになってきたが収穫まじかのものまで被害が及び農家の人たちの心も沈んでいる。

9月9日 台風15号による被害