女性が薄毛になる原因まとめ

女性が薄毛になる原因をまとめています。

FC2USER481072YCC さん

14 PV

男性との薄毛の違い

男性の薄毛の多くは、男性ホルモンの影響による体質的なものです。毛根部の細胞が男性ホルモンに弱いという、遺伝的要因が大きいと考えられています。

最も多い症状である男性型脱毛症(AGA)は、主に男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)の増加が原因です。このDHTが毛乳頭を萎縮させ、毛細胞の増殖を抑制。結果的に髪の成長をストップさせてしまうのです。

男性の薄毛になる主な原因は男性ホルモンと遺伝による影響が大きいようです。
薄毛が進行していくと、うぶ毛のように髪の毛が細くなって抜けてしまいます。
頭頂部や生え際から徐々に進行していき、どちらもうぶ毛のようになって抜け落ちてしまい、頭皮が露出するのが特徴。

女性が薄毛になる原因

女性の場合は男性ホルモンの影響を受けにくく、原因の多くは生活習慣にあります。

たとえば、

・日常生活のストレス
・パーマや毛染めを繰り返すなど、過度なヘアケア
・ダイエットなどの栄養不良

といった、複合的な要因が引き金になっています。

男性とは違い、女性の薄毛の場合は私生活からの影響が大きいようです。
また、整髪料などでセットした髪をしっかり落とそうとしてゴシゴシ洗いすぎることも、薄毛の原因のひとつ。
頭皮の油分がなくなり、髪の毛が育たなくなってしまうのです。

女性の薄毛の種類

女性の薄毛の特徴

男性ホルモンに起因することの多い男性の薄毛は、抜け落ちてしまうと新しい髪が生えにくくなります。

しかし女性ホルモンの減少によって起こる薄毛も含め、女性の薄毛はメカニズムの違いから男性のようにすっかり抜け落ちてしまうことはありません。

ちなみに更年期以降の薄毛では、エストロゲンという女性ホルモンの減少も考えられます。この女性ホルモンは減少すると、毛穴から出る髪の毛の本数が減ってしまいます。

女性の場合は、だんだん毛が細くなっていき、頭頂部から地肌が肌が透けて見えてきます。
均等に広範囲に広がって分け目が目立っていき、全体的なボリュームが減少。
男性のようにすべて抜け落ちることはなく、徐々に細くなっていくというイメージです。
閉経すると男性ホルモンが女性ホルモンよりも多くなってしまうことはありますが、男性に比べてホルモン量が少ないので、すべての髪が抜け落ちてしまうことはないのです。

・産後の脱毛
産後の抜け毛は、女性ホルモンの変化によって引き起こされると考えられています。
女性ホルモンの多い妊娠時期は、髪が抜けにくくなるといわれており、産後に女性ホルモンが急激に減少することで一気に髪が抜けてしまうようです。

出産後の生活の変化やストレス、ホルモンバランスの変化によっても薄毛になることが多いようです。
抜け毛がひどいようであれば、専門の病院に相談した方がいいでしょう。

薄毛の対策方法

・きちんと髪を洗う
頭皮のかゆみやにおいが気になるからといって、過度な力を加えるなど、何度も繰り返し洗うことは避けましょう。

1日に何度も洗うのはNG。スポーツなどでいつもより汗をかく機会があった場合以外は、1日1回程度を目安にシャンプーを行いましょう。

・紫外線を防ぐ
頭頂部は紫外線が直接当たりやすい部分です。紫外線を浴びると、顔や腕、足同様に日焼けによる影響が肌に出てきます。

日傘をさしたり、帽子をかぶったりして、なるべく日焼け予防をしましょう。
日焼け止めは必須アイテムです。
しかし、頭皮に日焼け止めをつけたら、必ずシャンプーで洗い、頭皮環境を清潔に保つようにしましょう。

・頭皮に負担をかけない髪型にする
ロングヘアやエクステンションなどを付けたヘアスタイルは、毛根に負担がかかる髪型です。
とくに分け目には、髪の重さなどの負荷がかかりやすいとも言われているので、髪をすいたり、短くしてみたりしてなるべく頭皮に負担のかからない髪型を心掛けてみましょう。

三つ編みやポニーテールなど、髪の毛を引っ張らないとできないヘアアレンジは薄毛の原因のひとつ。
ヘアスタイルはいつも同じではなく、日によって分けた方が薄毛予防になるでしょう。
洋服のスタイルによって髪型を変えるようにするといいかもしれません。

・バランスの良い食事を心がける
髪に届けられる栄養は、食べ物からの栄養が基本となるため、栄養バランスが偏らないようにしましょう。

大豆などのタンパク質やビタミン類、カキに含まれる亜鉛やミネラルなどを摂取することをおすすめします。

ストレスが血行不良を招くことで、抜け毛やハゲといった薄毛の原因となることがあるのは事実。

しかし、ストレスが引き起こす抜け毛・ハゲの原因はまだ他にもあります。

一つが、ストレスが自己免疫疾患を引き起こす場合。
また、ストレスが「毛を抜く」という行為につながる場合もあります。

このどちらの場合も脱毛症につながる可能性があるので、注意が必要です。

男性同様、ストレスが原因で薄毛になることもあります。
人間の生活において、ストレスは切っても切り離せないもの。
何か熱中できる趣味を見つけたり、運動をしたりして、ストレス解消に努めましょう。

・女性の薄毛とタバコの関係性
喫煙すると、ニコチンの影響血管が細くなるため、頭皮でも血流が悪くなります。

栄養分をはじめ、水分や酸素などが届きにくくなるため、髪の毛自体が作られにくく育ちにくくなるのはもちろん、頭皮が乾燥しやすくなります。

髪の毛が生育しにくい頭皮環境になるため、薄毛が起こりやすいのですが、女性にとって喫煙の影響はそれだけではありません。

喫煙でニコチンを摂取すると、自律神経にも影響を及ぼすため、体温が下がりやすく、ホルモンバランスも乱れやすくなります。

女性にも男性ホルモンと女性ホルモンの両方が分泌されているため、バランスが崩れて男性ホルモンが優位になってしまうと、抜け毛が進みやすくなります。

タバコは百害あって一利なし!
薄毛だけでなく、その他の病気の原因にもなるので、もし吸っている人は禁煙を考えてみてはいかがでしょうか。
禁煙することで頭皮の環境が改善されて、毛髪が正常に成長するようになる可能性も大いにあります。

・飲酒が女性の薄毛の原因になる理由とは?
飲酒は適量であれば美容にも健康にもいいと言われていますが、過度な飲酒は薄毛の原因になります。
その理由は、アルコールを分解する際に髪を作るために必要な栄養素を消費してしまうからです。

アルコールの摂取だけでなく、アルコールと一緒に含まれる糖分やその他の成分が太る原因となってしまい、太ることで薄毛につながってしまうこともあります。
お酒は適量に飲み、過度な飲酒は避けましょう。

  • 1
  • 2