ミステリーショッパーを依頼するときに知っておきたい比較するポイント

覆面調査(ミステリーショッパー)とは、お客様に扮した調査員により行われる調査のこと。
最近ではサラリーマンや専業主婦のお小遣い稼ぎにも一役を担っています。

今回はミステリーショッパーの仕事内容や業者選びのポイント、業者ごとの実績について解説します。

FC2USER405732CQO さん

6 PV

ミステリーショッパーとは何なのか

そもそもミステリーショッパーとはどのようなお仕事かについて解説します。

覆面調査(ミステリーショッパー)とは、お客様に扮した調査員により行われる調査です。
調査員は、あらかじめ定められた調査項目に沿って、対象店舗を利用し、報告書(レポート)を作成します。

調査対象店舗は、覆面調査(ミステリーショッパー)を行う事で自店の強みや弱みに気づき、より良い店舗運営に役立てる事ができます。

覆面調査の主な用途としては、接客サービス業の現場の状態把握や、顧客満足度を調査する手法として用いられています。

実際にサービスを利用する一消費者としての顧客満足度に加えて、購買意欲や再利用意欲の高まりの度合いや、それらの低下の理由などを知ることができます。

これによって顧客の期待値を明らかにできると同時に、調査によって得られる顧客の生の声がスタッフの働きがいを高める重要な要素となり、顧客満足を大切にする組織風土を生み出し、サービス品質向上の土台となります。
このような接客レベルの可視化を行うことで、オペレーション改善が自然に進み、顧客満足向上のために必要な高度なサービスの定着をますます加速させることができます。

業者を選ぶときのポイント

ミステリーショッパーを募集している業者の選び方についてご紹介します。

企業の信頼性

覆面調査員に調査を依頼して自社内部の実情を明るみにする以上、調査員派遣会社の企業風土、歴史、資本金、上場の有無、従業員数、売上高などを調べ、さまざまな情報から総合的に判断して、信頼に値する企業どうかを事前にチェックしたいです。

どのようなクライアント企業に人材を派遣しているか、どのような成果を残しているのかといった情報と共に、具体的な数字で年間取引数を明示できている企業をパートナーとして検討したいです。

調査員の質が保たれているか

1つ目のポイントは調査員の質です。
調査員に対して定期的に講習を実施していたり、調査ごとに改善点を指導していたりする会社の調査員であれば、高い水準に質が保たれているでしょう。
また、調査員を自社の基準で厳密にランク分けしている会社も調査員の質が適切にコントロールされています。

どんな業界が得意か

ステリーショッパー会社の中には飲食店を得意とする会社もあれば、アパレル業界を得意とする会社もあります。
調査を実施する業界に合わせて、調査会社を選択することをおすすめします。

これまでの調査実績で選びましょう。

ミステリーショッパーの利用料金

ミステリーショッパーを依頼する利用料金の相場を見ていきましょう。

マーケティングリサーチ会社によってWebサイト上の料金表記はバラバラです。1店舗あたりの実査のみ表記する会社もありますが、実際には初期費用+実査+オプションというケースもあります。

調査テーマによってミステリーショッパー(覆面調査)の難易度が変わりますので、総額は見積もりを取るまでわからないのが実態です。

1店舗あたり2万円から5万円前後に落ち着きます。これは、昨今の人件費の向上や人手不足などの情勢などが反映されおり、調査スタッフへの支払報酬は年々高まっているように感じます。

濃密な調査をリーズナブルなプライスで

基本調査設計料      150,000円
ホスピタリティ レポート  80,000円(1店舗あたり 5サンプル)
              60,000円(1店舗あたり 3サンプル)

※報告書+成功事例集 (お客様の喜びの声)作成費込み 交通費・調査員謝礼含む。
※調査実費(飲食代金)は別途請求。

ミステリーショッパー業者の特徴や実績などを紹介

主なミステリーショッパー業者の特徴やこれまでの実績について解説します。

メディアフラッグ

全国約19万人ものクルーが在籍しており、顧客のリピート率は90%を誇ります。
また売上高は69億9000万円に上ります。

レポートチェッカーが、メディアクルーへ直接ヒアリングを行ったあと、レポートの内容を複眼でチェックすることにより、高精度なレポートを迅速にご提供します。
調査レポートは調査後24時間以内に回収し、ひとつのレポートにつき必ず2〜3回の複眼チェックを実施します。
不明点などは、調査員に直接確認をとり追記修正します。

覆面調査員であるメディアクルーには定期的な教育研修を実施し、「客観性」と「主観性」の両方の視点から正確な評価が出来るように指導しています。また、経験やスキルなどに応じて「レベル管理」をし、調査内容に応じて最適なメディアクルーを選定します。また案件毎の教育・研修も徹底して行っています。

  • 1
  • 2