ダイエット茶ってどう違うの?それぞれ比較検証!

お茶を飲むことで痩せられるというダイエット茶。しかし、種類がありすぎて、どれを選んだらいいかわからないという方も多いですよね。ここでは、そんなダイエット茶のそれぞれの違いについてまとめました。

FC2USER158419DEG さん

6 PV

ダイエットティーの種類

「ダイエットティー」と一言で言っても、その種類はさまざまです。

烏龍茶(黒烏龍茶)

ウーロン茶に含まれる烏龍茶ポリフェノールが脂肪の吸収を抑えるので、脂っこい食事との相性が良いお茶です。

杜仲茶

ミネラルなどの栄養も豊富でノンカフェインなので夜でも安心して飲むことができます。

プーアル茶

黒茶に分類され緑茶を麹菌で発酵させたものです。

どくだみ茶

民間薬として利用されており、食物繊維が豊富で便秘改善が期待できます。

ハト麦茶

含有成分「ヨクイニン」には利尿作用があり、むくみ解消などに役立ちます。

ギムネマ茶

ギムネマはインド の代表的なお茶。ギムネマ茶を飲むと糖分の吸収を抑制してくれる働きがあります。

ゴーヤ茶

野菜、ゴーヤを使ったお茶です。ゴーヤを乾燥させてつくられるお茶。

それぞれのダイエットティーを比較

前途したダイエットティーはほんの一部ですが、これだけのダイエットティーがあるとどれを飲めばいいかわからないですよね。
ダイエットティーは、それぞれに入っている成分が異なり、体にもたらしてくれる効果もさまざまです。

烏龍茶の大きな特徴は、「烏龍茶ポリフェノール」という成分が入っていることです。

このポリフェノール成分は食事として摂取した脂肪の吸収を阻害するという働きを持っています。

通常、食べ物は体の中で分解されてより小さくなり、腸などの消化器官で体の中に吸収されていく仕組になっているのですが、この烏龍茶ポリフェノールが脂肪を分解する酵素の働きを邪魔するので脂肪を分解できず、そのまま吸収されずに体外に排出されるというわけです。

杜仲茶には、緑茶に含まれる「カテキン」やウーロン茶の「ポリフェノール」と同じように摂取した油などが体に吸収されるのを阻害する働きがあります。

また、脂肪の燃焼も促進する働きがあるとされており、日常的に飲むことで脂肪の吸収を抑え、さらに燃焼もサポートすることができるわけです。

杜仲茶はノンカフェインのため、妊婦さんでも飲むことができるんですよ。

プーアル茶は脂肪の分解促進と、脂肪吸収の抑制というダイエットに嬉しい二つの効果があるとされています。緑茶やほうじ茶などにも含まれる有効成分「カテキン」が豊富で、特にプーアル茶のカテキンは「重合型カテキン」と呼ばれ脂肪吸収の阻害などの効果が高いといわれています。

食物繊維が豊富でこれによって便秘解消などが期待できます。また、代謝を活発にしてくれるため利尿作用やデトックス作用などが期待されるお茶です。

強いデトックス効果から、デトックスティーとも言われています。

ニキビやイボ取りの効果があり、美肌効果が期待できます。
女性に人気のダイエットティーです。

利尿作用もあるのでむくみなどが気になる方にもお勧めです。

  • 1
  • 2