サキナのサンプロテクトと正しいUVケアまとめ

夏も後半に入り日焼け後のケアが秋の肌の調子を決める時期となってきました。日頃のUVケアも大切ですが、日焼けした後の肌をケアをしっかりしてトラブル防止をしていきましょう。

いばらき駅 さん

19 PV

日焼け後のスキンケア方法まとめ

日焼けをした後は、きちんとケアをしてあげましょう。かといって、いきなり美白化粧品を使うことはNGです。本日は、日焼け後のケアについて、本当に正しい方法をお伝えいたします。

日焼け後は冷却と保湿が大事

1. お化粧や汚れを、流水で洗い流しながら、同時に冷やす。
(肌への刺激を極力抑えて。)
2. 石鹸、クレンジングを使った場合、すすぎを徹底し、水でよく洗い流す。
3. シンプルに保湿だけを心がける。余計なものはこの際省く。
(保湿用のローションや美容液、コットンやフェイスマスクを活躍させる。)
4. 保湿後は、クリームで、カバー。
(保湿した肌は、蓋をして、水分を閉じ込める。)
5. 冷やす。
(冷やしたタオルや熱冷却材(冷えピタなど)で、徹底冷却。)
6. 肌への摩擦、刺激を防ぐ。
(肌にやさしいコットン素材の服を着るなど、摩擦を防ぎましょう。特に下着は要注意。)

水分を体の内側からも補給をする

肌の乾燥を補うには、外側から保湿するのはもちろん、内側から保水することが大切です。

水をたくさん飲むほど、肌の水分量はアップすると言われています。脱水症状の予防にもなりますので、海やプールで遊んだ日は特にしっかりと水分を補給するようにしましょう。

コーヒーやお茶には利尿作用があるので、常温の水を飲むようにしてくださいね。

新たな日焼けをしない!

日焼けした肌はとてもデリケートな状態なので、できるだけ新たな日焼けをしないように気をつけましょう。

日焼け止めを塗ることも大事ではありますが、肌を直接日光に当てないようにすることが何より大切です。

外出時は上着をはおり、帽子や日傘を使って肌を隠すようにしてください。

日焼けしすぎて肌が痛いときの対処方法

ドラッグストアで売っている、「白色ワセリン」と台所にあるラップを用意します。
ラップを適当な大きさに切って、そこに白色ワセリンを伸ばします。

そのラップを日焼けして痛みを持っているお肌の上に乗せて覆います。

これは、創傷治療で著名な医師、夏井睦先生が紹介されている方法です。
(傷跡を残さずに、キズ・ヤケドを治すお医者様。湿潤治療で有名です。)

ラップが邪魔に感じることがありますが、続けるときれいに肌を治すことができます。細胞再生のメカニズムに則った方法です。

やけどはオイルで保湿、保護することで、治癒を早めることができます。民間治療の方法でもオリーブオイルやスクワランオイル、馬油を塗るのも効果的とされていますが、

日焼けの肌の回復には、純度が高く刺激性のない白色ワセリンが安心です。

日焼け後の肌がかゆいときはどうすれば良い?

どうしてもかゆみが強い場合は、保湿をすることで軽くなります。ワセリン、オリーブオイル、スクワランオイル、馬油を薄く塗ることで、かゆみが軽減されます。

冷やすと血管が収縮し、かゆみもましになります。

日焼け直後にかゆみを伴うケースがもう一つあります。
日光湿疹 です。

紫外線への過敏症状が出ているもので、日焼けした場所に小さなブツブツ、湿疹が出ているのが特徴です
日光に当ると急激に蕁麻疹ができたり、日光があたった体の部分に小さな丘疹が多発する場合は、日光湿疹が疑われまsう。。

内服薬・外用薬で光に反応する物質が入っているものを使用したり、キュウリ・パセリ・セロリ・レモンなどの柑橘系果物を多量に食べた後に日光湿疹が起こることがあります。

動画で分る日焼け後のスキンケア方法

サキナのサンプロテクト商品

①クリスタルプライマーCC

光の拡散効果で肌を美しくコントロール。ピンクベージュカラーが血色のより明るい肌に整えます。肌の凹凸にムラなくフィット。ファンデーションの下地としてもご使用いただけます。SPF30・PA+++
¥4,320(税込)

天然系成分の紫外線散乱剤使用・日常生活範囲に対応
紫外線吸収剤を使わず、天然系成分の散乱剤を使用。 超微粒子パウダーにより、紫外線A波・B波を散乱させて紫外線から肌を守ります。 SPF30・PA+++。年間通してお使いいただけます。

肌を明るく整える下地効果
光の散乱効果で肌を美しくコントロール。 ピンクベージュのカラーで血色のよい明るい印象に整えメイクの下地としても効果的。

ファンデーションの仕上がりの良さをキープ
時間と共に分泌される皮脂をキャッチ。 化粧崩れやテカリを防ぎ、ファンデーションの仕上がりの良さをキープ。

②ナチュラルUVシールド

紫外線であれがちな肌を、やさしくいたわる保湿・保護をはじめとする美容成分配合。白くならないノンカラータイプなので、顔だけでなくボディにも心地よくご使用いただけます。SPF30・PA+++
¥4,320(税込)

天然系成分の紫外線散乱剤使用・日常生活範囲に対応
紫外線吸収剤を使わず、天然系成分の散乱剤を使用。 超微粒子パウダーにより、紫外線A波・B波を散乱させて紫外線から肌を守ります。 SPF30・PA+++。年間通してお使いいただけます。

  • 1
  • 2