胸ニキビができにくいデコルテを目指す方法

胸ニキビは痒くて、ひりひりしたり、目立つので、できればできてほしくないですよね。
気が付いたらいくつかポチポチとできてしまっているのも特徴です。
胸ニキビができにくいデコルテはどうしたら目指すことができるのか。
日々のちょっとした工夫をまとめてご紹介していきます。

更新日 2017年03月13日

FC2USER984383OWO さん

5 PV

汗はこまめにふく

胸は、汗の書きやすい場所でもあります。
特に女性は胸の谷間があるので、汗をかくと顔からの汗や首からの汗も胸の谷間へ向けて流れてしまうのです。
汗はニキビの原因であるアクネ菌のかっこうの餌。
そのままにしておくとアクネ菌が増え、ニキビができてしまうのです。

胸の谷間は拭うのがなかなか難しいと思うので、例えばタオルを入れておいたり、インナーをこまめに変えたりするということが大切になっていきます。
トイレに行ったタイミングなどで塗れたタオルなどで汗をぬぐう癖をつけてくださいね。

強く締め付ける服はNG

体を強く締め付ける服は通気性が悪いので胸ニキビをできやすくしたり悪化させる可能性があります。
サイズの合っていない下着や、デコボコしていて肌触りの悪い下着、服は避けるようにしましょう。
化学繊維でできた洋服もおすすめしません。
肌触りがよく、通気性の良いものを選んでくださいね。

ラメ入りのジェルなどはNG

キラキラしてかわいいラメ入りのジェルですが、胸ニキビにとっては悪影響。
胸ニキビを刺激するには十分な大きさなんです。
胸ニキビが目立たないように、ラメ入りのジェルやラメ入りのボディーローションなどで誤魔化そうとするのはやめましょう。
また、ファンデーションなどのメイク用品も、毛穴を詰まらせて胸ニキビを悪化させてしまう原因になるのでお勧めできません。

シャンプー・リンスなどにも注意

胸ニキビ・背中ニキビの原因として多いのはシャンプー・リンスの洗い残しです。
体を洗った後にシャンプー・リンスするようだと、ぬめぬめとしたシャンプー・リンスの成分が肌についたまま残ってしまっている可能性があるのです。

シャワーを長く当ててきちんと汚れを落としたり、最後に体を洗うようにしたり工夫することが大切です。

食生活の乱れをなくす

ニキビのできやすい食生活というのもがあります。
インスタント食品、ジャンクフード、脂っぽいもの、塩分の多いものなどです。
胸ニキビのできにくい肌をつくりあげるためには、野菜、果物、タンパク質とバランスよく摂取するようにしましょう。
中でも、野菜や果物に含まれているビタミンCやビタミンBなどは美肌をつくりあげていくためにも大切な栄養素です。
毎日の食卓に添えてくださいね。

寝不足をなくす

寝不足は、胸ニキビだけでなく肌荒れも招きます。
お肌と睡眠の関係は深いということです。

美肌をつくりあげるためには、1日のうちの22:00~2:00の間のお肌のゴールデンタイムの恩恵を受けなければなりません。

ターンオーバーが行われるといわれている、22:00~2:00の間はなるべく睡眠をとるようにしましょう。
その時間に眠るのが難しい場合は、22:00~2:00の間はなるべくエネルギーを使わないようにすると良いですよ。
エネルギーを使うと、ターンオーバーのパワーがそちらにいってしまうので、パワーは美肌のためのターンオーバーにまわしましょう。

便秘は胸ニキビに関係している

実は、便秘はニキビを引き起す原因でもあるんです。
便は腸内にとどまると、水分が失われて硬くなります。
そうすると腸内環境が悪くなり、自律神経が乱れ、血の巡りを悪くしたり、便の毒素が体中に駆け巡ったりすることでニキビの元となってしまうのです。

この記事に書かれているような美肌対策はすべてしているのに胸ニキビがなかなか改善しないという場合は、もしかしたら便秘が関係しているのかもしれません。
まずは便秘を解消しましょう。

胸ニキビができにくいデコルテを目指す方法終わりに

胸ニキビは顔ニキビと同じくらい人に見られたくありません。
顔ニキビよりも多くできてしまうことがある分、より誰にも見せたくありませんね。
しかし、下手にメイクやラメなどでごまかすと、よけいに胸ニキビを炎症させたり悪化させたりすることにつながるので、刺激せずに生活習慣の見直しでニキビを改善していきましょう。

  • 1