女性の薄毛はどう対処したら良い??

FC2USER704680SUR さん

18 PV

薄毛になる原因は?

(1)ストレス
ストレスを受けると、自律神経やホルモンのバランスが乱れ、血液の流れが滞ります。栄養は血液によって運ばれますので、体の先端にある髪に栄養が行きわたらず、髪が乾燥したり、細くなったりするのです。

(2)ヘアケア
頭皮に悪いシャンプーやドライヤーなど、日常的に誤ったヘアケアをしていると、薄毛になりやすくなります。また、カラーリングやパーマも薄毛の要因の一つとなっています。

シャンプーは、洗浄力が強くなく、頭皮や髪に優しいものをお使いください。
また、ドライヤーの熱は髪には毒ですので、同じところに温風を当て続けると、髪が乾燥した状態になり、髪の表面のキューティクル(髪の表面にあり、ダメージから守る役割を持つ)を壊してしまいます。キューティクルが壊れると、髪の成分である、たんぱく質が失われます。

パーマやカラーリングなどを繰り返すことでも、キューティクルが破壊され、ハリや弾力が失われ、髪が細くなりますので、やらないことが一番ですが、どうしてもという方は、頻度を減らすようにしましょう。

薄毛の対処法は?

成長ホルモンを味方にする
成長ホルモンは睡眠時に主に分泌されると述べましたが、さらに分泌量が上昇する時間帯というものが存在します。

それは、午後10時~午前2時の間です。

この4時間の間に上質な睡眠を取ると、成長ホルモンが最大限に分泌されます。

正しいシャンプーのやりかた

●2度洗いが基本

頭皮を健康に保つためには2度洗いが基本です。1度目で表面の汚れや整髪料などを落とし、2度目でじっくりとヘッドマッサージをするようにシャンプーの泡を毛穴まで落とし込んでいきます。シャンプーの刺激が強すぎると頭皮に良くないので、2度目のシャンプーの量は1度目の半分程度にするとよいでしょう。

顔を洗うようにやさしい指使いで

洗う際には、指の腹を使うことが大切です。決して指先を使ったり爪を立てたりしないようにしましょう。頭皮は刺激に弱い部分ですので、ゴシゴシと洗うのもNGです。泡を頭皮にしっかりと浸透させることができれば、汚れは充分に落ちます。 顔の皮膚と頭皮は一枚の皮でつながっているため、性質も似ています。頭皮を洗う時は、顔を洗うときのようなイメージで、やさしい指使いを心掛けましょう。つい力が入ってしまうという場合には、脇を締め親指を使わないようにしてみてください。適度な力加減となります。

食事に気をつける!

抜け毛や薄毛などを改善するには、腎臓の働きを助ける食材を食べて、腎臓をいたわってあげることが肝要です。

また、相生関係にある肝臓(水)、肺・腸(金)の働きを助ける食材と相克関係にある膵臓(土)を助ける食材を上手にバランスよく食べることで、更に腎臓の働きを助けることができます。
鹹味食材と相生関係の辛味食材を上手に組み合わせたレシピがオススメです。
このようにバランスよく食べることで、からだの不調を改善することができるのです。

そして抜け毛・薄毛の美容トラブルがある人は、砂糖・くだもの・生野菜・コーヒー・アルコール類を控えましょう。

  • 1