男性機能の調子が悪い時の対策は?

いつの間にか男性機能に元気がなくなってきている・・・
どうすれば勃起が持続するのかを紹介!

FC2USER896757IAY さん

555 PV

原因は加齢による男性ホルモンの現象の可能性が高い

直接の原因は男性ホルモンであるテストステロンが加齢に伴って低下すること。

男性更年期障害による男性ホルモンの現象が原因かも

男性更年期障害とはどんなものなのか?辻村先生によれば、直接の原因は男性ホルモンであるテストステロンが加齢に伴って低下すること。

その症状は多様で、大別すると1つ目が「性機能関連症状」。これは性欲の低下やED(勃起障害)である。

下の悩みが出ると男性ホルモンの減少による可能性が高い

男性ホルモンが減るとこういった悩みが現れます。
・以前より性欲が減った
・勃起に硬さがない
・勃起しても持続しない
・性行為の途中で中折れしてしまう

加齢により減った男性ホルモンを再び増やすことで再び勃起が持続するようになるかもしれません!

男性ホルモンを増やすには?

男性ホルモンを増やす方法をいくつか紹介します!

運動で増やす

筋力トレーニングや、激しい運動をすると、テストステロンを増やす効果があります。しかし、脱水と、長時間や、過度のトレーニングは避けるよう、注意が必要です。

食事で増やす

食事です。たんぱく質(特に動物性たんぱく質)や脂肪分が含まれた食事、亜鉛などの栄養素をたっぷり含む食事を摂ると、それらの栄養素から男性ホルモンが生成され体内の男性ホルモン量が上昇します。男性ホルモンの量を減らすにはこういった食事を避けるのが吉でしょう。

睡眠で増やす

忙しいときなど、ついつい削ってしまいがちな睡眠時間。
徹夜を続けると、テストステロンの量はゼロになってしまうそうです。


ストレス解消にもつながりますから、忙しいときこそ、良質な睡眠を心がけたいものです。

  • 1
PR