名古屋で離婚する際の弁護士

離婚することになった、離婚したいが相手が受け入れてくれない等々
離婚についてのトラブルは弁護士にお願いしてみませんか?

wangmulang さん

31 PV

離婚原因で多いのは?

ランキング1位 性格の不一致
ランキング2位 子供を大切にしてくれない
ランキング3位 夫や妻の浮気
ランキング4位 夫や妻の実家との折り合いが悪い
ランキング5位 モラハラをしてくる

離婚の90%が協議離婚

「協議離婚」は、こうして成立

1.夫婦が離婚に合意して、条件的にも折り合いがつく
2.役所に離婚届を提出する
3.協議離婚の成立

口約束では反故にされてしまう可能性も。
養育費の支払い、慰謝料、財産分与、年金分割などについての合意内容を作成しましょう

離婚を申し立てる前に弁護士に「相談」

弁護士事務所により異なりますが、法律相談は30分5,000円程度のところがほとんど。
申し立てる前に、相談をしておくと、相手との話し合いが有利に進めることもあります。

協議離婚の同意が得られない場合は、調停離婚

「調停離婚」は、こうして成立

1.どちらかが家庭裁判所に離婚調停を申し立てる
2.第1回調停期日の通知が双方に届く
3.1~2ヵ月に1度、調停委員による離婚の調整
4.お互いの合意のもと、調停離婚の成立

調停離婚では弁護士のサポートがあった方が…

調停では代理人が必須ということはなく、本人が対応することで問題はありません。
ただ、代理人ではないまでも法的なサポート(知恵をつけてくれる)人がいると安心できます。
法律事務所によって、代理人よりも割安でサポート業務を請け負ってくれるところもあります。
相談してみましょう

まれに裁判離婚までもつれこむことも…

「裁判離婚」は、こうして成立

1.裁判所に提出する訴状の作成・提出
2.第1回口頭弁論期日の通知・勧告
3.口頭弁論(数回)
4.家裁が和解案を提示する
5.お互いが和解案に合意する
6.和解調書を作成する
7.裁判離婚の成立

裁判まで来てしまったら、弁護士に依頼しないと不安です。

名古屋で離婚問題に詳しい弁護士事務所です

相談だけでもOK

実家や親しい友達にはかえって相談しづらいこともありますよね。
冷静な第三者に聞いてもらうだけで、少し楽になれるかもしれません。

  • 1