がんに対しての漢方療法

がんになってしまった…いろいろな治療法があるけれどここでは漢方療法についてまとめてみました。

フクロウじゅん さん

76 PV

がん(悪性腫瘍)とは…

悪性腫瘍(あくせいしゅよう、英: malignant tumor)は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍、良性腫瘍と悪性腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、また転移を起こす腫瘍である。悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめる。
一般に癌(ガン、がん、英: cancer、独: Krebs)、悪性新生物(あくせいしんせいぶつ、英: malignant neoplasm)とも呼ばれる。

主な治療法は3種類。

・手術療法
・薬物療法
・放射線療法

様々な検査を行い、どの治療法がその人のがんに効果があるかを探ります。
2つ以上を組み合わせることもあり、患者さんの年齢や性別・希望などを考慮して治療方法が提案されます。
様々なケースや治療法があるため、自分で調べて医師に相談して納得のいく治療を受けたいですね。

漢方療法を取り入れることも出来ます。

漢方ではがん(癌=腫塊)を気(=生体エネルギー)や血、水の流れの停滞とみて、まず流れをよくし腫塊を小さくする治療を行います。
血の流れをよくし、水の代謝をよくする漢方生薬(主に煎じ薬)に加え、気の流れ、血の流れをよくし、温熱による散結(腫塊を散らす)目的で温熱鍼灸療法も行います。また特に心身ともに弱り、免疫状態が低下している場合は、体の元気を補う生薬を加えていきます。この気を補う薬の代表的なものが薬用人参(=朝鮮人参)です。

どのような時に漢方薬を使用したらよいか
1.がん細胞への攻撃がもはや必要ないとき
 免疫力・抗酸化力など抗がん力を高めて、がんの再発と新たながんの発生を予防
2.攻撃的治療(手術・抗がん剤・放射線治療)を行っているとき
 手術・抗がん剤・放射線で体がボロボロになる前に
3.標準治療で効果が期待できなくなったとき(西洋医学で匙を投げられた時)
治癒力や免疫力を主体にした体にやさしい漢方がん治療→がんとの共存・がんの退縮・QOL(生活の質)の改善


がんに対して漢方療法を取り入れている医院をまとめました。

がん治療は自分で選べる時代です。
どのような治療を受けることになっても前向きに頑張っていきたいですね。

  • 1