すき家ブラック

すき家がブラックと呼ばれる由縁は風評被害なのか?

kyyyyya1 さん

519 PV

人手不足に悩む外食大手ゼンショーホールディングスの小川賢太郎社長は「日本人はだんだん3K(きつい、きたない、危険)の仕事をやりたがらなくなっている」と嘆く。傘下の牛丼チェーン「すき家」では2月以降、アルバイト不足で一時閉店が相次ぎ、28店が今も休業中。景気回復に伴う人手不足は、外食や小売りで深刻だ。原則である24時間営業をやめる店も出ているといい、「深夜営業が一番難しい」。

その後社長が、すき家のアルバイトのことを言っているわけではなく一般論だとかぬかしていたが、所詮言い訳にしか取れないのだった。

https://twitter.com/value_investors/status/466778035580964864

https://twitter.com/nacazeeee/status/475278421212147712

https://twitter.com/aitaiima/status/467102559933452288

https://twitter.com/320_42/status/462472253754441728

23日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、「日本経済の危機!?大手飲食チェーン店で閉店・休業続々」と題し、外食産業での人材確保が困難なことや学生のアルバイトが減ってきている現状を取り上げた。
番組では、大手牛丼チェーンの「すき家」と、居酒屋チェーンの「和民」の店舗で一時休業や閉店が相次いでいることを紹介。一方、都内では時給が1,600円を超える求人を行う某牛丼店があるとし、外食産業の現状を調査した。

求人情報サービス「an」メディア事業部 藤倉正臣氏の「人手不足による人員確保によるもの」「以前は自宅から近い、時給が高いなどを働き手は優先していたが、最近は勤務先の雰囲気や人間関係を重要視する傾向にある」というコメントを紹介。

23日の「ミヤネ屋」で、すき家などの外食チェーンで閉店が相次いでいると紹介された
森永卓郎氏が、ブラック企業との噂が流れ、人が集まらなくなる実情を指摘
宮根は、風評被害にあう店がたくさんあるとコメントした

https://twitter.com/st_31024/status/475232218256662530/photo/1

  • 1