【危険】未成熟の少女に無理やり男性シンボルをねじ込むとこうなる

小学4年生9~10歳くらいで膣の長さは4cmくらいで中高校生で7㎝ほどです。中高生以上のペニスで無理やり性交すると・・・

更新日 2013年09月14日

matomesugi さん

230791 PV

小学4年生9~10歳くらいで膣の長さは4cmくらいで中高校生で7㎝ほどです。
中高生以上のペニスで無理やり性交すると、未発育の性器では裂傷します。
また激しいピストン運動では、吸引の圧力により、まだ軟らかい子宮が膣に露出してしまい破壊ます。出血が止まらず死に至ることもあります。
ショック死することも考えられるのです。

非常に危険な行為です。

◆イエメンで8歳の「花嫁」が初夜に死亡、子宮破裂で

イエメン北西部のハッジャ県で、ラワンという名の少女が、自分の年齢の5倍にあたる40歳の男性と結婚式を挙げた。その夜、2人は性行為におよび、ラワンは子宮破裂による出血で死亡したという。

イエメンでは貧しい家族が生活費を浮かせるため、もしくは夫から支払われる金銭目当てに幼い女児を嫁がせることがある。人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチが国連などのデータをもとに明かしたところによると、同国の少女の約52%が18歳までに結婚するという。

◆5歳児残酷強姦事件【インド】

インドで、5歳の女児が何者かに誘拐、強姦(ごうかん)される事件が発生した。
女児は救出されたが,残酷な性的暴行を受け重体。この女児は15日,戸外で遊んでいるところを何者かに誘拐された。

その後,少なくとも48時間にわたって監禁暴行を受けた。

女児の陰部は激しく損傷。身体内部は暴行,異物を挿入されたことによりひどい損傷状態
で子宮破裂や感染症を起こしていた

警察からは「少なくとも娘は生きて見つかったのだから,それで満足するように」と言われた」と被害者少女の父親が訴えている。

◆千葉5歳女児変死体遺棄事件

2005年11月22日午後、下校途中の女子児童(当時7歳)が学校を出てから行方不明となり同日17時頃に路上に放置されていた段ボール箱の中から遺体となって発見された。死因は絞殺による窒息死で、推定死亡時刻は13時から14時。遺体の下半身には性的暴行の際に受けたと思われる指で傷つけられた痕跡が存在していた。頬には涙の跡があった。

千葉県東金市田間、看護師成田多恵子さん(38)の次女で保育園児幸満(ゆきまろ)ちゃん
(当時5歳)の遺体が路上で見つかった事件で、東金署捜査本部は6日午後、現場近く
に住む東金市東上宿、無職勝木諒(りょう)容疑者(21)を死体遺棄容疑で逮捕した。

勝木容疑者が住むマンションの駐車場には、幸満ちゃんの服や靴がレジ袋に入れられて
捨てられていた。この袋から勝木容疑者の指紋が検出された。幸満ちゃんは窒息死
させられたとみられており、捜査本部は殺人容疑でも調べる方針。

◆仙台で幼女 110人暴行強姦致傷事件

仙台市青葉区などで当時3歳から10歳の少女に、「猫を探して」などと声をかけ、 マンションの踊り場などへ誘い、4件の強姦未遂 5件の強制わいせつおよび2件の強姦致傷事件を起こす。それらの様子をビデオで撮影していた。
立件されたこれらの事件の他、計45人もの幼女が写ったビデオテープが見つかり、100件を超す犯行を自供した。

検察側は論告で「わが国の性犯罪史上、類がない卑劣な犯行。
最高刑をもって臨むしかない」として、無期懲役を求刑した。
2002年3月29日に仙台地裁は被告に無期懲役判決を言い渡す。
被告は上訴をしたが、2004年5月に最高裁で無期懲役判決が確定した。
死亡者がいない性犯罪で前科がない人間が無期懲役となるのは極めて異例

◆昔の日本では女性は未成熟で嫁ぐのは普通だったが・・・

12歳前後になると、現代で考えると確かに未成熟ではありますが、その時代の風潮として、それ位の歳になれば、もう、周囲からは立派な大人扱いをされましたので、女性も、もう、そうした心づもりで嫁に行ったりしました。

まあ、お産については、大変な苦労があったと思います。出産の最中に死亡したり、産後の日だちが悪くて死亡したり、また、生まれて来る子どもも未熟児ですぐに死亡したり、と、苦労?も多かったのが実際でしょうね。

(よもやま話)
(1)ある大名家(判ってはいますが、ここではあえて伏せます)の嫡男15歳に政略結婚で7歳の少女が嫁ぎました。初夜の時に、乳母や女中連中が少女の股を無理やり、押さえつけて、開かせ、姦通させた、という話が残っています。(明らかに「幼女姦」)。

(2)また、男女が共に7~8歳前後で結婚した場合は、夫婦とは名ばかりで、10歳位になるまでは、遊び友だちでした。

(3)江戸の商家の娘になると、自由恋愛は全くと言って良いほどできませんでした。また、商家の娘は「箱入り娘」と呼ばれたように、自由に街中を歩くことさえできませんでした。

(4)現代のようにウインドショッピングを楽しむ場所もありませんでしたから、たまに、小物が欲しいと、街へ出ても、乳母や女中がお供をして出歩きましたので、自由にどこでも行くことは許されませんでした。

(5)では、着物や櫛(くし)、簪(かんざし)などが欲しいというと、大店の丁稚がそうした店へ使いに走り、店からの出張販売でした。

(6)江戸時代を例にとると、儒教の精神が上は将軍家から、下は町人まで、
「男女7歳にして席を同じゅうせず」
でしたので、武家はもちろん商家でも、双方の家柄や財産などを基に、親同士が決めた「許婚(いいなずけ)制度」で、特に、父親の権限が強く、父親の許可なしには結婚できませんでした。

(6)江戸の街には「分一(ぶいち)」と呼ばれる「仲人専門」の職業の人がいました。これは、結納金の十分の一が謝礼として貰えることから、そう呼ばれました。

(7)適齢期の男女を物色し、商家へ縁談を持ち込む。ただし、男は40歳前後まで、女は20歳まででした。となると裏をかえせば、10歳前後の結婚もあった、と言うことでしょう。

(8)「十分一(じゅうぶいち)取るにおろかな舌はなし」
と、狂歌にもよまれたように、「口先三寸」のやり手でした。

(9)また、逆に、将軍家や大名家の大奥では30歳になると「おしとね御免」と言って、夜の相手ができなくなる話はご存じだと思いますが、30歳位で妊娠すると、今度は、医療技術がお粗末だったため、高齢出産となり、母体の安全から子どもを作ることはできませんでした。ただし、町人などは、側室などいませんから、子どもを生むこともありました。
現代でも40歳以上になると、やはり、高齢出産と位置づけられますよね。江戸時代から400年余り過ぎても、医療技術が進歩したとはいえ10歳しか「上限」が上がっていない。

(10)ここには、主に、江戸時代で江戸の街を中心に述べていますが、地方(田舎)も似たり寄ったりでしょう。

皇太子妃が空席となったという知らせを聞いたその場で、縄主は自分の娘を推すことを決めたのである。
 「宮中に入れるのでございますか。」
 「うむ。」
 薬子は夫の相談に驚きを見せた。
 嫁がせると言っても今すぐに結婚するわけではなく、その地位も正妻ではない。それも当然で、正確な記録がないためはっきりとは言えないが、このときの薬子はまだ二〇代、どんなに歳を上に考えても三十歳になったかならないかという年齢である。
 いかに結婚年齢が若いとはいえ、その年齢の女性の長女が何歳かと考えたとき、セックスに耐えうる年齢ではないことは容易に想像できる。
 それに、縄主は種継とは比べものにならない低い地位。天皇の側近でもなければ高位の大臣でもなく、自分の娘を后に差し出すのは差し出がましいとしか言いようのない地位である。自分の夫を客観的に見て、薬子はそれが不安になった。
 「まだ早すぎませんか。」
 「早いに越したことはない。それに、宮中ならいつでも会いに行けるじゃないか。」
 「そうですけど。」
 「このくらいの歳で宮中に入るのは珍しくないぞ。」

  • 1