【トリビアまとめ】ウミウシは食べられる

昔懐かしの「トリビアの泉」を再検証!

FC2USER926778DHH さん

60 PV

当時の放送より

伊豆大島漁業協同組合の方はこう語る。

Q.ウミウシは食べられる?

白井さん
「はい、確か島根県の一部で食べられているみたいですけどね。」

「ウミウシの(捕れる)時期がですね、4月5月ですので今はほとんど食べられてないと思いますよ。」

「ただ冷凍ものであればですね、(今でも)食べられているみたいですけどね。」

冷凍のウミウシが食べられる旅館「浜松」

斉藤夫妻にウミウシ料理を作っていただいた。

こちらが冷凍のウミウシである。

これは島根県近海で捕れるアメフラシというウミウシ。

ではその調理法を紹介しよう。

①まず旅館「浜松」特製の味噌と市販の味噌を合わせる。

②そこにみりん・お酢・砂糖を入れてかき混ぜ、ベースを作る。

③ウミウシを細かく輪切りにする。

④切ったウミウシと山椒の葉を先ほど作ったベースに入れ、かき混ぜる。

そして完成したのがこちら、ウミウシの味噌和え。

いったいどんな味なのか。

お二人にその味を説明していただいた。

【補足トリビア】
①ウミウシは貝殻が退化してなくなった巻き貝の仲間で、触覚を牛の角に見立てて「海の牛」と呼ばれたことが名前の由来。
②ウミウシはこの島根県隠岐郡では、1匹300~400円で取り引きされている。
③実際には地元の人は個人的に調理して食べるだけで、特に名産とはなっていない。

再検証しました

アメフラシをご存知でしょうか?ウミウシとよく間違えられる海の生物で、一般的には食用にはされていませんが、一部の地方では食用にされていますよね。

基本的には食用に適しておらず、一般的にはほとんど食用にされません。 但し、全くのゼロではないらしく一部のウミウシは食用も可能なようです。

ウミウシは毒を蓄積しているものも多いので、基本的には食用に適していません。 恐らく自然下でも魚などの捕食者はウミウシを食べないと考えられます。

食べ物として、アメフラシはワカメなどの海藻を食べるベジタリアンですが、ウミウシは海綿やコケムシといった動物を食べています。

ウミウシは海中の生物を食べているという点があります。 さらに、アメフラシは地味系な生物ですが、ウミウシは形状やカラーがとってもカラフル!

  • 1