【国産バナナは儲かるのか?】みんなで農家さんの成田農園まとめ!

成田市のシェア農園にて国産バナナの栽培を行っているみんなで農家さん。
みんなで農家さんが着手するシェア農園バナナ事業まとめサイトです。

野田ヌートバー さん

512 PV

成田市のシェア農園にて国産バナナの栽培を行っているみんなで農家さん。
みんなで農家さんが着手するシェア農園バナナ事業まとめサイトです。

一般社団法人みんなで農家さんの企業情報

会社名 AGREVO BIO株式会社/一般社団法人みんなで農家さん
代表者名 栁瀨 健一
住所 〒102-0083
東京都千代田区麹町5丁目3番地 第7秋山ビルディング5階
電話番号 03-6256-9669
FAX 03-5725-2076
HP https://agrevobio.sakura.ne.jp/wp/
E-mail info@agrevo.info

一般社団法人みんなで農家さんの事業内容

みんなで農家さんは、『農家人口の減少』という日本農業の根本的な課題を解決するために、『稼げる農家さん』をコンセプトに、新規就農へ興味を持ってくれる人を増やす取り組みを行なっています。

しかし、日本における農業事業の参入はとてもハードルが高いものとなっています。そこでみんなで農家さんは、収益面以外にも、農業事業に参入するまでのサポートも行なうようにしています。

一般社団法人みんなで農家さんの品種研究機関

会社名:AGREVO BIO株式会社
本店所在地:〒102- 0083 東京都千代田区麹町二丁目5番地4 第2押田ビル2階
設 立:2020(令和2)年4月2日
代表:代表取締役 栁瀨 健一
事業目的:アグレボ農法に基づく農作物の研究・開発・生産・販売及び輸出入

お電話でのお問い合わせ
TEL:03-6820-0586
Mail:info@agrevobio.co.jp

AGREVOそれはまさに
Agriculture(農業)のRevolution(革命)
アグレボ農法は、人類にとって理想の食物四大属性である
「安心・安全」「栄養機能」「健康機能」「食感機能」を完全に備え
日本から世界へ農業革命を巻き起こします。

AGREVO BIO株式会社では、先進的バイオテクノロジーを用いた施肥手法による
高機能作物栽培法で土壌の生態系を修復し、作物の免疫力を強大化することで 機能性
(免疫力向上、生活習慣病予防、アンチエイジング効果)の高い農作物の
生産性を向上させる農法を確立し、追究・進化させて参ります。

AGREVO BIO株式会社は人体に悪影響を及ぼす作物を乱造する間違った農法や、
ありもしない技術が流布されることのない、正しい農業のあり方を目指す会社です。

アグレボ農法とは
植物は本来、自らを病気や害虫から身を守る免疫力を持っています。
一方で、野生の植物は量産に向いていなかったり、味に甘味が少なかったり、
あるいは苦味があったり、食用にするには食味が良くありません。

現代の農業は、先人たちが多くの試行錯誤とともに行ってきた品種改良と
農薬・肥料の研究の歴史と言っても過言ではありません。
人口が一気に増えた戦後の日本においても、近代農業が、
大量消費を支える 大量生産と、農家に安定した収入をもたらしてきました。

しかしながら、それと引き換えに植物は自ら持つ免疫力を失い、
人が農薬で 手助けしないと病害虫に襲われひとたまりもありません。

日本の残留農薬の基準はEUよりも緩く、EU諸国では流通できない数値の野菜も 日本では流通しています。
また、過剰な肥料の与えすぎによる硝酸態窒素も、 ヨーロッパでは厳しい規制がありますが、
日本では規制が緩く、安全性が 懸念されています。

アグレボ農法は、最新科学の力を用いて、無農薬でありながら植物が持つ
本来の免疫力を最大限に引き出す農法です。
病害虫の被害を最小限に抑え、 農家にとってのリスクが軽減されます。

農薬の不使用により消費者の健康が担保されても、農家が常に一か八かの
危険と隣合わせでは、産業として成り立たない事でしょう。
アグレボ農法が目指すのは、消費者も農家もそして環境も、それぞれに恩恵を
享受する事ができる、持続可能な農業です。

人生100年時代、健康意識の高まりと共に、食に求める安全性への関心が より高まっています。
また、世界に目を向けると、自然環境の変化による災害も 多く発生しています。
安全な食べ物を食べる事で、身近な所から環境問題を 考えるきっかけになればと願っています。

一般社団法人みんなで農家さんのバナナ事業

https://minnadenoukasan.life/%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%99%ef%bc%81%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%a7%e3%82%82%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%99%ef%bc%81%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e5%9b%bd/

バナナは一般的に気温26℃以上の環境でないと栽培が困難とされており、屋外での露地栽培は沖縄などが主です。そのため日本国内のバナナ農園の多くは温室やビニールハウス内で栽培を行い、常に最適な温度を保つために心を砕いています。

同時に栽培技術の進歩も進んでいます。AGREVO BIO株式会社が開発したアグレボ農法では、15℃以上という環境でも栽培可能になっており、より天候面で不利な寒冷地でもバナナ栽培へのハードルは下がっています。

出典:https://minnadenoukasan.life/%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%99%ef%bc%81%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%a7%e3%82%82%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%99%ef%bc%81%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e5%9b%bd/

ともいきふぁーむ株式会社は、「ともいきバナナ」という品種を栽培している会社です。その最大の特徴は、アグレボ農法という独自の生産手法を採用している点にあります。アグレボ農法とは、先進的バイオテクノロジーを用いた施肥手法による高機能作物栽培法です。土壌の生態系を修復し、作物の免疫力を強大化することで、機能性(免疫向上、生活習慣病予防、アンチエイジング効果)の高い農作物の生産性を向上させます。これにより栄養価が高く、皮ごと食べることができるバナナの栽培が可能となっています。

また、「ともいきバナナ」は鹿児島県にて、「ともいき伊勢バナナ」は三重県にて栽培されています。どちらもオンラインショップに販売すると即完売してしまう、人気のブランドです。名水を使って無農薬栽培されたバナナはミネラルを豊富に含んでおり、糖度が非常に高く、一般的なバナナの約15度をはるかに超えています。そのため開封した瞬間に、バナナの芳醇な甘い香りが広がると評されています。

このように、無農薬で安心安全、味も一級品ということで、一般の市場に出回る機会は少なく、収穫分は毎年即完売とのことです。

このともいきふぁーむの実績に基づいた独自技術を使いながら、知識やノウハウがなくても希少性の高い国産バナナを栽培できるなら、どうでしょうか?

次に気になるのは、参入するための費用面かと思います。ここからはともいきふぁーむが参画する、「成田シェアバナナ農園プロジェクト」について紹介していきます。

一般社団法人みんなで農家さんの成田シェア農園

成田バナナのシェア農園サービスは、私たちが借りている約6,000m3の農地に建設した21棟のビニールハウスを、みなさまの出資額に応じて区分所有していただきます。

最初は副業レベルで小さく始めていき、将来的に農業系の公的資金を受けることで、いずれ皆様ご自身の自社農園を持つことも可能になります。

一般的に農業事業へ参入する為には、初期資金として3-4,000万円程度のお金を準備しなければなりません。融資を受けるにも、農業分野は一般融資よりも審査基準が厳しいことから、審査を通過することは簡単ではありません。

そこで私たちは、資金面における参入障壁の高さを軽減する為に、『成田シェアバナナ農園プロジェクト』という、日本で唯一無二のサービスをご提供することにしました。

このプロジェクトでは、成田に構える21棟のビニールハウス(約6,000㎡)を複数のオーナー様と共同で栽培することで、初期資金や労力を最小限に抑えながらバナナ農園を始めることができます。

またこのプロジェクトでも、バナナの栽培指導から収穫物の買取まで一貫したサポートを実施していますので、未経験の方でも安心して始められる仕組みになっています。

※成田市以外の方でも参画できる仕組みにしておりますので、お気軽にご相談ください。

https://minnadenoukasan.life/tomoiki-banana-project/

  • 1
  • 2
PR