人間関係がめんどくさい職場での付き合い方

仕事内容はいいけれど、正直人間関係がめんどくさいんだよな……そういう声はよく聞きます。それでも、その職場で頑張っている人には、理由があるようです。まずは、めんどくさい原因を探り、どうしてそう感じるのかなど、あなた自身に置き換えて考えてみましょう。

マイチョイス さん

6 PV

職場の人間関係がめんどくさい原因

・派閥がある
女性が多い職場では、特定のグループ同士でぎくしゃくして派閥に発展することも多いです。派閥からのターゲットになってしまうと、仲間はずれにされたり、不適切な言葉で攻撃されたり、ねたみや嫌味を言われるといったケースが増えます。

・仕事を押しつけられる
誰しも面倒だと感じることはやりたくないものですが、怒らせると怖い人に仕事をまわす度胸はないという人もいるでしょう。上司によっては、特定の相手にばかり仕事を振るということもめずらしくありません。

・きらいな人がいる
考え方があわない、性格的に問題があるなど、きらいな部分が多い人の存在は精神的にかなりの負荷になっているといっても過言ではありません。

めんどくさい人の特徴

【細かい人】
・ルールに細かい
・指示がとても細かい
・どうでもいいことに細かい

【自己中心的な人】
例えば、自分が仕事で忙しく作業していても、話しかけてきたりサポートを依頼してきたりします。

【上から目線な人】
上から目線で話をしてくる人は、自分が優位に立つために相手を褒めることはなく、何でも否定から入ります。

【感情の起伏が激しい人】
例えば、朝から気分を害しているなら、挨拶をしても無視されることがあり、少しの会話でも激しく怒られてしまう可能性もあります。気分が良いときは問題ありませんが、感情によって左右されると接しにくいです。

【モチベーションの低い人】
モチベーションが低い人は、「つまらない」などネガティブな発言も多く、最悪の場合は仕事を投げ出して途中で帰ってしまうこともあります。

職場の人間関係がめんどくさいと感じる心理

・強制されている
自分の意見を聞いてくれない状態で、一方的に指示されるのは心理的にかなりのダメージになるのはいうまでもないでしょう。自分のペースで仕事を進められないので、気持ちを落ちつけるタイミングもなく、時間ばかりが過ぎてしまいます。

・義務感がある
義務感をもって仕事をがんばることは、賞賛に値することです。ただし、限度をわきまえて無理をしないことが大切です。常に自分を抑えて、自分の置かれた環境を読み解こうとすることは、非常に疲れることです。

・疲れた
上司や同僚との相性が悪いと、心理的に疲れることが増えます。人によって言うことが違い、板挟みになってしまうことも多いです。また、上司が期待する成果をあげられないかもしれないという不安もつきまといます。

めんどくさい人への対処法

・付き合う人を絞る
・仕事は仕事と割り切ってみる
・仕事はきっちりすることで自信を持つ
・社外のコミュニティに足を運んでみる
・新しいことに打ち込んでみる
・転職して環境を変える

職場に行くことを、めんどくさいと考えてしまう事情はさまざまです。めんどくさいと思わせる人間関係の原因を理解し、イライラする人や状況に臨機応変に対処していきましょう。それでも難しいときは、いろいろと割り切って、都合のいい人をやめるのも有効な選択肢のひとつといえます。

  • 1