世の中の恐ろしい洞窟事故まとめ

探検するロマン以上に危険も付きものな洞窟の数々にまつわる事故の紹介まとめです。

燃えPaPa さん

42 PV

洞窟事故の数々

ポガニカ湾の洞窟

2002年、クロアチア、ポガニカ湾の水深54メートルのところにある水中洞窟で、ダイバーたちがM・Kの遺体を発見した。ダイビングマスクははぎとられ、胸には30センチのナイフが刺さっていた。

 最初、警察は殺人事件として捜査した。M・Kは友人たちとケーブダイビングに来ていてため、彼を刺して洞窟に遺体を隠した犯人はその友人のひとりではないかと思われた。

 しかし、解剖の結果、彼の死は殺人よりももっと恐ろしい結果であることが判明した。M・Kは、洞窟の迷路の中で迷ってしまい、酸素がなくなりかけて溺れそうになった。ふたつの岩の間にある気泡を求めて上昇しようとしたが、それでも生き延びるには十分ではなかった。彼はここで死ぬと気づいたが、それは想像を絶する恐怖と苦しみだったろう。溺れ死ぬときの苦しみはとても堪えがたいものだという。M・Kはその地獄の苦しみから逃れるために、自ら胸にをナイフで突き刺したのだ。

タムルアン洞窟の遭難事故

タムルアン洞窟の遭難事故(タムルアンどうくつのそうなんじこ)とは、2018年6月23日にタイ王国・チエンラーイ県のタムルアン森林公園内のタムルアン洞窟(タイ語: ถ้ำหลวงนางนอน、英語: Tham Luang Nang Non Cave)において地元のサッカーチーム「ムーパ・アカデミー」のメンバーであるコーチ1人と少年ら12人の計13人が閉じ込められた遭難事故。7月10日までに13人全員が救出されたが、救出活動中にダイバー1人が殉職した。
2018年6月23日、地元のサッカーチーム「ムーパ・アカデミー」のメンバーであるコーチ1人と少年ら12人の計13人が洞窟内に進入した。タムルアン洞窟がある山の形が女性が横たわった姿に似ており、この洞窟は「男性に強い恨みを持って亡くなった女性の体内」と言われていて、地元の人達には恐れられている。
当時は雨季に入っており、大雨で洞窟内に大量の水が入り込んだ。その結果、洞窟内の水位が上昇して大半が水没したため、脱出できない状況に追い込まれた。

雨季で、しかも地元でも恐れられるところに遊びで入った馬鹿集団なのに、それを救うために救助隊から1名死亡するなど大変いたたまれない事件でした。
自己責任論で見捨てればよかったのに・・・。

最終的に馬鹿13人は救助されたものの、救助隊からダイバーの溺死や、細菌からの感染死者などがでました。

あまりにやるせない事件です。

コピアポ鉱山落盤事故

厳密には洞窟事故ではないですが、坑道での事故ということで、洞穴的な要素のある事故のひとつです。

コピアポ鉱山落盤事故(コピアポこうざん らくばんじこ)とは、チリ共和国アタカマ州コピアポ近郊のサンホセ鉱山にて、現地時間2010年8月5日に発生した坑道の崩落事故。崩落により33名の男性鉱山作業員が閉じ込められるも、事故から69日後の現地時間10月13日に全員が救出された。サン・ホセ鉱山(el yacimiento San José または la mina San José)は、コピアポの45キロ北に位置する。鉱山を所有していたミネラサンエステバン社は、のちに倒産した。

作業員たちが閉じ込められたのは地下634メートルの坑道内で、坑道入り口から5キロの位置である。鉱山会社の弁護士を含む数名が、作業員らが救出されたあと、鉱山所有者らが破産する可能性を指摘している。サンホセ鉱山は金と銅の産出で1889年から操業してきた。現在の所有者は、マルセロ・ケメニー・ヒューラー(40%)とアレハンドロ・ボーン(60%)の2人である。

現地時間10月12日23時20分(日本時間10月13日11時20分)、最初の救助隊員が地下へと下った。同10月13日0時11分(日本時間10月13日12時11分)、最初の被災者が救助された。
被災者と入れ替わりに救助隊員が降下する形でまず計3名の救助隊員が地下へと下った。その後、断続的に残りの3名の救助隊員が地下に入った。医師や看護師を含む6人がカプセルで地下の避難所まで降り、33人の健康状態を確認、カプセルへの乗り込みの効率化を図った。初めのうちは1人救出するのに約1時間かかったが終わりのころにはそのサイクルは30分未満にまで短縮された。最後の被災者が救出されたのは現地時間10月13日21時56分(日本時間10月14日9時56分)、翌10月14日0時33分(日本時間10月14日12時33分)に最初に降下した救助隊員が帰還し救出作業は終了した。

  • 1