不倫・浮気で再構築(夫婦の関係修復)ができたケース【恋愛・結婚・男女関係】

不貞行為で夫婦関係が壊れた場合、修復は極めて困難です。トラウマ、PTSD、フラッシュバックで鬱になったり、自尊心を傷つけられて復讐の鬼と化した相手には、言い訳をせず、ただ誠意を尽くすしかありません。慰謝料、離婚、別居、無視などの修羅場に耐え、許しを得た汚嫁の体験談(2ちゃんねる)より。

kabusake さん

37 PV

浮気・不倫をされた者の心は大きく傷つき、悲しみや憎しみでいっぱいになります。再構築は非常に困難ですが、誠意を尽くし続けることで、関係修復に至るケースもあるようです。

断言するけど以前のようには戻れない。
再構築ってそういうことじゃない。
過去は無くならないし、無かった事にも出来ないから。

再構築って言葉通り再び構築することで、壊れたものを修理して元に戻すって事じゃない。

【ケース1】妻の不倫を夫が許す(結婚2年目。子供なし)

夫「サレ側(=浮気をされた側)の元気が少し戻った時にでも(カウンセリングを受けるなど、)きちんと話し合ったりする場を設けた方がいいと思う。 」

(夫が)会社の同僚の勧めで心療内科とカウンセリングに通ってみることにした。

診察では「たぶん中度の鬱」って言われて、薬が出た。で、カウンセリングも受けたよ。
最初の日に、カウンセラーにいろいろ話したら、嫁さんも連れて来たらどうか、って言われた。
正直、なんでそんなこと言うんだ、って思ったし、そう聞いたら、今のままじゃ、どっちにも転ばないし、お互いに苦しいだけ。

それなら、ここでトコトン話し合って、それぞれが納得いく道を見つけるべきじゃないかと思う、と言われた。
まぁ、それは確かに、って思って、帰って嫁に言ったら、ぜひついて行きたい、っていうんで次の予約のときに連れてった。

たぶん30くらいで、豪快に笑う割にすごい柔らかく話す男のカウンセラーだったんだけど、
俺の「どうでもいいや」って話をいろいろ聞いてから、嫁に話を振ったら、
「申し訳ない、傷つけてしまった。でも、一緒にいることで苦しめている気がする」なんて話をしてた。
で、しばらく、俺もポツリポツリ話してて、嫁も泣きながらポツリポツリと話してたら、カウンセラーがなんか改まって

「カップルダンス(うるおぼえ)ってのがありましてね」

って話を始めた。

なんでも、こう、人同士ってのはトラブった時に、お互いに自分を守ろうとするんだと。

「○→○→(逃げるのと追うの)」
「○→←○(お互いの主張をし合うの)」
「←○○→(関わりたくない)」

って動きをするんだって、言われた。

あー、うちはたぶん、逃げるのと追うの、かなぁ、なんて思ってた。

で、もし二人がこのうちのどれか、なら二人は、どんな自分を守りたい、って思ってるんでしょうかね?
って聞いてきた。

別になにも守ろうだなんて思ってないなぁとか感じてたんだけど、嫁が
「旦那をこれ以上傷つけたくないって思って、逃げてる気がします」
って言った。逃げるならとっとと出て行けばいいのに、とか俺はそんなことを思ったんだけど、

「じゃぁ、ここで旦那さんの嫌いなとこでもあげてみましょうか」とカウンセラーが言った。

正直、それにはちょっとびっくりした。嫁も戸惑ってた。
でも、嫁は震えて泣きながら、こんな生活になる前からのことで

「帰って来て、着替えをちゃんとハンガーに吊らないところがイヤ」
「メールしてもそっけない返信してくれなかったのがイヤ」
あともう一つなんか言ってたけど忘れた。

でも、それ言ったら嫁が尋常じゃないくらい泣き出して、
俺さらにびっくりして気が付いたら嫁の背中さすってた。

で、ちょっとしたら落ち着いて来て嫁が付け足した。

「ちゃんと吊ってよって言うと、やっといて、って甘えられるのが好きだった」
「メール返してって言ったら、メールは変わらなかったけど、帰って来てちょっと優しくしてくれるのがうれしかった」

「そんなのがうれしかったのに、私誘惑に負けて傷つけちゃったんだ、ごめんなさいごめんなさい…」
って言ってまた震えて泣き出した。

それきいて、なんでかわかんないんだけど、妙に同情しちゃってた俺がいた。
あぁ、こんなに後悔してたんだなって思った。今までの謝罪とたいして変わらない気もしたけど、
嫁がやっと、自分が壊したものについて理解して謝ってたんだな、ってのが分かった気がして。

で、次にカウンセラーは俺に
「旦那さんは、どんなことが楽しかったり嬉しかったりしましたか?」
って逆の質問をしてきた。

で、俺は嫁の言ったこととで、「やっといて」っていうと「もー」って言いながらもやってくれるのがうれしかった。
メールの話されたときに、頭ポンポンってやって無愛想でごめんなって言ったときに照れ笑いしてたのがなんかうれしかったなとか、
あと、仕事で疲れたときに帰るなり顔見て「大丈夫?」って言われて俺のことちゃんと見てくれてんだな、って思ったこととか。
って話したら、カウンセラーは
「そういうのが全部壊れちゃったんですね」
って言った。

夫「俺が(仕事で家に)いない間、かなりいろんなことを家でやってんだろうな、ってのはわかった。いつも家きれいで、片付いてたし、料理も欠かさなかった。」

夫「(浮気の言い訳を)したら(間男だけでなく)嫁すらぶん殴ってたかも。」

嫁は(略)、観念したのか、謝りっぱなしで、言い訳らしい言い訳もしなかった。
したら嫁すらぶん殴ってたかも。

【ケース2】妻の不倫を夫が許す(一度離婚した後に再構築。子供なし)

夫「嫁は俺と離婚した後にすぐ、父母に会いに来た。 『俺さんを裏切りました。もう合わせる顔がありません。母が残してくれた土地を売って違う所に行こうと思うます。私が全て悪く、俺さんには何も落ち度はありません。』

そんなことを言いに来た。 母さんは嫁子さんを娘のように可愛がっていたからな、いつでも遊びに来なさいと言って責めなかったよ。父が教えてくれた。

夫「嫁は離婚した後、何かと俺の実家に顔を出していたらしい。親の話し相手になったり、食事の世話をしていた。」

夫「嫁は一人では広すぎると実家を売って、俺の実家と母の入院先の病院との中間でアパートを借りて一人で暮らしていた。 何かあると母の面倒をみたり、父の話し相手になっていた。」

「あなたとはダメになってしまったけど、あなたのお父さんやお母さんは大好きだから。」それが理由だった。

夫「多分(夫の両親の)治療費などの金銭的な援助もしていたと思う。」

今でも嫁は絶対に認めないが、その後父が亡くなるときに教えてくれた。
「嫁子を泣かしたら、お父さんがお前を殺しに行くから」
父がまだ意識ある頃に俺の耳元で言った言葉。頭が上がらない。

【ケース3】妻の不倫を夫が許す(子供あり)

妻「女は精神的に追い詰められると反射的に自分に不都合な情報を脳内から消去して都合の良い物語に作り変えて信じ込む習性がある。(略)。許していただけた理由は頭が真っ白になっても脳内を自分に好都合な物語が占拠しても言い訳せず、ただひたすら御免なさいで通した事に尽きると思う。」

妻「一言でも言い訳がましい事を言ったら即アウトだったと思う」

妻「再構築期間中、私は夫の無視に遭いながら必死に内観した。自分が堕ちた理由を探し続けた。だってそれが分からない限りたとえ夫が許してくれたとしても同じ間違いを犯す可能性があるから。私は自分で自分が怖くなってた。それで一年以上かけてようやく自分を俯瞰で見れるようになってきた。」

そうして初めて私は自分の問題点に気づくことができてきた。よ~くよく思い出してみると、過ちを犯す随分手前のところで心に綻びが出来ていたのだということを思い出してきた。

妻「『(間男である上司と)まるで夫婦みたいですね』と同僚にからかわれたりした。『だって家のかみさんよりも一緒に居る時間が長いもんな』って部長に言われて、その言葉を聞いて確かに私はまんざらでもない気分になっていた。これはもう潜在的な不貞行為だったと思う」

妻「(上司と)二人で一緒に行動してるからって社食でいつも向かい合わせに昼食とっていたのもマズかった。危機管理がきちんとしている人ならお弁当にするとかして何とか上手く回避するはず。私はそれをせず『たまには外に蕎麦でも食いにいくか』と誘われると、それすら断りもせずそそくさと部長と行動を共にした。完全に緩んでいた」

妻「(夫に言われて)両親に自らの不貞を(電話で)告げる時の心境は想像を絶するものがあった。でも今にして思えばその痛み一つ一つが再構築期間の猶予を与えてもらう為に必要なステップだった様に感じている」

【ケース4】妻の不倫を夫が許す(一度離婚した後に再構築。子供あり)

夫「(不倫妻が)これを受け取ってください、って何故か俺名義の預金通帳。毎月5万円の入金があって、ところどころ10万円だったりして、苦労して貯めたことは一目でわかった。 」

スレ住人「女が勘当状態で一人暮らししながら、月に5~10万も貯め続けてきた努力は確かに評価できるな。 口先だけで、許してもう二度とやらない愛してる、と言って縋りつこうとするよりは、よっぽど誠意があるよ。」

夫「今は何も言うことないくらいよく尽くしてくれるし、俺も大事にしてる。 」