ソフトバンクがまた巨額の申告漏れ?!400億円申告漏れ、また脱税かとの声も...

毎度毎度申告漏れしてるソフトバンク、故意の申告漏れは脱税とか所得隠しではとの声も...度重なる投資の失敗で倒産もささやかれるソフトバンク...ほんとに大丈夫なのか?

FC2USER459588FVW さん

22 PV

 ソフトバンクグループ(SBG)が東京国税局の税務調査を受け、2019年3月期の税務申告で約400億円の申告漏れを指摘されていたことが4日、同社や関係者への取材で分かった。

 過去の赤字と相殺され、追徴課税はなかったという。

 関係者などによると、SBGは日本の子会社からドル建てで借り入れた負債について、為替差損を約170億円過大に計上。傘下のソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)の運営を担う海外子会社への成功報酬約140億円についても経費計上が認められなかったほか、海外にある関連会社の所得の合算漏れなどを指摘されたという。

 また、東京国税局は子会社の携帯電話大手ソフトバンクに対しても、約30億円の申告漏れを指摘。過少申告加算税を含めた追徴課税は十数億円とみられる。

過去には4200憶円の申告漏れも...

ソフトバンクグループ(SBG、東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、約4200億円の申告漏れを指摘されたことがわかった。2016年に約3兆円で買収した大手半導体会社の株をめぐって巨額の損失を計上したが、同国税局は損失額の一部を認めなかった模様だ。すでに修正申告したという。

 数千億円規模の申告漏れは極めて異例。日本IBMが約10年前に約4千億円の申告漏れを指摘(後に最高裁決定で課税取り消し)された例があるが、今回はそれを上回り過去最高額とみられる。ただ、修正申告後も損失が上回っていたため、追徴課税はなかったという。

SBGは16年9月、英アームを240億ポンド(約3兆3千億円)で買収。SBGや関係者によると、SBGは18年、前年5月に設立した10兆円規模の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(SVF)にアーム株の一部を現物出資した際、取得価格と時価評価額の差にあたる約1兆4千億円の損失を計上したという。

だが同国税局は、SBGがSVFに相当額を出資していることなどから、損失額の約30%について計上を認めず、約4200億円の申告漏れを指摘した模様だ。

 SBGは取材に対し、「損金算入の時期で見解の相違があり修正申告した。約4千億円は19年3月期の損金に算入される。所得隠しのような脱税に関わるものではない」としている。

主なツイートは以下にまとめてあるのでご一読を

ツイートの中で気になったのは徴用工問題の企業資産現金化の日にこの記事が出てきたことと徴収共助約定ドアという単語ですね。

倒産疑惑も出ているソフトバンク...いったい今後どうなるのか...

  • 1
PR