タレントマネジメントシステムで会社を強くしよう

社員の能力を把握し的確なポジションへ配置することで会社組織はより強靭なものになります。しかし、社員1人1人の能力の把握や管理はなかなか難しいものです。タレントマネジメントシステムはこの課題を解消することができるツールとして注目されています。人事でお悩みの方に向けておすすめのタレントマネジメントシステムを紹介します。

FC2USER078613OTX さん

4 PV

人事配置で大切なこと

チームで仕事をする上で、適切なポジションに人を材配置することは重要なものになります。具体的にどのようなことが求められるのでしょうか。

計画的な要因計画をおこなうには、部署ごとのニーズと会社としてのニーズを両方から把握する必要があります。

部署からのニーズは欠員補充、定型業務対応、高負荷業務対応、高度技術対応が挙げられます。

タレントマネジメントとは?

タレントマネジメントとは社員の基本情報や能力・保有スキルをデータ化し、一元管理・分析して、戦略的な人材育成や人材配置につなげること。

タレントマネジメントを導入することによって得られるメリットとして先ず挙げられるのが、人材の適正配置です。人材の持つタレントを把握しておくことで、役職に見合った人材を社内から迅速に配置することが可能となります。

人事配置をサポートするタレントマネジメントシステムとは

タレントマネジメントとは、自社のタレント(会社に貢献できる人材、優秀な人材)が持つスキルや能力を把握し、適材適所な人材配置や、適切な人材育成を用いて、その発揮能力を最大化させる取り組みの事を言います。

タレントマネジメントシステムとは、一般的な個人情報に加え、社員がもつスキルや経験値をデータ化し一元管理するシステムを指します。これにより、社員の能力を可視化する事ができ、戦略的な人材配置・開発が可能となります。

■一般的なタレントマネジメントシステムの機能

基本の人材データベース
登録情報の管理・分析
検索
など。基本の人材データベースには社員の、

スキル
経験
職歴
資格
コミュニケーション能力

タレントマネジメントを成功させるために知っておきたいこと

タレントマネジメントは単に導入をすれば人事課題を解決できる訳ではありません。そこで、タレントマネジメントを成功させるポイントを紹介します。

1.人材管理とタレントマネジメントの違いを理解する
タレントマネジメントを検討する際、これまでの人材管理とタレントマネジメントは、明確に目的が異なり、また管理対象データが異なることを理解しておくことが大切です。

タレントマネジメントを導入検討する際、人材情報の可視化に重点がおかれ、システムの機能比較に陥っってしまった、という話しもよく耳にします。最も重要とされている、「導入目的の明確化」「必要とされる情報の整理」など企画プロセスが行われないまま、導入すると利活用が進みません。

タレントマネジメント導入の目的

タレントマネジメントシステムを導入する際は、導入の目的を見失わないことが大切です。そこで、今一度タレントマネジメントを導入する目的を紹介します。

■人材の適材配置による業績アップとモチベーションアップ

能力はもちろん、価値観やキャリアビジョンを把握することで、誰にどの業務をどこまでお願いすれば、より高い成果が生まれるのかを描けるようになります。組織図を踏まえて適材適所に人材配置を行うことにより、業務の効率化や生産性のアップが期待できるでしょう。

タレントマネジメントシステムの導入は企業だけでなく社員にとってもメリットがあります。
タレントマネジメントシステムによってデータによる客観的な人事評価が行われることで、社員のモチベーションアップがはかれます。

タレントマネジメントシステムの導入によって、社員の目標、業務経歴、人事評価、スキルなどの情報を一元管理し、個々の能力を把握し分析することができます。
その結果を活用することで、最適な人材配置やプロジェクトの人選などが可能となり、社員のパフォーマンスの最大化が期待できます。

おすすめのタレントマネジメントシステム

会社と社員双方にとって利益となるタレントマネジメント。おすすめのタレントマネジメントシステムを紹介します。

■ヒトマワリ

  • 1
  • 2