ジムには色んな種類がある

運動不足解消、ダイエットなどの理由でスポーツジムへの入会を検討している人も多いですよね。
でもジムと言っても色んな種類のものがありますから、自分に合ったものを選ぶことが重要ですよ。

FC2USER634006IJX さん

3 PV

種類① スポーツジム
種類② 24時間営業のスポーツジム
種類③ パーソナルトレーニングジム
種類④ スタジオ系ジム(ヨガ、ピラティス、ストレッチ)
種類⑤ 格闘技ジム(ボクシング、ムエタイ、護身術など)
種類⑥ 公共施設、体育館など

一口に「ジム」と言ってもこれだけの種類があるんですね。

さらにそれぞれにいくつも施設がありますから、
この中から自分に合ったものを探すのはなかなか大変です。

それぞれのジムの特徴

種類① スポーツジム
まずは「スポーツジム」ですね。
一般的に「ジム」といえば、「スポーツジム」を指すのが一般的です。

「スポーツジム」では、トレーニングマシンやフリーウェイトエリアだけでなく、プールやスタジオなどもついています。

種類② 24時間営業のスポーツジム
数年前から、エニタイムフィットネスなどトレーニングに特化した「24時間営業のスポーツジム」出てきました。

24時間営業のため、管理や清掃が難しいプール、サウナなどはなく、シャワールームと簡易ロッカー、トレーニングスペースだけなのが特長です。

種類③ パーソナルトレーニングジム
担当トレーナーがマンツーマンでパーソナルトレーニングをしてくれるジム。
「①フィットネスクラブ」より高額ですが、短期間でボディメイクできるため、より確実にダイエット効果を得たい方におすすめです。

また、トレーナーがつきっきりでサポートしてくれたり、ジムに通っていない時でもLINEで相談できるため、フィットスクラブが続かなかった方にもおすすめです。

種類④ スタジオ系ジム(ヨガ、ピラティス、ストレッチ)
主に女性向けですが、ヨガやピラティスを行うスタジオも人気です。
最近ではストレッチサロンも増えてきています。

種類⑤ 格闘技ジム(ボクシング、ムエタイ、護身術など)
ボクシングやムエタイなど、格闘技を中心としたジムも人気です。
暗闇でボクササイズを行うb-monsterなど、女性を中心に利用者が増えています。

また、使える筋肉が手に入るというメリットもあるため、実用性を求める男性にも愛好者は多いです。

種類⑥ 公共施設、体育館など
そのほか、自治体が管理しているスポーツ施設や体育館など、トレーニングジム以外にもスポーツに関する施設はたくさんあります。

自分のペースでトレーニングするなら
 ・スポーツジム
 ・24時間のスポーツジム
 ・公共施設
ですね。

自分のペースでは続かないという場合には
 ・パーソナルトレーニングジム
 ・スタジオ系ジム
 ・格闘技ジム
の方が良いかもしれないですね。

通いやすさ・ジムの雰囲気をチェック

ジムを選ぶ上で最も重要なポイントは「通いやすさ」。
どんなに自分に合っているジムでも、家からも職場からも遠くて通いにくいと
長続きしません。

ジムに行ったついでに他の用事が済ませられるように、
ジム周辺にどういった施設やお店があるのかもチェックしておいた方が良いですよ。

ジムを選ぶ際には、ホームページやチラシだけでなく、
実際にジムの中を見学しておくことも大切です。

ジム全体の雰囲気はもちろんジムを利用している人の年齢層なんかも
チェックしておいた方が良いですよ。

自分と周りの年齢層が違い過ぎると、
浮いた存在となり通いにくくなってしまう恐れがあります。

またスタッフが他の会員さんにどういった態度で接しているかも
チェックしておきましょう。

  • 1