【不用品回収・粗大ゴミ取扱説明書】これさえ読めば不用品・粗大ゴミの処分方法の全てが分かる

不用品・粗大ゴミの処分方法を掲載しました。
自分で処分する場合と、民間の不用品回収業者に依頼する方法2つの掲載をしております。
これさえ読めば、不用品・粗大ゴミ処分の全てが分かります。

FC2USER898821NGV さん

6 PV

不用品を処分しようとおもったけど、これって普通に捨てたらダメだよね・・?
捨て方がよくわからないという方は多くいらっしゃると思います!

そんな方のために、この記事さえ読めば貴方も不用品回収のプロになれるようマニュアルを作成しました。

不用品・粗大ゴミ処分にお困りの方は是非参考にしてみてください。

不用品を処分する方法

不用品を処分する方法を紹介していきます。

不用品を処分する方法は、大きく分けて2つあります。
それが「自分で処分する方法」と「不用品回収業者に依頼する方法」です。

自分で処分する方法は、自治体の指定処分施設に持ち込む方法と自治体の指定日時に指定場所へ搬出するという方法に分かれます。

ここで自分で処分する場合に注意が必要なのですが、「家電リサイクル法」に該当する不用品は自治体は回収してくれないというところです。

具体的に何かというと「冷蔵庫(冷凍庫)・エアコン・洗濯機(衣類乾燥機)・テレビ」になります。

自治体に不用品を回収してもらう方法【自分で処分する】

自治体に不用品を処分してもらう方法を紹介していきます。

自治体に不用品を回収してもらう方法は、大きく分けて2つの方法にわかれます。

まず1つ目が、「自治体の指定日に、指定場所へ搬出する」方法です。
これは事前申し込みが必要で、申し込み先は自治体により異なりますので、
お住いの自治体に確認してみてください。
粗大ゴミ処理券というものを購入し、不用品に貼り付けて搬出する必要があります。

2つ目が、「不用品を自治体の指定処理施設に持ち込む」方法です。
こちらは1つ目の方法より運搬する手間がかかってしまいます。
しかし、不用品によっては、費用が最大無料~半額になるので処分費用を抑えたい方にお勧めです。

自治体に不用品を処分してもらうメリット【自分で処分する方法】

自治体に不用自治体に不用品を処分してもらうメリット品を処分してもらうメリットを紹介します。

自治体に不用品を処分してもらうメリットですが、実はあまりなく、
「値段が不用品毎に定められているので、ぼったくられることがない」「格安で不用品が処分出来る」この2点となっています。

自治体に不用品を処分してもらう際は、粗大ゴミ処理券というものを購入する必要があるのですが、不用品毎に購入する金額が定められているので、事前に伝えられていた料金と価格が違う・・ということは絶対に起こりません。

また、搬出に手間がかかるものの、不用品を格安で処分することが可能です。

自治体に不用品を処分してもらうデメリット

自治体に不用品を処分してもらうデメリットを紹介します。

自治体に不用品を処分してもらうデメリットですが、
「不用品を搬出する際、ケガや家の中を傷つけてしまう可能性がある」
「指定日まで不用品を家に置いておかなければならない」
「近所の人たちに身バレするリスクがある」
「家電リサイクル法に該当する不用品は処分できない」
とたくさんのデメリットがあります。

大型の不用品は、重く搬出が難しいです。そのため、無理して1人で家の中から搬出しようとすると、思わぬケガに繋がったり、床や壁を傷つけたり、家の中を破損してしまう可能性があります。

自治体の回収は混んでいると、回収が2週間先になることもあります。
引っ越しなど、不用品の処分を急いでいる人には向いていません。
いずれも、不用品がずっと家にあるのは邪魔だと思います。

指定場所へ搬出する際に、粗大ごみ処理券を購入し、不用品に貼り付ける必要があると前項で説明しましたが、この粗大ごみ処理券には氏名を書く必要があります。
自治体は、粗大ごみ処理券の金額に誤差があると、回収をしてくれません。
そのため、「OOさんが不用品を放置している」と勘違いを引き起こしかねないのです。

不用品回収業者に不用品を回収してもらう方法

不用品回収業者に不用品を処分してもらう方法を紹介していきます。

不用品回収業者に不用品を処分してもらう方法ですが、自治体とは違い複雑な手続きは一切ありません。

まずは、不用品回収業者に、回収してもらいたい不用品を伝えます。
ほとんどの業者が事前見積もりを無料でしてくれるので、見積もりを出してもらいます。

見積もりを確認し、納得したら業者さんと回収日時のすり合わせをします。
業者さんによっては即日対応をしているところもあり、当日に回収してもらえることもあります。

回収スタッフが、家の中から不用品を解体・搬出しますので、手間が一切かかりません。

また「家電リサイクル法」に該当する不用品も勿論回収してもらえます。
中には、不用品の買取を行っている業者さんもあるので、費用を抑えたい方は有効活用しましょう。

不用品回収業者に依頼するメリット

不用品回収業者に依頼するメリットを解説していきます。

不用品回収業者に依頼するメリットですが、
「処分するのに手間が全くかからない」
「素早く不用品を処分できる」
「複数の種類の不用品でもまとめて処分することができる」
といったことが挙げられます。

自治体とは違い、回収スタッフが家の中から不用品を解体・搬出してくれるので
思わぬケガや、家の中を破損してしまうリスクがありません。
スムーズに不用品を回収してもらえます。

業者の中には、即日対応してくれる業者さんもあるので、早ければお問い合わせした当日には不用品を処分することが出来ます。
お引越しなどでお急ぎの方にはぴったりの処分方法です。

「家電リサイクル法に該当する不用品」は自治体は回収してくれませんが、不用品回収業者さんは問題なく回収してくれます。

複数の不用品でも一社でまとめて回収してもらえるので、1回で不用品の処分が完了します。

古物商を取得している業者は、買取も行っているので、自治体ではただのゴミとなってしまうものが思いがけない金額になることも多々あるようです。
買取金額は見積もり料金から値引きしてもらうことが出来ます。

不用品回収業者に依頼するデメリット

不用品回収業者に依頼するデメリットを紹介します。

不用品回収業者に依頼するデメリットは
「中には悪徳業者も存在する」
「自治体と比べて料金が高い」
「業者が多すぎて、どこに依頼すればいいか迷ってしまう」
といったことです。

ほとんどいないのですが、中には不用品を回収した後に不法投棄してしまう業者や、回収後、見積もりと全く違う高額な料金を請求されることもあるようです。

しかし、これはしっかり見極めれば問題ありません。当記事では、おすすめの業者も記載しておりますので、参考にしてください。

不用品回収業者は全国に数多くあります。そこで、業者選びに迷って時間を取られてしまうことも多いと思います。

そんな方は、後述するおすすめの業者に不用品回収を頼むと時間を短縮することが出来ます。

【おすすめの不用品回収業者を紹介】~どこに頼めばいいかわからないという方へ~

それではいよいよ、オススメの不用品回収業者を紹介していきます。
業者の数が多すぎて、どこに頼めばいいかわからないという方は、以下の業者に不用品回収を依頼すれば間違いありません!

おすすめの不用品回収業者1「KADODE」

当サイトおすすめの優良不用品回収業者です。

まず1つ目は「KADODE」さんです。

こちらは、24時間365日受付をしており、即日対応が可能な業者さんとなっております。対応エリアが非常に広く実績数も多いため初めてでも安心して依頼することが出来ます。

自治体では処分できない「家電リサイクル法に該当する不用品」でも問題なく回収してもらえます。

見積もりを無料で行っているので、事前に回収料金を知ることもできます。

パック体系の料金があり、複数点不用品がある方はパックを使って不用品回収するとお得に処分することが出来ます。

また、パックの規定容量を超えてしまっても、超えた分だけ超過料金を払えばよく、次の容量のパックにしなければならないということがありません。

古物商を取得して、買取も行っているため、不用品の処分費用をかなり抑えることが可能です。

2つ目のおすすめの不用品回収業者さんは「不用品回収エコーズ」さんです。

当サイトおすすめの優良不用品回収業者さんです。

  • 1
  • 2