資産運用を成功させるコツは?初心者に方に知って欲しいポイント

資産運用は、年金額の低下が取りざたされる現代においてとても注目を寄せられています。
初心者でも成功に近づける、資産運用を成功させるコツをまとめました。

FC2USER577663JIL さん

9 PV

資産運用をしなければいけない理由とは?

資産運用には、大小のリスクが伴うのも実際のところです。
それでもなお資産運用を学ぶことには、どのようなメリットがあるのでしょう。

低金利時代の幕開けとともに、銀行や郵便局に「ただお金を預けているだけ」では、貯金はなかなか殖えなくなってしまいました。

日本の年金制度は基本的に、今の現役世代から集めた掛金を今の年金世代に渡すしくみになっています。
ところが日本では「少子高齢化」が急速に進んでいるので、現役世代が減り、年金生活者を支えることが難しくなってきています。老後の生活費を年金だけに頼るのは難しそうです。
事実、老後の生活について不安を抱える人は、じわじわと増えてきています。

定年後のセカンドライフでは、時間を確保することは、若い頃に比べて行いやすくなるでしょう。しかし、その時間で充実した生活を送っていけるかどうかは、どれだけお金に余裕があるかによるところもあるでしょう。

初心者の方が初めて資産運用する際の注意点

初心者が資産運用を始める際に気を付けるべき点は、多数存在します。
大事な資産を不用意に減らしてしまわないためにも、ポイントを押さえて実践するべきでしょう。

資産運用にはリスクがあります。株式や投資信託の価格が上がり、利益を得られる可能性がある一方で、価格が下落してしまうと、損をするケースもあります。一つの商品に集中投資をせず、分散投資を心がけることや、NISAと呼ばれる非課税制度を上手に活用することなど、いくつかのポイントを押さえることが大切です。

資産運用初心者の方は、リスクが少ないと言われている商品を購入したり、少額からスタートさせたりすると安心ですね。

毎月収入の一部を投資に充てる「積立投資」を始めるのもおすすめです。今はまとまった貯金がない人でも、無理なく投資を始めることができます。投資に回すお金は”最初から無かったもの”として生活をすれば、少ないストレスで資産を増やしていけるでしょう。

おすすめの資産運用方法

さまざまにある資産運用の方法から、初心者におすすめの方法をピックアップしました。

■つみたてNISA

資産運用の初心者には、「つみたてNISA」という運用益が非課税になる制度を使い、毎月自動で投資信託を購入していく方法がおすすめです。
通常なら資産運用により発生した分配金や値上がり益には約20%の税金がかかりますが、つみたてNISAの制度を利用すると、年間40万円までの投資金額に対して運用益が非課税となります。そのため、効率よく資産を増やすことができるのです。

■不動産投資

◎私的年金として家賃収入を得ることができます。
◎第2の生命保険として、万が一の時に備えられます。
◎インフレ時のリスクに強みを発揮します。
◎所得税・住民税・相続税が節税できます。
◎運営を管理会社に委託できるため、時間に余裕がない人にも向いています。

仮に30歳時に投資用ローンを組んで不動産を購入したとしましょう。30年間で返済したとすると、60歳以降はローンの支払いがなくなるため、家賃収入がそのまま手元に残るようになります。

定年を迎えた後の生活費を補填する収入を得ることができるのが、不動産投資をしておくことの一番の魅力です。

団体信用保険によってローンの残りが支払われると、不動産は遺族が引き継ぐため、毎月家賃収入がそのまま遺族の元に入ってきます。あるいは、不動産を売却して、まとまったお金を確保することも可能です。

このように、不動産投資をする際に団体信用生命保険に入っている場合には、死亡保険に入っているのとほとんど変わりのない状況が作れます。

■ロボアドバイザー

知識が一切ない人には、このロボアドバイザーが始めやすいです。
すべてロボットに任せて自動運用できるので、サービス利用以外の知識が基本的に不要です。

資産運用アルゴリズムで預けたお金を自動で運用していくサービスで、20年〜30年スパンで淡々とお金を積み立てながら増やしていくという投資方法です。

自分でなにかに投資をする必要はなく、資産運用アルゴリズムで自動的に最適な投資をしてくれるので、基本的に自分ではなにもすることがありません。

資産運用が始めてでどうしたらいいかわからない
投資額は少額から試してみたい
最新の投資法(資産運用アルゴリズム)を体感してみたい

企業が発行する株式を個別に買っていくという一番有名な方法です。

株で利益を上げる方法は値段があがった時に売った利益の「値上がり益」、業績が良い企業が投資家に支払う「配当金」、株主優待などがあります。

株式を買うだけなので簡単で少額から始められることがメリットですが、一定の利益を長期間上げ続けるのは素人では難しいというのが現実です。

「流動性」とは、売買のしやすさを意味します。現金化したいときにすぐに換金できる商品ほど、「流動性が高い」と言われます。株式投資は、数日で現金化することができるため、急に現金が必要になったときや別の株式に変更したいときなどに素早い対応が行えます。

株式投資では、短期または長期での値上がり益を狙った運用、配当金や株主優待などを期待した運用など、さまざまな運用方法があります。

  • 1
  • 2