アメリカ留学を快適に楽しむ為の知識!食文化の違いをしっかり理解

人気の語学留学先として知られているアメリカですが、日本とは違う部分がいくつかあります。

中でも食文化の違いは大きいでしょう。留学生の多くが、食事で悩んでいるといわれています。

ここでは、日本とアメリカの食文化の違いや、食事に関する悩みの解決法を学んでいきましょう。

Blonders52 さん

5 PV

国際化社会に向けて~英語を勉強する人が増加~

英語は社会で役立つスキルの一つです。そのため、多くの人が英会話スクールなどに通って、英語を勉強しています。

・英語を学ぶ人たち

使える英語を身につけるには、あなた自身が楽しみながら英語に触れることが大切。

格安スクールの中でも楽しく学べると評判なのはリンゲージ。

朝7時から23時まで開校しているリンゲージは、朝活女子やスキルアップしたい社会人に人気のスクールです。

西新宿校なら火~金24時までレッスン可能。

分からないところを繰り返すレッスンで、苦手だったスピーキング力が伸びました。

ニュアンスだけじゃなく、考えていることを組み立てて話すことの大切さを学んでいます。

まったくの初心者からスタートしましたが、常に私のレベルを把握していて、つまづくポイントを丁寧にアドバイスしてくれるおかげで、「ついていけない不安」を感じたことがありません。

このように、英会話スクールに通う人も多いですが、もっとたくさん勉強したい人には海外留学がおすすめです。

海外留学すれば、英語を使う機会も増えるので自然にレベルアップできます。中でも人気なのがアメリカ留学です。

・海外留学でレベルアップ

アメリカ留学の一番のメリットは、大学や語学学校の選択肢が多いことです。

短期で集中的に英語を学びたい人はもちろん、英語を使って音楽やアートなど別の科目を学びたい人、特殊なコースで自分の専門性をさらに高めたい人など、さまざまな留学生の要求に対応しています。

また、そんな選択肢の多さも手伝って、世界各国から留学生が集まるのも魅力です。

アメリカ留学の悩みで多い「食事」

人気のアメリカ留学ですが、ちょっとしたトラブルもあります。それが、食事に関するものです。

アメリカの食事が口に合わずに、悩んでしまう人も少なくありません。

・食事の悩み

アメリカに留学中なのですが、食生活がひどいです。

私は今ホームステイをしているのですが、ステイ先の家庭ではほとんど野菜を食べません。
何日かに一回サラダが出てくる以外は野菜を使ったメニューがないに等しいです。

しかもそのサラダなのですが、切ってパックにつめられたものを買ってきただけなのでパサパサしているしかなり汚れています。

昼はバイキング形式で用意してくださっていましたが、んー...これまた口にあわず。

こんな日々が続きついには食事を避けるように、朝食の時間は部屋で休むようになりました。

日本とは違った食事になじめず、悩んでしまう人もいるようです。

しっかりとした食事がとれないと元気がなくなってきますし、勉強にも影響を及ぼしてしまいます。

・日本とアメリカの食文化の違いとは?

なぜ、アメリカの食事が合わない人が多いのか?その理由は食文化の違いを知れば分かるようになります。

次は、日本とアメリカの食文化について調べていきましょう。

朝はパン、コーヒー、コーンフレークなどのシリアル 、昼はバーガーやピザなどのファストフード、夜はチキンやステーキなどのお肉類、そして芋類、豆類など というのが代表的な食事となっているようです。また、冷凍食品や加工食品が多いです。

肥満大国と揶揄される事が多いことからもわかりますが日本と比べると量が多く、味が濃いです!(カロリーも高い、、)

例えばポテトチップス。日本のポテトチップスは一袋60g~80gほどの容量のものがほとんどですが、アメリカのポテトチップスは一袋約300g、さらにはBigサイズだと900g超というものまであります。

そして、それに比例してカロリーも恐ろしいことになっています。標準サイズでゆうに1500カロリーを超え、Bigサイズにもなるとそれのさらに3倍…。

生鮮食材は少なく、冷凍食品や加工食品が多く、手の込んだ料理よりも、簡単で、手軽にできるものが多い。

概して、食事の内容は、質素であり、食材の数は少ないと言える。

アメリカの食事は

・量が多い
・味が濃い
・脂っこい

といった特徴があります。
そのため、日本人の口に合わないことが多いのです。

また、ニンジンやブロッコリーなどの野菜も基本的に調理せず生で食べます。日本人にとっては抵抗があるといえるでしょう。

食文化の違いで悩んでいる時の解決法

楽しく留学生活を送るには、悩みを解決しなければなりません。

最後に、食生活での悩みの解決方法をお教えしていきます。食事が心配な人はチェックしておきましょう。

・きちんと話し合う

特に日本人は気持ちや希望を伝えるのが苦手なので遠慮してしまいがちですが、アメリカでは「無言」は納得していると捉えられることが多いようです。

「食事の量が多い」「苦手な食べ物がある」といった要望をファミリーに伝えることができずにいると、ファミリーは留学生が「了承している」と思ってしまいます。

ホームステイ先での食事が口に合わないときは、きちんとホストファミリーに相談するようにしましょう。

食事に関して相談することで、量を減らしてくれたり味付けを変えてくれるかもしれません。

  • 1
  • 2