観光客に対して神対応!よく道を聞かれる人は覚えておきたい英語

観光客に道を聞かれる体験をしたことがある人の多くが「うまく伝えられなかった」と後悔しているはず。とっさに英語で話しかけられても、これだけ覚えていれば大丈夫!なフレーズを紹介していきます。

Nilfaret49 さん

3 PV

日本人は英語が苦手?!観光客に対応できない人の声

外国人観光客を見かける日は年々多くなっている気がします。

それに伴って、観光客から道を聞かれる人も多いのではないでしょうか?
しかし、英語でしっかりと対応できる人は少ないようです。

最近、英会話スクールに通う人が多くなった。

年齢に関係なく小さな子供から大人まで、それぞれの目的に合わせて通っているみたい。

分からないところを繰り返すレッスンで、苦手だったスピーキング力が伸びました。

ニュアンスだけじゃなく、考えていることを組み立てて話すことの大切さを学んでいます。

スピーキング能力を身につけるために、英会話スクールに通う人が増えていますが、実際に外国人に声をかけられたとき、すぐに英語で対応できる人は多くはないでしょう。

大阪駅で外国人に道聞かれた😓

(おおさかなんちゃら?)って言ってはったけど、なんちゃらが聞き取れなかった💦💦

しかも大阪は案内できまへん。

#健康診断向かう途中海外の方に電車の乗り換え聞かれたけど………
#英語話せない汗(;´д`)

何か最近出掛ける所で海外の方に電車乗り換えとか聞かれるけど
#英語話せないからなんか申し訳ない何かすいません🙇
・゜・(つД`)・゜・

久しぶりにりんくう来たら中国人のグループに道案内質問攻めされてビビった なんとか案内できたけど・・・ #道聞かれ顔

道聞かれること多い。今日も急いでるときに声かけられて自分も詳しくないから答えられないしこいつ使えないみたいな顔いっつもされるし‥‥。

地元なら答えられるけどこっちは知らん。声かけやすいからだよっ!(^o^)とか周りからフォローされるけど聞いた側も嫌な顔しないでほしい。#道聞かれ顔

観光客に道を聞かれても、上手く伝えられない人が多いようですね。
後から「ああすればよかった」と後悔することもきっと多いはず。

【道を聞かれる人必見】道案内で使えるフレーズ

よく道を聞かれる人、そうでなくても上手く答えられず落ち込む人は必見!
道案内で使えるフレーズを紹介していきます。

シンプルな説明のフレーズ

Just follow the signs./標識をたどって行ってみてIt’s that way./あっちの方向です

重要なのは説明しすぎないこと。「まっすぐ行って3つ目の信号を左に曲がって…」とか長々と言うよりも、“It’s that way.”(あっちの方向です)と言って指さすぐらいのほうがわかりやすいと思います。

外国人観光客の方であれば、地図を持っていることが多いですよね。そんな場合には地図を活用しない手はありません。一緒に地図を見て指さしながら、こんなフレーズを使ってみましょう。

・"We're / You're here now."
(今、ここにいます)
・"〜 is here."
(〜はここです)

考えるまで時間がほしい場合に役立つフレーズ

答えるまでに少し考えたい時は、

・Let me see…(えっと)
・Please hold on.(ちょっと待ってね)
・Hold on … Let me google it.(待って、調べさせてね)

などで時間を稼ぎましょう。

現地まで案内してあげるときのフレーズ

もし場所の説明が分からず、「近くだから案内してあげましょうか」という場合は

◆Would you like me to take you there? / Would you like me to go with you?.(そこまで連れて行ってあげましょうか?/一緒に行きましょうか?)

◆Shall I go with you?(一緒に行きましょうか?)

と言ってあげるのも親切ですね(^^)

別れ際に一言プラスすると好印象になるフレーズ

Have a good day!(楽しんでね!)
Have a nice trip!(旅行楽しんでね!)
Please enjoy staying in Japan!(日本を楽しんでね!)

全部説明しようとするのではなく、シンプルに伝えるのが◎

地図や看板があればどんどん活用し、短文でわかりやすい英語で答えてあげると、焦らずに済みますね。

道を聞かれる人には理由がある?話しかけやすい人の特徴

周りにたくさんの人がいるのに「なぜ自分にばかり道を聞いてくるのだろうか」と思った人はいるのではないでしょうか。

実は道を聞かれやすい、話しかけやすい人には特徴があるのです。

①確実に助けてくれそうな人

外国人から道をよく聞かれる人の特徴は、頼り甲斐のある人です。もっと大袈裟に言ってしまえば、「命を助けてくれるヒーロー」です。

確実に目的地に着くことは勿論ですが、自分自身の身も守らなければいけません。その最中に親切に道を教えてくれる人がいれば、その人はヒーローです。

だからこそヒーローになれそうな人を選び、道を聞くのです。

②優しい雰囲気をまとっている

  • 1
  • 2