あなたは拒食症の恐ろしさ知ってる?拒食症の症状

最近痩せたいから拒食症になりたいと考える人がいます。しかし、拒食症という病気は皆さんが考えているよりもとても恐ろしい病気です。
ここではそんな拒食症の恐ろしさについて紹介するので、拒食症になりたいと考えている人は拒食症の恐ろしさを確認してみてください。

Romero383 さん

18 PV

拒食症になりたいという人は多い?

「痩せたい!」と思っていても、なかなかダイエットの効果がなかったり続けることができなんてことがあると思います。
そういった人の中には、痩せたいあまりに「拒食症になりたい」と考えている人もいるようです。

拒食症になりたい(口癖)

出典 Twitter

胸を張って拒食症ですって言えるような体型になりたい

出典 Twitter

あーーーーー痩せたい骨になりたいほんっっと拒食症になりたい

出典 Twitter

拒食症の方に失礼なのは百も承知でシンプルに軽い拒食症なりたい

出典 Twitter

20キロくらい落ちるまで拒食症にでもなりたい

出典 Twitter

本当の拒食症の恐ろしさ

拒食症になれば痩せられると考えているようですが、拒食症はそんな良いものではありません。
拒食症はとても恐ろしい病気なのです。

痩せている方が美しいといわれる文化、常に街中で見かける看板や女性誌には、ダイエットという言葉が欠かさず目につきます。それを求めすぎた結果、自分が痩せすぎていることに気が付かずうつ病になったり、免疫力が一気に下がることによる感染症を引き起こすケースが後を絶ちません。

摂食障害の特徴として、体重や体型に関する認知(考え方)が歪んだり、自分で食欲がコントロールできず、極端なやせ願望や太ることに対する恐怖心が強くなったりすることがあります。また、見た目に現れるくらいの体重の変動、過度な運動や下剤の使用といった代償行動が表れることもあります。

「やせたい」という強い思いがあるため、本人はなかなか治療したがりません。しかし、低栄養から様々な体の不調につながり、死に至ることもある病気ですから、治療の重要性を伝えることが必要です。

食べないようになると、体がどんどん細くなっていきます。

拒食症による便秘が辛い…

拒食症になると、食べる量が少なくても便秘になるようです。
また、その便秘が拒食症の人にとってとても辛いもののようです。

一般的に便秘が起こりやすいとされている方は、ストレスを常に感じている人や高齢の方、ダイエット中の人など。

拒食症も精神的な問題が原因で発生するので、そのせいで便秘になることがあります。また、精神的な問題以外にも、拒食症のせいで便秘になってしまう原因があるのです。

拒食症と過食症はそれぞれ真逆の症状である摂食障害ですが、どちらも「自然な排便に必要な腸の蠕動(ぜんどう)運動を阻害し、便秘を引き起こす」という点は共通しています。

やせると、腕の筋力が落ちるように内臓を支えたり、胃腸壁の筋肉も衰えます。胃腸はだらりと下がり、胃腸のぜん動運動も弱くなります。少ししか食べないのに胃腸がもたれたり、便秘がひどくなります。そうすると胃腸の調子が悪いので食べられない、食べないのでやせてさらに胃腸の機能がわるくなり、という悪循環に陥ります。

・拒食症だと便秘は解消できない?

便秘を治すには、食物繊維を摂取することが大切だと思いますよね?

食物繊維

腸内の善玉菌を増やし、程よい柔らかさの便を作るようにします。水に溶けないタイプの不溶性食物繊維は腸内で水分を吸収して膨らみ、便のカサをふやし、腸内の蠕動運動を活発化させて便通を促進させます。

普通の便秘なら、食物繊維を摂ったり水を飲んだりすることで解消できます。しかし、拒食症の状態では、そのような方法はできません。

家族の方々はご飯の量を増やしたり、便秘の改善が期待できるこんにゃくやゴボウといった、繊維質の多い食べ物を食べればいいだろうと考えがちですが、拒食症を患っている人に無理やり食べさせようとするのは止めましょう。

それと、繊維質の多い食べ物は逆に胃腸に大きな負担をかけるので、お勧めできません。

拒食症が原因で便秘になった場合は、医師に相談して時間をかけてゆっくりと治療しないといけません。

拒食症は治るの?

  • 1
  • 2