エアコンが効かない!その原因と対処法をご紹介

気温が高くなってきて、自宅でエアコンを使用する方が増えているんじゃないでしょうか?
また、使う頻度が多くなると同時に、エアコンの不具合を感じている方も多いはず。
そこで、エアコンの効きが悪くなる原因と、その対処法についてご紹介します!

Walton862 さん

17 PV

エアコンが効かなくなる理由って?

夏の必需品であるエアコン。
しかし、突然エアコンが効かなくなってしまったという経験はありませんか?
その原因は、こんなことが考えられます。

フィルターの汚れ

エアコンを使っていると、どうしてもフィルターにホコリが溜まっていきます。
このホコリが積もり積もって、エアコンの風を妨げることがあります。
エアコンが送り出す冷風が部屋に届かなければ、エアコンが効かないと感じます。

室外機の配置や汚れ

室外機の環境は、エアコンの効きに大きく影響しています。室外機が熱くなると、冷房効率が格段に下がります。
まずは室外機に直射日光を当てないよう、日かげを作りましょう。四隅に柱を立てて小さな屋根を付ける、よしずで日かげを作るなどで対策できます。

部屋の広さとエアコンの能力が見合ってない

エアコンの能力数と室内の大きさとのバランスが極端に悪くなるというケースがあります。
たとえば、もともと10畳の部屋をリフォームで20畳に間取りを変えたが、エアコンはもともとの10畳用のまま使用している場合です。
このような状況では、エアコンがどれだけ一生懸命に働いても、室内を冷やしたり温めたりすることはできません。
効きが悪いエアコンだと判断されてしまうのです。

特にフィルターの汚れや室外機の配置が、エアコンの効きを悪くしている主な原因です。
そのため、エアコンがあまり効かなくなったなと感じる場合は、お掃除をして綺麗にすることから始めてください。

ホコリを取って綺麗にしておこう

エアコンのフィルターや室外機を綺麗にする方法をご紹介します!

フィルターのお掃除方法

フィルターを取り外す前に、掃除機でホコリを取り除いておくと、フィルターを外すときにホコリが舞うのを防ぐことができます。
また、フィルターを設置した後は30分程度送風運転をすることで、フィルターをしっかり乾かせるのでおすすめです。

室外機のお掃除方法

室外機を分解するのが面倒、汚れがひどくて自分では手に負えないという場合は、エアコンのクリーニング専門業者に作業を依頼してみるといいですよ。
スピーディーかつ綺麗にお掃除してくれるので、女性のみの家庭や一人暮らしの方にピッタリです。

ガスや配管の不備は業者に相談しよう 

エアコンが効かないのは、冷媒ガスが漏れているというのも一つの要因として挙げられます。

エアコンには冷媒ガスという熱を運ぶ役割をするガスが配管に充填されているのですが、これが何かの拍子に漏れてしまうと、温度調節がうまくいかずに冷房が利かなくなってしまうのです。
よくあるのが新品購入時や引越し時の配管の取り付けミスですが、使い続けることによる配管の腐食によるガス漏れも多いです。

ガス漏れを解決するには、専門の業者にお願いするのが安心!

専門のエアコンクリーニング業者などに頼むことになります。でもただ頼めば安心かというと、そうでもありません。ちょっと知識だけは持っておいたほうがよいのです。
ガスが漏れているということは、ただ補充すればよいというものではありません。
漏れた原因を解決しなければ、また漏れてしまうだけです。さらに正しい量を補充する必要があります。たくさん補充すればよいということではありません。
取り付け工事の際にちょっと漏れてしまったのでガス不足、現在は漏れていないという場合は、ちょっと補充してもらうとよいでしょう。

マンションの場合は管理会社に相談しよう

専有部分の日常的なトラブルにも迅速に対応してきめ細かなサービスで快適な生活を支えます。

マンションに初めからあるエアコンなら、管理会社に相談すれば対応してくれます。
中には、自分で修理したり交換したりする人もいますが、それはやってはいけないことです。

借主負担でも勝手に交換するのはNG
前項の話で、古いエアコンを交換する場合は原則借主負担で行うということがお解りいただけたかと思いますが、だからと言って大家さんに断りなしに勝手に交換することはNG。

必ず管理会社に相談や報告をしておかないと、トラブルに発展するので注意してください。

エアコンの不調を改善して夏を快適に過ごそう!

暑さの厳しい夏は、エアコンがないと大変ですよね。

汗をたくさんかくので脱水症状になったり、夜も寝付きが悪くなって体調を崩したりしてしまうでしょう。

そのような状態にならないためにも、普段からエアコンの不具合にしっかり気づくことが大切です。

特に夏は使用頻度が高いので、注意が必要!エアコンの問題をきちんと解決して、夏を快適に過ごしましょう。

  • 1