発症すると日常生活に支障が出てくる痛風

暴飲暴食しやすい方が気を付けたいのが痛風でしょう。痛風を発症してしまうと、日常生活にも支障が出てくることがあります。痛風とはどんな原因でなるのか、どんな治療方法があるのかまとめました。

FC2USER125841OXP さん

138 PV

痛風が発症してしまう原因

「痛風に悪い食事」と聞いて、「プリン体」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。プリン体という言葉をテレビや新聞で見る機会が増え、プリン体を取りすぎると尿酸値が上がって痛風のリスクを高めることは、今では広く知られるようになりました。

プリン体は尿酸の原料です。体内にあるプリン体のうち、食事に由来するものの比率は20%程度と必ずしも高くはありませんが、プリン体と尿酸値の関連が深いことは明確です

プリン体の多い食品といえば、美味しい物というイメージを持つ方は少なくないでしょう。

プリン体はほとんどの食材に含まれており、特に旨みの強い食品や細胞数の多いものに豊富に含まれています。

たとえば、鶏卵とイクラ、キャビアのプリン体含有量を比較すると、つぶつぶの数が多いキャビアに最もたくさんのプリン体が含まれています。

私たちは、プリン体を食べ物から摂るとともに、実は体内でも生成しています。プリン体は体内で代謝される過程で最終的に『尿酸』に分解されますが、その80%は体内にあるプリン体を原料にして作られています。

プリン体が作り出す尿酸は体に不要で、通常尿中へ排泄されますが、過剰になると体内に蓄積し『高尿酸血症』となります。尿酸はとても水に溶けにくいので、高尿酸血症の状態が長く続くと、尿酸が結晶化して関節に沈着し、炎症を引き起こします。

プリン体が多い食品は食べ過ぎると尿酸値が上がり、痛風の原因となってしまうことがあります。
痛風になりやすい体質の方は、プリン体が多い食品に注意する必要があるでしょう。

プリン体を多く摂取していなくても、甘い物を食べ過ぎている方は注意が必要です。

果物やはちみつ、清涼飲料水の甘み付けに使われている液糖などに含まれる果糖は、体内で尿酸の合成を促進してしまうことがわかっています。果物を大量に摂ったり、スムージーやジュース類、缶コーヒー、またチューハイなどの甘いアルコール飲料は果糖の過剰摂取の危険がありますので注意しましょう。

10項目の中で5つ以上当てはまると痛風を発症する危険が高いといえます。「男性である」「30歳以上である」「太っている」「外食やコンビニ食が多い」「食事の時間が不規則」「アルコールをよく飲む」「ジュースや清涼飲料水をよく飲む」「甘いものを好む」「ストレスが多い」「家族に痛風の人がいる」。

食べすぎ、運動不足、ストレスといった肥満の原因が尿酸を増やしてしまいます。

甘い物の食べ過ぎ、太り過ぎも痛風のリスクが高まってしまいます。
普段プリン体が多い食品を食べていなくても太っている方はリスクが高いといえるでしょう。

痛風を改善するためのポイント

アンセリンはマグロやカツオ、鮭が定番。回遊魚と呼ばれるこれらの魚の筋肉や鶏の胸肉にたっぷりと含まれています。しかし、魚や鶏には尿酸値を上昇させるプリン体も多く含まれるので、尿酸値が高い方には逆効果になる可能性があります。そのため、アンセリンサプリを摂取する際には、プリン体を除去する製法を用いているものを選ぶことが大切です。

多くの研究者の試験研究の結果、アンセリンには抗疲労効果など、次のようなさまざまな機能があることが分かりました。

 ・抗疲労効果
 ・活性酸素消去能
 ・血圧降下作用
 ・抗炎症作用
 ・尿酸値降下作用

「アンセリン 240粒」は、アンセリンに、古くからヨーロッパで使われているハーブ・西洋ヤナギ樹皮エキスを配合しました。アンセリンはアミノ酸が2つつながった構造のジペプチドです。マグロやカツオなどの筋肉に含まれており、高速で及び回遊魚のパワーの源成分といわれています。毎日、活動的で元気に過ごしたい方に。

普段魚を食べる機会が少ない方は、アンセリンが不足している可能性があります。
市販のサプリメントではフィッシュオイルを添加したものにアンセリンが含まれている場合があるようです。

アルコールは尿酸値を上げる原因となりやすいため、摂取量を控えるようにしましょう。

ビールだと大瓶1本で50mg程度、白子やレバーには100g当り300mgものプリン体が含まれます。ちなみに日本人の1日の平均プリン体摂取は150mg程度といわれています。

尿酸が高い方がアルコールを飲んで痛風発作を起こすのは、つまみや酒の種類だけの問題でなく、アルコール摂取に伴う当然の帰結だと言えます。

ビールが痛風の原因である血清尿酸値の上昇を引き起こしやすいことは確かです。他のアルコールと比べても血清尿酸値が上昇しやすいことも確かです。これは、ビールがアルコール類の中でプリン体を多く含むためと考えられています。

痛風の方におすすめのサプリメント

痛風予防サプリに「痛風予防・痛風の症状改善ができるサプリ」と明記されているものはありません。

痛風に有効と言われている成分は、

アンセリン
サポニン
などの成分。

足の親指、内側から付け根が赤く染まる、チリチリするような感覚があるという方は回遊魚成分のアンセリンがおすすめです。

各サプリメントに寄せられている口コミ

アンセリンと西洋ヤナギ樹皮エキスを配合したサプリメントです。

  • 1
  • 2
PR