マカの効果とサプリ【アレキサンダーアンドサン、DHC】

マカの驚異の効果効能についてまとめました。マカはサプリでしか入手できませんのでお勧めのサプリについてもご紹介します。

とげぬき地蔵専門店 さん

13 PV

マカってどんな植物?

マカ(Maca)は南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生植物。根は薬用ハーブとして使われる。別名 macamaca, maino, ayak chichira, ayak willku。

属名 Lepidium はギリシャ語のLepidionから来ている。その実の形から、小さな鱗片という意味である。

ペルーでは広くマカと呼ばれている植物はSoukup(1970)によれば記録されている物で100種類あり、うち11種類がペルーに自生する。

栄養成分としての働き

マカにはアルギニン酸やリジンなどの必須アミノ酸、リノール酸やα(アルファ)―リノレン酸などの不飽和脂肪酸が含まれ、米や小麦を上回る栄養価があります。不飽和脂肪酸は高血圧、脂質異常症)予防に効果があります。また、カルシウムや鉄はジャガイモ以上で、これらの栄養分が滋養強壮(じようきょうそう)の食材として珍重されてきたのです。

マカの期待出来る効果「男性編」

マカには「アルギニン」という成分が含まれており、精力の衰えを防ぐ効果が期待できます。さらに、体内で一酸化窒素を作り出し、その一酸化窒素が血管を広げる効果あるので、血流改善にも効果ありです。



その他にも活性物質のアルカロイドやデキストリン、亜鉛などが男性ホルモンを活性化したり、下半身の血流を活発にして、スムーズな勃起を促す効果が期待できます。また、心因的なEDに対しても有効なのがマカの強みです。

マカの期待出来る効果「女性編」

マカにはホルモンバランスの乱れを改善して、生理不順などの生理の悩みが緩和される効果が期待できます。



女性ホルモン(エストロゲン)と同じ作用のある「植物エストロゲン」や、ホルモン分泌の司令塔である視床下部や脳下垂体の働きを調整する「アルギニン」。その他にも、アミノ酸やビタミンB群、サポニン、カルシウムなどのホルモン分泌に関わりのある成分がバランス良く含まれています。



そのため、妊娠希望の方や不妊で悩んでいる方にも効果が期待できると言われているんです!

スーパーマカ

マカは南米の標高4,000m級のアンデス山脈の厳しい環境で育ちます。日本はマカの対輸出国としてアメリカ合衆国についで第2位の人気の商品。貴重で生命力溢れるマカで活力有る毎日を。
450粒

【原材料名】

マカ粉末、還元麦芽糖水飴、トンカットアリ末、クレアチンモノハイドレート、デキストリン、トンカットアリエキス末/セルロース、L-アルギニン、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、シェラック

生命力あふれるマカの濃縮エキスを1日あたり405mg(ベンジルグルコシノレートとして9.72mg)と高配合※。さらに冬虫夏草、ガラナ、亜鉛、セレンをプラスした、パワフル処方のサプリメントです。
マカは標高4,000mにもおよぶアンデス高地の厳しい気候のもとで自生するアブラナ科の植物。マカ特有の成分が、男性・女性それぞれのお悩みにアプローチし、活力あふれる毎日をサポートします。

【原材料名】

マカ1日3粒総重量1,065mg(内容量834mg)あたりマカ濃縮エキス末405mg(ベンジルグルコシノレートとして9.72mg)、ガラナエキス末120mg、冬虫夏草菌糸体末60mg、亜鉛10mg、セレン60μg
【主要原材料】マカ濃縮エキス末(マカ抽出物、デキストリン)、ガラナエキス末、亜鉛酵母、冬虫夏草菌糸体末、セレン酵母

  • 1