マンションを売りに出す時に、売り主が最低限気をつけるべきポイント

事情があってマンションを売りたくなった時に、誰しもができるだけ早く、そして高く売却をしたいと思うものでしょう。しかしスムーズに売却するためには、買う側の気持ちを知ることも重要です。そこで売り主がマンションを売る時に、どのような点に気をつければいいかをまとめてみました。

fgnars さん

52 PV

マンションの外観がわかることがまず必要

外観写真は必ず用意しましょう。内覧誘導のためにも必須と言えます。

・全景がきれいに映っているか
 ・玄関は正面写真に映っているか
 ・正面写真に不適切な洗濯物や不法駐車など映っていないか

・マンションの全景が写っており、建物の綺麗さや雰囲気がよく分かる写真
・玄関が正面にあり、治安の良い大通りから入ることができるか
・雰囲気を乱すような駐車や、ルール違反をするものがいないかどいうか

こういった点を買主は見てくるので、写真を撮影する時も、以上の点がわかるかどうか気をつけて撮影しましょう。

エントランスは多数の人が利用するので、管理様態がわかりやすいです。

設備や内部の写真を撮る時に、気をつけるべきポイント

・駐車場の写真
 ・セキュリティ設備の写真

立体駐車場を嫌う人もいますし、駐車場の使いやすさは選ぶポイントになるので、しっかりと映すようにしましょう。
またエントランスでの防犯カメラ、管理人室の写真集合ポスト、宅配ポストの写真玄関ドアの無線キー、Wロックなどセキュリティ面で優れている点をしっかりとアピールすれば、見た人に安心感を与えてくれます。

屋外駐車場か、室内かを気にする人もいます

セキュリティは都心に住む人ほど気にかける傾向があります

家の中の印象も大切!

売り出し前にお金をかけるなら、その費用以上に売却額の値上がりを期待したいところです。
台所のガスレンジの交換、浴槽の交換、壁紙の張替等のリフォームは価格アップが期待できます。
しかし、ハウスクリーニングで売却価格がアップする可能性は低いです。

価格アップのためというよりは、早く売却するためと考えて、ハウスクリーニングを利用した方がいいでしょう。

家を綺麗にするのは、高く売るというよりも、早く売るために必要といえます。

売り出し前にお金をかけるなら、その費用以上に売却額の値上がりを期待したいところです。
台所のガスレンジの交換、浴槽の交換、壁紙の張替等のリフォームは価格アップが期待できます。
しかし、ハウスクリーニングで売却価格がアップする可能性は低いです。

価格アップのためというよりは、早く売却するためと考えて、ハウスクリーニングを利用した方がいいでしょう。

家を綺麗にするのは、高く売るというよりも、早く売るために必要といえます。

内覧時の対応も非常に重要

内覧は、他人の部屋に上がっていろいろ見せてもらうものなので、見る方もそれなりに気を遣います。
旦那さんという男性がいるとそれだけで威圧感が出る可能性があります。
また、子どもやペットが走り回っていても購入希望者は気になります。

女性一人と、不動産屋さんのほうが相手も気を使わずに、聞きたいことを十分に聞きやすいのです。

内覧は部屋を見るだけではありません。購入希望者にとっては住人に質問して得られる情報も内覧の大きな成果なのです。
多いのは住環境についての質問。
また、室内の設備面でも奥様の方が詳しいことが多いはずです。台所の設備はほとんどの家庭で奥様が詳しいと思いますし、よく聞かれるポイントでもあります。

家のことは旦那さんよりも、奥さんのほうが詳しいでしょう。
周囲の環境や店についても奥さんのほうが利用することが多いので、すぐに答えられます。

女性にとってキッチンが綺麗か、使いやすいかは気になります

買物情報も女性同士のほうが話が弾みます

小さなお子さんがいるにならば、児童館や公民館、学校などの施設のことも聞かれるでしょう

あなたのマンションを気に入ってもらうために!内覧対応で意識すること
関心をもってもらえるトークをしよう!
不動産会社の担当者が一方的に説明をするだけで、内覧者や売却側のあなたが無言では、内覧そのものに楽しみを感じられず、マンションに対する評価も低くなります。
内覧に来た相手に興味を持ち、それぞれに合わせて話題を変えると良いでしょう。

馴れ馴れしいのはダメですが、やはり話しやすい雰囲気を作っておくことは大切ですね

お金が絡む相談は、不動産屋を介するのが良い

内覧中に購入希望者から、「少しなら値引きできますか?」「この照明は置いて行かれるんでしょうか?」
などの質問を受ける可能性があります。

あとで「言った言わない」の問題に発展する可能性を考えて、こうした内容は不動産業者を通すようにお願いしましょう。

契約にも絡んでくるので、あとで揉めないように、不動産屋経由で話すほうが、お互い遺恨を残しません。

  • 1