[悲報]世界一暑い場所」アメリカの死の谷の抱えてる深刻な問題とは?

世界一暑い場所 デスバレーについてまとめました。

日々まとめ人 さん

234 PV

デスバレーとは??

1971年に元あった広大な農地に発足した。現在は高等教育機関が充実している事と、低い犯罪発生率で知られる都市である。ロサンゼルスとサンディエゴの中間にあり、広域的にはロサンゼルス都市圏に含まれる。人口は20万9806人(2010年)、面積は120.4平方キロ、人口密度は1平方キロあたり1659.1(2005年)。市の花はアガパンサス、市の木はクスノキ、市の昆虫はアゲハチョウ。気候は地中海性気候。

歴代世界一の最高気温なんと56.7度

デスバレーで56.7度を記録したのは1913年7月10日。その後、リビアのアジジャで1922年9月13日に58度という記録が出たため、世界気象機関(WMO)はこちらを世界一と認定した。
しかし調査の結果、リビアの記録は観測機器の精度などに問題があったことが判明。WMOは2012年9月12日、デスバレーの56.7度を正式に世界最高記録と認定した。

地球上に存在する謎の一つが「デスバレーの動く石」。

カルフォルニアのデスバレー国立公園に存在する「石」。移動していることは事実なのですが、どのようにして動いているかが長い間謎のまま。さらに、動いているところを実際に見た人は一人もいないとか。動く石の重さは300kg近い物もあり、地面には引きずられた跡がしっかりと残っています。

最近観光名所となりつつあるデスバレー

地面で目玉焼きが焼ける??

有名になるにつれてある問題が....

デスバレーの道路や岩上には現在、卵や卵の殻が多く散乱しているという。デスバレーの気温は高いとは言っても、道路や岩肌の温度は目玉焼きを作れるほど高くはない。このため、卵は生の状態で道路上や岩上に放置され、やがて腐敗し、周囲に強烈な腐敗臭を撒き散らしている。

  • 1
PR