【副業可】デリヘル送迎ドライバーの仕事とは?

デリバリーヘルスを運営する上で必須の職業、それは送迎ドライバーです。
近年その仕事が副業などとして注目されています。
これから働いてみようと考えている皆さんに向けてまとめてみました。

FC2USER726548QKW さん

1360 PV

女の子を目的地まで送迎する、という免許があれば誰でも出来る送迎ドライバーの仕事。
本業してガッツリ稼ぐもよし、副業として小遣いをゲットするもよしです。

デリヘルドライバーの仕事内容解説

風俗系の男性スタッフ求人で人気の高い職種「送迎ドライバー」。
デリバリーヘルスでは必須の仕事であり、その需要は大きいです。
今回は送迎ドライバーの業務についてもっと詳しく知りたいというユーザーのみなさんの要望にお応えして、仕事内容についてまとめてみました。

基本的には出勤し、店のスタッフの指示をうけて目的地までデリ嬢を送っていきます。
到着後はそのまま待つ場合もありますし、別の送迎業務がある場合は一旦戻って再度出発します。
送迎先はラブホテルであることが多いです。
また、そのデリヘル店が派遣するラブホテルは大よそ決まっていたりリスト化されているので道に迷う心配はありません。
とは言え、自宅出張も当然ありますのでナビなどがあると安心して業務を行えます。

デリヘルドライバーの就業時間は?

ドライバーが主に働く業種である「デリバリーヘルス」は他の風俗店(ファッションヘルス・ソープランドなど)・キャバクラなどと違い深夜営業、極端に言えば24時間営業が可能です。

デリヘルは24時間営業が可能な唯一の風俗業種です。
とは言え、本当に24時間営業できる店はほとんどありません。
開始時間帯として多いのが夕方(17~18時)スタートの店舗。
ドライバーの業務もその前後から始まります。

デリヘルドライバーの給料額は?

デリヘルドライバーに店側が用意した給与体系。
もっとも多いのが時給制です。
よくよく考えてみるとドライバーは毎日固定の勤務時間ではない場合が多いので妥当ですね。
時給金額は大よそ1,000円前後です。
経験者の方が給料が高くなる場合もありますし、地方と都心部でも開きはあります。

ドライバーの勤務体系はバイト・パートなどの時間勤務であることが多いので時給を表記している求人情報がほとんどです。
額に関しては1,000円前後が基本。
相当忙しい店舗か人手が全然足りなくて困っている店舗ならば1,500円クラスの求人も見かけます。

ドライバー業務でかかる必要経費はどうなるの?

送迎車を動かすガソリン。
給料から引かれるのはなるべく避けたいところ。
そして、支給されるとしてもどれくらいの額がもらえるのかもチェックしておきましょう。

ドライバー業務の必要経費として真っ先に思い浮かぶのは何でしょう?
そう、『ガソリン』です。
車を動かす燃料、これがなくしてはドライバー業務は行えません。

その他の経費としては、車のメンテナンス代が挙げられます。
送迎車を持ち込んでいる場合、多くはドライバーの負担となります。
一部の店舗では固定で経費を負担してくれることもあります。

デリ嬢との恋愛はご法度

3人いるドライバーさんの中で
いつも送迎してくれる人がほぼ固定されてるシステムです。
なので、いつも同じドライバーさんに
お迎え来ていただいてるんですが
そこのドライバーさんのことを
好きになってしまったみたいです

ドライバーは気持ちよくデリ嬢に仕事をしてもらうためにいろいろと気をつかい、やさしく接します。
それを好意と捉えて恋愛感情に発展するケースがありますが、あくまで嬢とドライバーの関係は保つようにしましょう。
あくまで仕事と割り切るのです。
立場的にはドライバーの方が弱いのでクビになる可能性もあります。

デリヘルドライバーの車においておくもの

風俗業界ではほぼ必須のローション。
口・喉を洗浄するイソジン。
お客の体を洗うボディーソープ。
殺菌力の高い石鹸グリンス
上記のアイテムは風俗サービスに欠かせないもの達です。

デリヘルドライバーの車はデリヘル嬢が使用するアイテムの補充基地としての役割もあります。自分の車を使うことが多いので各種アイテムは仕事が終わったらしっかり返却しておきましょう。

送迎専門業者も登場

風俗業界において素人男性が最も手を出しやすい、デリヘルの送迎。これまでは店に直接雇われるドライバーが多かったが、最近ではさまざまな風俗店から依頼を受ける「送迎専門業者」が増えているという。

デリヘル以外にもドライバー需要あり?

  • 1