即席めん中心の食生活はメタボの入り口!?

手軽でお手頃な即席めん。カロリー的に秀でて高くないのに何故メタボに!?
最近の気になるニュースを調べてみた。

東@ひがし さん

168 PV

即席めんを週2回以上食べる女性はメタボになりやすい!

この研究は米国のハーバード公衆衛生大学院やベイラー大学などが発表したもので、調査は1万711人の韓国人を対象に行われた。参加者の年齢は19~64歳で、54.5%が女性だった。
研究チームは、食事スタイルを大きく2つに分けて比較した。ひとつは米、野菜を豊富に摂る「伝統的な食事スタイル」、もうひとつは炭水化物と脂肪の多い「ファストフード中心の食事スタイル」。手軽においしい食品を利用できることから、即席めんの消費は韓国や中国で増えている。ファスフードでもっとも多く利用されるのは即席めんだという。
 解析した結果、ファストフード中心の食事スタイルをもつ人では、内臓脂肪型肥満が1.41倍に増えることが判明した。悪玉のLDLコレステロール(130mg/dL以上)も1.57倍に増えていた。一方、伝統的な食事スタイルをもつ人では、内臓脂肪型肥満が0.76倍に、高血圧が0.73倍に減っていた。
もっともメタボリックシンドロームが増えたのは、即席めんを週に2回以上食べる女性で1.68倍に上昇していた。

最近では、低カロリー・低脂肪の健康志向の即席めんも登場しているが、即席めんの多くは塩分が過剰に含まれている。韓国でもっとも売れている即席めんには、韓国の食事ガイドラインで推奨されている摂取量の90%に相当する塩分が含まれるものがあるという。
「即席めんを食べるときは、塩などの調味料を少なめにし、野菜を加えてビタミン・ミネラルを補った方が良い。魚を加えれば、体に良いオメガ3脂肪酸を摂ることができる。スープは塩分が多いので、全て飲まないで残した方が良い」と、専門家は指摘している。
 即席めんを食べること自体が悪いというわけではないが、即席めんやファストフードを中心とした食事スタイルは生活習慣病のリスクを高めるので、注意が必要だ。

即席めんに魚を加えるのはちょっと難しいけど、野菜一杯にして調味料を全部加えず控えめにするのが良いですね。即席めんやファーストフード、味がしっかりしていて美味しいけど美味しい物にはリスクが伴いますね。食べ過ぎには注意を!

即席めんをヘルシーに食べよう!

週に一回でもリスクは高まる!?

週2回以上インスタントラーメンを食べる女性では、月に1度も食べない女性に比べて68%もメタボリック症候群の有病率が高くなり、週に1回インスタントラーメンを食べる女性では、月に1度も食べない女性に比べて26%高くなることが示されました。こうした傾向は、平素の食事が伝統食中心であろうと肉・加工食品中心であろうと、調査対象の女性全般に認められた一方、男性では確認されませんでした。つまり女性は、平素いくら健康的な食事に注意していても、インスタントラーメンを習慣的に食べるだけで、メタボリック症候群のリスクが高まるのです。
インスタントラーメンの発泡スチロール容器によく使用される「ビスフェノールA(BPA)」は熱湯を入れた時に溶け出すことが指摘されています。BPAは女性ホルモンのエストロゲンと似たような構造を持つため、エストロゲン様の作用を及ぼし、ホルモン調節機構を攪乱してしまうのです。脂肪の生成を加速させ、肥満との関連も報告されています。

インスタントラーメン大好きな方にはショックな話ですが、週1回でもリスクがあるらしいです。
時間のある時は即席めんではなく生めんを調理し、カップめんはお湯を注ぐ前に器に入れ替えることをおススメします。
そして即席めんを食べるときは麺が見えないくらいの一杯の野菜を入れて食べましょう!

  • 1