【Tips】iOS 7の設定でバッテリーを長持ちさせるための3つの小わざ

iPhone所有者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするかも?

iOS 7にしたら、以前よりもバッテリーが減るのが速くなった・・・と思ったら是非ためしてみてください!

スタートライン2ed さん

86 PV

iOS 7にしたら、以前よりもバッテリーが減るのが速くなった・・・と思ったら是非ためしてみてください!

モバイルデータ通信を使う機能をオフにする

アプリ「設定」の「iTunes & App Store」から自動ダウンロードの項目をオフに。

「モバイルデータ通信」をオフにしておくと、Wi-Fiに接続していないとデータ通信が始まらないので、こちらだけをオフにするのもあり。

バックグラウンド更新に対応しているアプリは、ホーム画面に戻ってもデータを更新しているときがあるので、アプリ設定の「一般」→「Appのバックグラウンド更新」からオフに。

※「Appをオフにするとバッテリーを多少節約できます」とわざわざ書いてもいる

AirDropをオフにする

BluetoothかWi-Fiを使って写真や連絡先を共有できるAirDropも、付近のiPhoneやiPadを探すので、バッテリーを消費するので、コントロールセンターからすぐにオフに。

視差効果とダイナミック壁紙をオフにする

iOS 7のホーム画面でアイコンが壁紙から浮いているように見える「視差効果」と、加速度センサーを使って図柄が動く「ダイナミック」壁紙も、バッテリーを減らす可能性があるので、気になるようならオフに。

  • 1
PR