【実話】本当にいた殺人ヘルパーの話

皆さんが想像している介護現場のイメージはどんなのですか?わいわい仲良く、楽しく過ごしている現場ばかりだと思いますか!?大事になってないだけで酷い現場、酷いヘルパーは沢山います。その一方、本当に高齢者の方の為に頑張っている介護士もいます。本当にあった事件の話しです。

オリエンタルなおーれ さん

338 PV

介護は誰でもできると軽視していませんか?

http://www.kaigoya.info/介護福祉士とは/

教養がないヘルパーが起こした事件・事故1

5分後には亡くなってました。

食後すぐにベットへ利用者を臥床。5分後居室に行くと死亡している。
原因は食後すぐに横になったせいで(仰向け)、嘔吐してしまい異物が詰まり窒息。
入れ歯も取らずにいたせいで、口の中で食べ物が出ずに詰まり死亡したとの事。

http://ameblo.jp/app1234/entry-11281561360.html

施設側の酷い対応

解剖してまで死因を知りたいですか?
訴えたって何の得にもなりませんよ。

問題点と解決策

※食後すぐに横にさせてはいけない。
※ベットで臥床させる際も、横向けにして体を起こした状態にしてベットの足、頭を上げておく。
※必ず食後は口腔ケアをして、口の中の異物、残渣物の確認をする。
お気に入り詳細を見る

教養がないヘルパーが起こした事件、事故2

骨折、もう死にたい

優しさだけで出来るのは大きな間違い!!

元エリートキャリアウーマンからヘルパーになったSさんは、自分は何でもできる、優しさだけで介護は簡単と豪語していたヘルパーさんです。年下の言う事は聞かない、介護福祉士の意見は無視と言う勘違いヘルパーさんでした。

ショートステイの部屋からデイのレク室まで利用者を案内する際に、事件は起きました。
ヘルパーSさんは1人で6名の利用者を隣の部レク室まで、連れて行くと言い連れて行ってしまいました。遅番が来るまで1人だと大変だから、ちょっと待ってて言うも無視。

20メートルくらいの廊下でおばちゃんが転倒、骨折しました。

この方は1週間後、病院で亡くなりました。

それまで元気だったのに、最期は歩けなくなってからは病院のベットで「死にたい死にたい」とずっと言っていたそうです。

ヘルパーSは悪びれる様子もなく、あっさり「仕方がない」と開き直ってました。

家族は訴える、納得いかないとの怒り。

※80歳過ぎてから骨折をして、気力体力がなくなり急死したとの事でした。
「命」「生活」を倫理知識技術で守るのが介護であり、プロの介護福祉士がいます。
お気に入り詳細を見る

問題点と解決策

※見極めができないヘルパーさんは自己判断だけでケアを勝手に進めます、事件、事故の元です。
※分からない、できない、難しいと思ったらすぐに報告、連絡、相談する事。
※人を殺してからはもう遅いです。その前に確認する事。無理はしない。

介護は専門的な倫理、知識、技術があってできるもの!!

問題ヘルパーの共通点

※根拠のない自信を持っている。
※優しさだけでできると思っている。
※年の功で出来ると勘違いしている。
※報告連絡相談ができない。
※失敗を隠そうとする。
※利用者本位がわからない。
※介護福祉士と対等だと思っている。
※プライドが高い、見栄、維持、頑固な人が多い
※利用者の悪口を言う(秘密保持 信用失墜行為 人権擁護できない、知らない)

  • 1